dwr氏の気まま日記

アラサー会社員の僕が気になった場所や物を気ままに記事にしていくブログです。

『糸島市』糸島釣り烈伝!

f:id:dwrwr:20190707183354p:image

皆さんは九州で海がキレイなところと言えばどこを思い出すでしょうか?

 

鹿児島宮崎長崎なんかもキレイでしょう!

なかなか真っ先にに福岡は出てこないと思います!

ですがもちろん福岡にもキレイな海はあります!そして代表的な場所としてやはり糸島の名前が上がるのではないでしょうか!

 

糸島市と言えば福岡県の西に位置し、数々の自然がある一方で福岡市の隣ですのでベットタウンとしてしの役割も果たしています!

観光地としても居住地としても大注目のスポットのわけです!

 

海がキレイなため海水浴やサーファーにも人気があります。そして釣り場としても県内屈指のスポットです!

 

今回その糸島に釣りにやって参りました!

釣りといえばいつかの巨石パークの小さな釣り堀でして以来!あの時とは違います!

 

参考

大和町にある巨石パーク!!

https://www.dwrkimama.com/entry/20190327/1553616061

 

 

糸島はイカ(少しシーズン過ぎ)やキスヒラメカレイアジサバシーバスなど色々釣れます!

 

釣りはクソ素人なんですが最低限の道具を揃え大物狙いで向かいました!

今夜は刺し身天ぷらかとニヤニヤしながら到着しました。

 

まず訪れたのは西浦漁港

駐車場代代わりに300円を払いいざ入場!

f:id:dwrwr:20190708153834j:image

うむ良い天気です!

釣りの場合天気が良すぎても良くないと言いますがそんなこと気にしません!

 

テトラポットの上で釣りを始めますが一向に釣れません。釣りは根気が大事ですからね。

・・・。

 

・・・。

 

少し場所を移します。

f:id:dwrwr:20190708154532j:image

違うテトラポットのゾーンで再開。

 

・・・。

 

・・・。

 

まあかからない。かからない。

すでに1時間近く経過していました。

 

すると・・

何か重みを感じる!!

それも根がかりではない!!

ひょっとして!

f:id:dwrwr:20190708154847j:image

海藻でしたーー

 

気をとりなおして再開。

 

するとまた重みを感じました!!

それも根がかりではない!!

ひょっとして!!

 

f:id:dwrwr:20190708155010j:image

海藻でしたーー

こんなものではくじけません!

 

すると今まで一番大きい重みを感じました!!

もちろん根がかりではない!!

僕の予想が正しければこれは!?

f:id:dwrwr:20190708155350j:image

海藻!!

 

なぜか釣りあげるたびに少しづつ大きくなっていく海藻

海藻により少しづつ落ちていくモチベーション。気分を変えてルアーをワーム(虫みたいなやつ)にして遠くではなく近くを狙います。

 

それから程なくして。

f:id:dwrwr:20190708160145j:image

きたきた!!

釣れちゃいました!!

アラカブという魚です!

それにしても

f:id:dwrwr:20190708160415j:image
f:id:dwrwr:20190708160418j:image

小さーいです。ホントに。

5センチから7センチくらい💦

こんなカワイイの食べれませんのでこの子はリリースします!

 

まあ釣果は釣果ですからね!

 

それから更に1時間まっったく反応なし。

場所を変えるしかないと思い。

しばらく車を走らせ唐泊漁港へ移動。

こちらでは500円の駐車場代を払います。

せめて500円の元は取ってやるぜと気合を入れます!!

 

f:id:dwrwr:20190708161104j:image

こちらではひたすら大物狙いで遠くに投げます!

 

・・・。

 

・・・。

 

漁港内でも場所を変えつつ根気よく竿を振ります!

唐泊では3時間半釣りをしました!

今回計7時間は釣りをしたことになります!

 

そして7時間の釣りの結果は!!

 

アラカブ一匹です!!(リリース済み)

 

いやあ釣りは難しいですねえ💦

ですが7時間も経ったとは思えないくらい時間が経つのが早かったのも事実。

 

また近いうちにチャレンジしたいと思います!

 

帰りのスーパーでは魚介類ではなく逆に肉っけのあるものばかり買ってしまった・・

 

 

 

西浦駐車場 〒819-0202 福岡県福岡市西区西浦1078−12 https://goo.gl/maps/bqxWJ5BAZqUvJZ5AA

 

福岡市(漁協) 唐泊支所 〒819-0201 福岡県福岡市西区宮浦273−12 092-809-2311 https://goo.gl/maps/CGPCTzoTrMymbTau7

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

『篠栗町』世界一大きい釈迦涅槃像!!(ブロンズ像で)

f:id:dwrwr:20190701201802j:image

久しぶりに福岡の記事になります。

大分県と記事数が並んでますからね。

どこが福岡中心やねんと言われかねないので笑

 

ということでやって来たのは福岡県糟屋郡篠栗町にある南蔵院です。

こちらにある涅槃像(ねはんぞう)を見に来ました。

涅槃像とは寝仏とも呼ばれ、釈迦が入滅(にゅうめつ)する様子を表した像です。入滅の意味が気になった方は調べてみて下さい。

 

福岡ではかなり有名なスポットだと思うんですが中々面白い場所なので記事にしました。

 

福岡市からのアクセスも良く車で30分くらいで着いちゃいます。

f:id:dwrwr:20190702002449j:image

通りすがりに無料駐車場を見つけたのでそこから入ります。

f:id:dwrwr:20190702002610j:image
f:id:dwrwr:20190702002608j:image

階段を登ってまず向かったのは南天稲荷

鳥居をくぐり暫く階段を登ります。

f:id:dwrwr:20190702012121j:image
f:id:dwrwr:20190702002753j:image

途中でやたら小さい鳥居を発見!

くぐるやつでしょうか?

 

f:id:dwrwr:20190702002856j:image
f:id:dwrwr:20190702002852j:image

また少し登ったところに南天稲荷があったので参拝。中々凛々しい表情をしております。

 

f:id:dwrwr:20190702010602j:image

南天稲荷の横にあるのは?

f:id:dwrwr:20190702010741j:image
f:id:dwrwr:20190702010559j:image

印鑑の供養塔なるもの。

こんなものがあるんですね・・

『印は人なり人は印なり』と深そうな文言が。

確かに日本人にとって印鑑は生活に密接に関わって来ますからね。

 

さてココから右の方に行くと涅槃像なのですが涅槃像は最後に行きたいと思い、入り口側に向かいます。(車を停めた場所が涅槃像と入り口のちょうど真ん中ら辺のため)

 

f:id:dwrwr:20190702003509j:image
f:id:dwrwr:20190702003506j:image
f:id:dwrwr:20190702003503j:image

長いトンネルを通ると真ん中に七福神の皆様方が!

f:id:dwrwr:20190702003614j:image

ロウソク20円でしたので一本灯して行きます。

 

f:id:dwrwr:20190702003718j:image

トンネルを抜けると地図を発見!

予想以上に広いです!

地図を見ると僕は妙見堂の横の階段から来たようですね。

 

f:id:dwrwr:20190702010120j:image

f:id:dwrwr:20190702010137j:image

本堂を参拝してからのおみくじ!

50円で引けちゃいます!さてさて。

f:id:dwrwr:20190702010356j:image

中吉!!

リアクションは取りづらいが良い結果です!!

本堂を出てしばらくすると

 

f:id:dwrwr:20190702011445j:image
f:id:dwrwr:20190702011442j:image

f:id:dwrwr:20190702103640j:image

巨大な不動明王像がいました!

涅槃像を見に来たわけですがこんな立派な像まであるとは!

f:id:dwrwr:20190702011623j:image

両目の焦点が合っていないのは下も上も見てるぞ!という意味でしょうかね。

f:id:dwrwr:20190702103812j:image

不動明王の横には五百羅漢らしきものがありますが造りがとても精巧で一体一体が個性的な表情をしています。

 

f:id:dwrwr:20190702104013j:image
f:id:dwrwr:20190702104010j:image
f:id:dwrwr:20190702104019j:image
f:id:dwrwr:20190702104007j:image
f:id:dwrwr:20190702104016j:image

f:id:dwrwr:20190702104616j:image

その他にも様々なスポットが存在します。

もう少しじっくり見たかったですが時間も押して来たので涅槃像の方に向かいましょう!

 

f:id:dwrwr:20190702104345j:image

では七福神のいたトンネルを通って涅槃像を目指します。

f:id:dwrwr:20190702104732j:image
f:id:dwrwr:20190702104729j:image

ふむふむ

こちらで間違いないようですね!

f:id:dwrwr:20190702105301j:image
f:id:dwrwr:20190702105304j:image

途中で三鈷の松なるものが。九州では珍しい松らしいです。

f:id:dwrwr:20190702105514j:image

とりあえず見上げときましょう。

 

 

f:id:dwrwr:20190702105714j:image
f:id:dwrwr:20190702105717j:image

並んでいるお地蔵様を見ていると、突然デジャヴを感じました!どこかでこの光景見た気が・・

f:id:dwrwr:20190702105720j:image

そう・・どこかで・・

 

コレは!!

 

如意輪寺の記事内で『しゃあああ!!』って言ってるみたいって取り上げたお地蔵様ですね!

f:id:dwrwr:20190702110102j:image

↑如意輪寺

カエル寺こと如意輪寺!

https://www.dwrkimama.com/entry/20190414/1555237040

 

f:id:dwrwr:20190702110953j:image

かえる寺に来たかと錯覚させるようなカエルの像達も。

 

f:id:dwrwr:20190702111240j:image

その先にもお地蔵様がズラリといます!

f:id:dwrwr:20190702112005j:image
f:id:dwrwr:20190702112002j:image
f:id:dwrwr:20190702112008j:image

ダンゴムシが顔につきまくってもこの表情。

お地蔵様の寛大さを感じますねえ!!

 

f:id:dwrwr:20190702112659j:image

そんなこんなで階段を登って行くと・・

f:id:dwrwr:20190702112734j:image

ぬおっ!?

突然側頭部が現れました!

 

段々像が見えてくるシチュエーションが良いのに!これでは山鹿市日輪寺と同じ失敗です💦

 

f:id:dwrwr:20190702113143j:image
f:id:dwrwr:20190702113139j:image

 

側頭部は見なかった事にして下の入り口から入ります。下は納骨堂や売店などか軒を連ねています。ていうか南蔵院は建物がどれもとてもキレイですね。

そして奥の階段を登ると!!

 

f:id:dwrwr:20190702113534j:image
f:id:dwrwr:20190702113531j:image

これは大きい!!

圧巻です!!何気に初めて見たので余計に。

世界一の涅槃像ですからね!(ブロンズ像で)

高さが11メートルで全長は41メートルもあります!!

f:id:dwrwr:20190702114900j:image
f:id:dwrwr:20190702123348p:image

向かいにはベンチがあるので座りながらゆっくり涅槃像を眺めることができます。

とても穏やかな顔をしてはります。

 

f:id:dwrwr:20190702115351j:image
f:id:dwrwr:20190702115354j:image

これは涅槃像の足裏で仏足といいます。

指紋のように紋様があるみたいです。

にしても足も大きいですね!

 

f:id:dwrwr:20190702123325p:image

これは螺髪(らほつ)といいお釈迦様の髪のようないぼいぼです。これが686個頭についてるそうです!しかしアレに見えなくも・・

すいません!何でもないです💦

 


f:id:dwrwr:20190702115922j:image

 

ちなみに涅槃像ですが、我々世代ならまず思いだすものがあると思います。

 

 

そう某ス◯Ⅱのサガ◯トステージですね!!

f:id:dwrwr:20190702120229j:image

ていうかもうこれしか思い出しません!!

涅槃像を見るだけで頭の中にアイグーアイグーって聞こえてきます笑

 

画像を見ただけで似てることはご理解いただけたと思いますがせっかくなので合成してみましょう!

 

f:id:dwrwr:20190702121134j:image

サガ◯トステージin南蔵院涅槃像

とても雑で申し訳ありません💦

でも馴染んでますよね??

 

 

そして個人的には下記の方が好きですね!

                                ⬇︎

f:id:dwrwr:20190702121500j:image

 

南蔵院涅槃像inサガ◯ト達

 

 

ありがとうございましたー

 

 

南蔵院
〒811-2405 福岡県糟屋郡篠栗町篠栗1035
092-947-7195
https://goo.gl/maps/Xy9TanonXHxfHbZG9

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 九州情報へ
にほんブログ村

『別府市』別府補足

タイトル通り別府の補足です。

 

別府タワー 〜テングとボクと、時々、オデン〜

https://www.dwrkimama.com/entry/20190625/1561471457

 

別府タワーから帰りのアーケード内で

f:id:dwrwr:20190701181841j:image

こんなモニュメントを発見。

これは別府観光の祖と言われる油屋熊八(あぶらやくまはち)さんの名言「山は富士 海は瀬戸内 湯は別府」を表現しているそうです。

 

モニュメントとの一番上が富士山を表し、真ん中の穴は瀬戸内海を表現。そしてこのモニュメント全体が別府の湯煙を表現しているとの事です。勉強になります。

 

そして別府駅の方へ向かうと先程の油屋熊八さんの像が駅前にありますがこの時期はなんと

 

f:id:dwrwr:20190701183153j:image

 

ラグビーワールドカップ仕様になっています!

そうです大分は、ラグビーワールドカップの会場の1つにもなっているので県を挙げてアピールしているわけです!

力の入れようが凄いですね!

後にも先にも見れるのは今の時期だけなんで別府に行かれた方は是非見てきて下さい!

 

f:id:dwrwr:20190701183625p:image

 

しかしこの角度から見ると鶴◯さんに見えなくもない笑

 

そして別府と言えばやはり温泉です!!

やって来たのは駅前からほど近い駅前高等温泉さん!

 

f:id:dwrwr:20190701184138j:image

 

洋風の佇まいに番台さんもいるという昔ながらの温泉です!レトロな雰囲気がたまりません!

駅前からすぐの立地ですが金額は200円というリーズナブルさ!さすが湯の町!

 

券売機で買うシステムで熱湯ぬる湯を前もって選ぶシステム。別府の熱湯はホントに熱いんでぬる湯を購入。

 

石鹸やシャンプーなどはないので買うか持参しなければなりません。

受付が一階で温泉は地下にあります。

時間帯も遅かったので人も少なくゆったり浸かることができました♨︎

 

中は中でコンクリート造りの壁が歴史を感じさせます。最近のキレイな温泉も良いですがこういう雰囲気のある温泉はまた別の趣きがあります。

 

満足するまで浸かりましたが、さすが別府の湯。身体の温まり方が半端ではありません。

脱衣場の扇風機で汗を飛ばしたつもりでしたが、温泉でてからホテルに戻るまでの間に汗が出る出る💦

ホテルに着いた頃には汗びっしょりでした笑

 

次回は冬に行きたいもんです。

 

 

 

駅前高等温泉 〒874-0935 大分県別府市駅前町13−14 0977-21-0541 https://goo.gl/maps/gufLuybJe9H2X6TR9

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

『別府市』別府タワー 〜 テングとボクと、時々、オデン〜

f:id:dwrwr:20190625024818j:image

別府にやって来ました。

別府と言えばやはり温泉が有名ですが、今回は別府タワーに行ってみたいと思います。

 

福岡方面から大分市の方に行くときに別府を通りますが道路沿いにそびえ立つ別府タワーは前々から気になっていました。

 

別府駅の方から別府タワーのある海沿いに向かいます。飲屋街を横切りながら向かっていると

f:id:dwrwr:20190625024913j:image

突如現れる巨大な天狗が!!

めっちゃデカくて少しビビりました笑

 

f:id:dwrwr:20190625025130j:image

f:id:dwrwr:20190625025407j:image

やよい天狗といい巨大なみこしのようですね。

鼻の穴に頭を突っ込めそうなくらい大きいです。鼻◯ソも野球ボールくらいありそうです!

 

f:id:dwrwr:20190625025931j:image

f:id:dwrwr:20190625030116j:image

 

遠目に別府タワーが見えて来ました!

事前に調べていたのですが入場料は大人1人200円と格安なので安心して登れます。

 

f:id:dwrwr:20190625173052j:image

セブンの駐車場から一枚。

 

到着したので早速中に入って行きます。

1階に券売機がありそこで購入し展望所のある17階に行きます。

f:id:dwrwr:20190625194025j:image

アレ?

300円?情報と違うぞ💦

よく見ると上から張り足したような跡が・・

 

f:id:dwrwr:20190625194157j:image

 

どうやら令和から値上がりしたようです。

しかしそれでも300円ですからね。安い安い!

 

ここで別府タワーについて。

 

別府タワーは昭和32年(1957年)に完成。

高層建築の世界的権威である故内藤多仲博士により設計されました。別府タワーの他に東京タワー通天閣内藤氏により設計されています。

 

順番としては名古屋テレビ塔通天閣の次に建てられています。

何と東京タワーよりも先に建てられてるんですね!東京タワーのお兄ちゃんにあたるわけです!

 

パンフレットによると当時の修学旅行シーズンにはタワー内レストランで1日4000食を出し年間90万人の利用客で賑わったそうです!

更にタワー完成時の従業員募集では数千人の希望者が当時の駅前通りまで列をつくったとのこと。

物凄い人気ですね!

 

そんなこんなでエレベーターであっという間に展望所へ。

f:id:dwrwr:20190625195623j:image

ホウ!

さっきのセブンがあんなに小さく見えます!

 

f:id:dwrwr:20190625222645j:image

大分市方面。

遠くに見える街並みが大分市です。

右のほうに小さく水族館のうみたまごが見えます。

 

f:id:dwrwr:20190625222921j:image

ガラスのヒビが中々ビビらせてくれます!

 

f:id:dwrwr:20190625223129j:image

でも大丈夫!

どうやら特殊なコーティングをしているようです!

 

f:id:dwrwr:20190625223244j:image
f:id:dwrwr:20190625223240j:image
f:id:dwrwr:20190625223248j:image

夕焼けも相まってなんだか昭和な雰囲気を感じます。

 

f:id:dwrwr:20190625223350j:image

 

国東半島方面を見ると近くに浜辺を発見!このまま向かいたいと思います!

 

f:id:dwrwr:20190625223528j:image
f:id:dwrwr:20190625223522j:image
f:id:dwrwr:20190625223526j:image

 

別府タワーを見てとりあえずアサヒビールを飲むことだけは決意しました笑

 

f:id:dwrwr:20190625223836j:image
f:id:dwrwr:20190625223833j:image
f:id:dwrwr:20190625223838j:image

浜辺もちょうど夕焼けで心地よい時間を過ごすことができました。

海岸でボケーっと過ごすのもまた乙なもんですね。

 

帰りはこの記事のタイトルを回収すべくオデンを食べたいと思います。

オデンと言えばコンビニですがこの時期に売ってるのか・・

探した結果ファミリーマートで発見!

6月のこの時期にオデンがあるなんて凄えぜファミリーマート!!

 

f:id:dwrwr:20190625224514j:image

 

無理やり買ったオデンですが、この時期に冷房の効いた部屋で食べるオデンも中々良いもんです🍢

 

別府タワー 〒874-0920 大分県別府市北浜3丁目10−2 0977-21-3939 https://goo.gl/maps/2rqXDMSxsiCbSeTXA

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 九州情報へ
にほんブログ村

『呉市』様々な個性的な仏像に出会える⁉︎源宗坊寺‼︎

当ブログに関してですが、色んな所に行ったり、色んな物食べたりを基本のコンセプトにしています。

こだわり等があるわけではないですがやはりB級スポットというか珍スポットというかそういう所が好きなんですよね。

 

そこで広島県の呉市に来たとしたら皆さんはどこに行くでしょうか?

 

例えば海上自衛隊呉資料館(てつのくじら館)大和ミュージアムなどがメジャー所ではないでしょうか。

海上自衛隊呉資料館では実物の潜水艦が見ることができますし、大和ミュージアムでは有名な戦艦大和について学ぶことができます。

どちらも素晴らしい観光地だと思います。

ですが僕がいの一番に惹かれたのはそれらではありません。

 

呉には源宗坊寺(げんそうぼうじ)というお寺があります。

こちらには多くの個性的な仏像があるとの話を聞き画像を調べて見た瞬間ここに行くことを即決しました。

 

瞬間即決ですからね。頭痛が痛い並の文言ですがそれだけ惹かれたということです笑

 

呉と言えば港町のイメージでしたので軽い気持ちで向かいましたがナビ通りに進んでいくと道幅のせっまい住宅地を車で登る感じでした。

本当に狭いです大型車じゃ行けないんじゃないかと思うくらいに。

何故僕の行きたい場所はことごとく狭い道ばかりなんでしょうか・・

 

住宅地を抜けた後も少し坂道を登って行きます。すると早速それらしい像が見えてきました。

 

f:id:dwrwr:20190612210728p:image

 

いやーいいですね〜

このなんとも言えない感じが。

 


f:id:dwrwr:20190612220159j:image
f:id:dwrwr:20190612220155j:image

 

入口からこのクオリティ

期待が高まる一方です!

 

f:id:dwrwr:20190612220547j:image
f:id:dwrwr:20190612220544j:image
f:id:dwrwr:20190612220541j:image

 

緩めの像を見たあと看板がありました。

大仏龍王聖徳太子

中々な組み合わせです。

 

f:id:dwrwr:20190612221055j:image
f:id:dwrwr:20190612221051j:image

 

しばらく進むと境内に入りました。

 

f:id:dwrwr:20190612221432j:image

 

こちらは毘沙門天です。

 

f:id:dwrwr:20190612221557j:image

 

同じポーズで対抗しときましょう。

 

f:id:dwrwr:20190612221655j:image

f:id:dwrwr:20190612221739j:image
f:id:dwrwr:20190612221736j:image

 

割と普通の像が続きます。

いやいいんですけどね。普通のも好きですよ。

でもここまで来たからにはもっとこう何かインパクトが欲しい・・!

 

f:id:dwrwr:20190612221921j:image

 

そして鐘を通り過ぎだころ現れました。

 

f:id:dwrwr:20190612222139j:image

 

デンデン

 

f:id:dwrwr:20190612222235j:image

 

デーン!!

 

これが案内板にあった大仏様です!!

 

f:id:dwrwr:20190612222626j:image
f:id:dwrwr:20190612222637j:image
f:id:dwrwr:20190612222634j:image
f:id:dwrwr:20190612222630j:image

 

凄い所として本体とは別に下の部分に巨大な右足と左手があります!

 

f:id:dwrwr:20190612222945j:image

 

巨大な左手のアップ

 

f:id:dwrwr:20190612223022j:image

 

同じポーズで対抗しときましょう。

 

f:id:dwrwr:20190612223113j:image
f:id:dwrwr:20190612223118j:image
f:id:dwrwr:20190612223122j:image

 

大仏様本体は割とある意味スリムであります。

しかし迫力は凄い!

f:id:dwrwr:20190612223308j:image

 

持っている剣のようなものが置いてありました。今持っている剣は2代目かしら。

 

f:id:dwrwr:20190612223557j:image
f:id:dwrwr:20190612223552j:image

 

そこから登ったところにも像があります。

上の方にも像があるんですよ。

よーく見たら見えますよ。

 

f:id:dwrwr:20190612223707j:image

これは何て読むんですかね?

u@宮ではないですね笑

 

ここは行き止まりでしたので違うルートを散策します。そこで見れたのが、


f:id:dwrwr:20190612224044j:image
f:id:dwrwr:20190612224047j:image

 

焔摩天

いわゆる閻魔様ですね。

許してくれなそうな顔してます。

 

f:id:dwrwr:20190612224237j:image

 

脚立下りて脚立を登った先には、

 

f:id:dwrwr:20190612224340j:image
f:id:dwrwr:20190612224343j:image
f:id:dwrwr:20190612224347j:image

 

牛のようなツノに猫の顔した腰巻をし、左手には鐘を抱え、右手にはハンマーのようなものを持っています。

ですが名前が書いてないので何なのか分かりません・・

 

f:id:dwrwr:20190612225216j:image

さてさてそこから更にルートを変えて川沿いの方を奥へ奥へと進んでいきます。

ちょっとした登山気分ですが割とすぐに辿り着きました。

 

f:id:dwrwr:20190612225327j:image
f:id:dwrwr:20190612225316j:image

 

これは誰でしょうね?

 

f:id:dwrwr:20190612225446j:image

聖徳太子でした。

どちらかというと有名な聖徳太子の絵の左右にいる人に似てる気がします。

f:id:dwrwr:20190612225753j:image

 

 

f:id:dwrwr:20190612225828j:image
f:id:dwrwr:20190612225831j:image 

 

果たして聖徳太子の見つめる先には何があるのか。

更に奥に進んで行きます。

この先あるのは1番気になっていた龍王です!


f:id:dwrwr:20190612230019j:image

 

おお!!

 

f:id:dwrwr:20190612230159j:image

 

これは凄い!!

こんな山の中に突如現れる龍王は迫力満点です!

 

f:id:dwrwr:20190612230303j:image

違う角度から見ても凄いです!

うーんそれにしても、

f:id:dwrwr:20190612230433j:image

めっちゃ真顔ですやん・・

龍の上にまたがっているというのにこの表情。

何かあったのでしょうか。

 

しかしこの龍王これだけでは終わりません!!

何とその真反対に、

f:id:dwrwr:20190612230831j:image

 

第二の龍王がいます!!

 

f:id:dwrwr:20190612230931j:image
f:id:dwrwr:20190612230937j:image
f:id:dwrwr:20190612230934j:image

こちらも迫力が凄い!

荒ぶるポーズに荒ぶる龍!!

そして顔は!

 

f:id:dwrwr:20190612231043j:image

 

どことなくドヤ顔です!

乗り手の自信が伺えますね。

 

f:id:dwrwr:20190612231302j:image

 

龍王は向かい合って立ってるので現地で見ると写真とはまた違った迫力があります。

この構図まさに龍虎相摶つと言ったところでしょうか・・

 

両方龍ですが笑

 

この源宗坊寺ですが真言宗の由緒あるお寺でしてパワースポットとしても有名だそうです。

呉市に来た際には是非オススメしたいスポットです!

道は本当に狭いですけどね笑

 

源宗坊寺
〒737-0022 広島県呉市清水3丁目14
0823-21-5626
https://goo.gl/maps/MKGDyvhR5PDTfN3M9

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

『赤磐市』日本のボロブドゥール!?熊山遺跡!

f:id:dwrwr:20190604090744j:image

皆さんはボロブドゥール遺跡をご存知でしょうか。

インドネシアジャワ島にある巨大な仏教遺跡です。8世紀 から9世紀頃建造され、仏教遺跡では世界最大級の規模な上に72個ものストゥーパ(仏塔)があり高さ約36mの遺跡は9層に分かれています。これは曼荼羅を表現しているとのこと。

1991年には世界遺産に登録されています!

 

 

今回はそのインドネシアのボロブドゥール遺跡に行ってきました!!・・・わけないですね笑

 

 

ということはある意味恒例のアレです。

〇〇の〇〇です。

そう日本のボロブドゥールと言われる場所に行って来ました!

場所は岡山県赤磐市で名前は熊山遺跡です。

 

 

山陽本線熊山駅や和気駅の方面から登るルートと反対側(海側)の瀬戸内市方面から登るルートがあるのですが熊山駅方面から登るとことに。

車で遺跡近くまで行けちゃうのでパパッと行っちゃいます。

 

f:id:dwrwr:20190604171338j:image
f:id:dwrwr:20190604171334j:image
f:id:dwrwr:20190604171325j:image

 

甘く見てました💦

写真の時はまだ良かったんですけどこの後道がどんどん狭くなり、大きめの石がゴロゴロ転がっている道になってきました。

 

普通車でギリギリの幅の道をタイヤが石を踏まないよう慎重に慎重に運転するハメに。

しばらく給油をしてなかったためランプが点灯したので余計に焦ります💦

もっというと運転しながらコーヒー飲みっぱなしだったためトイレにも行きたくなったので更に焦ります💦

 

 

 

対向車が来たら終了の状況でしたがなんとかかんとか上の駐車場まで来ることができました!

 

f:id:dwrwr:20190604171939j:image
f:id:dwrwr:20190604171945j:image
f:id:dwrwr:20190604171950j:image

 

ここからは歩いて熊山遺跡を目指します。

看板で熊山遺跡の見た目ネタバレしてますが大目に見てください。

 

f:id:dwrwr:20190604172119j:image
f:id:dwrwr:20190604172125j:image

しばらく山道を歩きます。

 

f:id:dwrwr:20190604172213j:image

 

なるほどなるほど。

僕なら思い出も残らず持って帰りますね!ドヤ

 

f:id:dwrwr:20190604172452j:image
f:id:dwrwr:20190604172456j:image

熊山神社や天然記念物の天然杉を通り過ぎ何分かで到着しました!!

 

まず予習としてインドネシアのボロブドゥール遺跡を見てみましょう。

 

f:id:dwrwr:20190607125807j:image

 

やはり凄いですね!

世界遺産になるだけあります。

 

 

では日本のボロブドゥールとこと熊山遺跡です!!

 

f:id:dwrwr:20190607012933j:image
f:id:dwrwr:20190607012928j:image

 

デンデン

 

f:id:dwrwr:20190607013017j:image
f:id:dwrwr:20190607013012j:image

 

デーン!

 

f:id:dwrwr:20190607013353j:image

日本のボロブドゥール

 

f:id:dwrwr:20190607013953j:image

 

ボロブドゥール

 

f:id:dwrwr:20190607014054j:image
f:id:dwrwr:20190607014057j:image

 

日本のボロブドゥール

 

f:id:dwrwr:20190607014223j:image 

f:id:dwrwr:20190607014520j:image

 

ボロブドゥール

 

f:id:dwrwr:20190607014322j:image

 

日本のボロブドゥール

 

f:id:dwrwr:20190607014358j:image

 

ボロブドゥール

 

f:id:dwrwr:20190607014443j:image

 

日本のボロブドゥール

 

規模的にはどうしても見劣りしてしまいますが、正方形のような形状は似ている気がします。

それに古墳などの日本の遺跡とはあきらかに違う異国感があります。

やはり同じ仏教遺跡だけあってどこか繋がっている部分がある気がします。

 

四方真ん中に空いている穴は仏龕(ぶつがん)と言って仏像などを安置するための小室です。これらがあることから仏塔であることは分かっているようですがまだ詳細が分かっていない部分もあるようです。

 

f:id:dwrwr:20190607020318j:image
f:id:dwrwr:20190607020321j:image

 

上にはトイレを発見できず限界も近づいていたのでそそくさと退散します。

またあの狭い道を通ると思うと憂鬱でしたので思い切って行きとは逆の瀬戸内市方面へ抜けるルートを選択しました。

 

するとどうでしょう。

道は狭いのは一緒ですが落石みたいな石ころも少なく比較的安全に降りることができました!

皆さんもし車で熊山遺跡に行こうと思ってるなら瀬戸内市側から行くのがオススメですよ。

 

 

総括

個人的似ている度

★★☆☆☆

 

星2つと言ったところでしょうか。

あくまで見た目が似ているかの個人的感想なんであしからず。

熊山遺跡が歴史的価値のある遺跡であることは疑う余地はありません。

 

 

 

熊山遺跡 〒709-0713 岡山県赤磐市奥吉原 https://goo.gl/maps/kBP5rFMV3PQhhLZ86

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

 

『津久見市』公園行ったり公園行ったり公園行ったり。

f:id:dwrwr:20190603125839j:image

 

大分県津久見市をぶらぶらして来ました。

津久見市といえば県南寄りに位置しイルカやらマグロやらで有名な所です。

 

f:id:dwrwr:20190603130125j:image

f:id:dwrwr:20190603151142j:image

まずは津久見駅からスタート。

駅前にはキリシタン大名として有名な大友宗麟公の像があります。津久見市大友宗麟終焉の地だそうで宗麟にまつわる公園もあります。(この後行きます。)

 

f:id:dwrwr:20190603151409j:image

なんだか感慨深いですなあ。

なんとなくしんみりしてしまう文章です。

なぜか麦焼酎二階堂のCMを思い出しました。

 

f:id:dwrwr:20190603152102j:image
f:id:dwrwr:20190604080208j:image

f:id:dwrwr:20190603152248j:image

f:id:dwrwr:20190603152308j:image

昭和通商店街の名前の通り昔懐かしい感じのする町並みです。

 

f:id:dwrwr:20190603152424j:image
f:id:dwrwr:20190603152417j:image

最初に訪れた公園は姥目公園

写真にあるウバメガシは津久見市の市木でもあるようです。


f:id:dwrwr:20190603152616j:image

この公園の遊具はブランコオンリーです。

ベンチに座ってウバメガシを眺めるのもよし、ひたすらブランコに乗るのもよしの公園です。 

 

f:id:dwrwr:20190603153030j:image
f:id:dwrwr:20190603153033j:image

猫ものんびりしてます。

港が近いせいか猫を何匹か見かけました。

 

方向を変えて冒頭話した大友宗麟ゆかりの公園である大友公園に向かいます。

f:id:dwrwr:20190603153258j:image

f:id:dwrwr:20190603153308j:image

ひと通りの少ない道に入っていきます。

公園の入口がよく分かりませんでしたが階段があるのでそこをどんどん登って行きます。

 

f:id:dwrwr:20190603153822j:image
f:id:dwrwr:20190603153828j:image
f:id:dwrwr:20190603153833j:image

登った所もそこそこ景色が良いですが、展望台みたいな建物があったのでそこにも行ってみます。

f:id:dwrwr:20190603154003j:image
f:id:dwrwr:20190603154000j:image
f:id:dwrwr:20190603154008j:image

中々の景色であります!

津久見市が一望できるスポットです。

 

f:id:dwrwr:20190603180238j:image
f:id:dwrwr:20190603180232j:image

展望台から下りると謎のモニュメントが。

何を表してるんでしょうか?

謎は深まるばかり。

よく見ると大友宗麟朱印と書いてあります。

R C ?O?

なるほどー

 

さっぱり分からん笑

 

f:id:dwrwr:20190603180544j:image
f:id:dwrwr:20190603180550j:image

 

その横には独創的な壁画?が。

きっと意味はあるんでしょうが僕には分かりません。芸術的な感じはしますね。

 

この大友公園ですが景色が良いだけではなく春は桜がとても綺麗だそうです。

車で上の方まで行けるので桜の時期はさぞ賑わっているでしょうね。

 

f:id:dwrwr:20190603181124j:image

最後に訪れたのは海の近くにあるつくみん公園

つくみんとは津久見市名産のミカンを元にした津久見市公認のキャラクターです。

 

f:id:dwrwr:20190603212358j:image
f:id:dwrwr:20190603212353j:image
f:id:dwrwr:20190603212404j:image

中々広く遊具も充実している公園です。

前2つの公園は遊具あんまりなかったですからね。

 

f:id:dwrwr:20190603212515j:image
f:id:dwrwr:20190603212511j:image
f:id:dwrwr:20190603212520j:image

 

ていうか遊具はかなり凄いですね!

お子さんは相当テンション上がると思います。

いつぞやの吉四六ランドを思い出させますが正直それ以上のクオリティではないかと。

ノリは吉四六ランドの方が好きです笑

参考

臼杵のテーマパーク!!吉四六ランド!!

https://www.dwrkimama.com/entry/20190329/1553841508

先程紹介したつくみんがいたるところにいます!

 

f:id:dwrwr:20190603212734j:image

年季が入ってるつくみんもいますね!!

 

f:id:dwrwr:20190603213243j:image

f:id:dwrwr:20190603212915j:image
f:id:dwrwr:20190603212919j:image

 

全部で14体いるらしいんですが、見てみたところ5、6体しか見つけられませんでした💦

本腰は入れてないですけどね!(言い訳)

 

f:id:dwrwr:20190603213440j:image
f:id:dwrwr:20190603213436j:image
f:id:dwrwr:20190603213427j:image
f:id:dwrwr:20190603213432j:image

 

しかし遊具のクオリティが高い!

ホントにちょっとした遊園地のようです!

 

f:id:dwrwr:20190603213547j:image
f:id:dwrwr:20190603213554j:image

レールウェイとかグヨグヨ動くやつもあります!

時間帯的に子供はいませんでしたが昼間はさぞ子供達で賑わってるいることでしょう!

 

f:id:dwrwr:20190603214050j:image

 

ということで三箇所ほど公園を回ってきましたが、景色を楽しむなら大友公園。遊具で思いっきり遊ぶならつくみん公園。ひたすらブランコで遊ぶなら姥目公園といったところでしょうか。

 

f:id:dwrwr:20190603214353j:image

つくみん公園ベンチのところの屋根にあるステンドグラス的なもの。

みたところブドウのように見えますがこれは果たしてブドウなのか?

ミカンの方がいい気もしました。

 

f:id:dwrwr:20190603214742j:image
f:id:dwrwr:20190603214736j:image

 

公園メインで行ったのであまり観光地は回りませんでしたがメジャーな観光地行くよりもこういうのもいいかなーと思います。

 

姥目公園 〒879-2441 大分県津久見市中央町7−17 https://goo.gl/maps/u8Qe7mkULNjwo6UH9

 

 

大友公園 〒879-2431 大分県津久見市大友町6−2 https://goo.gl/maps/sQDtnAnWSMfL2rPH9

 

 

つくみん公園 〒879-2441 大分県津久見市港町8 港町4142番153 0972-82-9515 https://goo.gl/maps/Q26uoPUyVLkr4wxK9

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 九州情報へ
にほんブログ村

『大分市』大分府内城周辺をぶらり。夜の部。

f:id:dwrwr:20190531122437j:image

 

前回の続きです。

前回を見てから見てもらえると良さげです。

大分府内城周辺をぶらり。

https://www.dwrkimama.com/entry/20190530/1559222479

 

まああそこまでみて夜を見ない手はないということで向かったわけですが、イルミネーションの点灯は夜22時までのようで、僕が行ったのは22時半前くらいだったのでイルミネーションは完全に終わっており暗くて骨組みすら見えませんでした笑

 

そのため日をまたぎ再度やって来ました。

そして近づくにつれ光輝く城が見えてきました!

 

f:id:dwrwr:20190531100739j:image

僕の撮影技術だとただ光ってる様にしかみえません!

まるでマンション建設予定のチラシの様です。

 

 

f:id:dwrwr:20190531122354j:image

少し近づいてもこのありさま。

やはり敷地に入るしかありませんねー

 

 

f:id:dwrwr:20190531122549j:image

おお! 

 

f:id:dwrwr:20190531122619j:image
f:id:dwrwr:20190531122623j:image
f:id:dwrwr:20190531122616j:image

これは良いですね!

高さは29メートルもあるみたいです。

 

f:id:dwrwr:20190531122728j:image
f:id:dwrwr:20190531122724j:image
f:id:dwrwr:20190531122720j:image

キレイですし試みとしても面白いと思います!

いやあいい物を見れました。

福岡城も以前パネルで天守閣を再現してた気もしますがこれはマネしてほしいなあ。

 

 

 

駅に戻るとお腹も空いてきたのでご飯にしました。

駅前にある『ラーメン工房ふくや大分駅前店』さん。

f:id:dwrwr:20190531123544j:image
f:id:dwrwr:20190531123548j:image

頼んだのは半チャーハンセット880円。

こってり目の細麺は好きなので美味しくいただきました。

あっさりも太麺も好きですけどね笑

 

大分は唐揚げやとり天も美味しけど魚介類も大変美味なのでまた来ることがあれば是非食べたいですなあ( ´ ▽ ` )

 

天守閣のイルミネーション見に行かれる方は時間だけは注意して下さいね。

 

 

大分府内城跡 4 4 荷揚町 大分市 大分県 870-0046 https://goo.gl/maps/T5wZdiMjDmTfG6Gi7

 

ラーメン工房 ふくや 大分駅前店 〒870-0027 大分県大分市末広町1丁目1−25 097-538-5165 https://goo.gl/maps/vxxicnJ2fZwC9c6M9

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 九州情報へ
にほんブログ村

『大分市』大分府内城周辺をぶらり。

 

大分市と言えば大分県の県庁所在地で人口は九州で5番目に多いです。 

(福岡市→北九州市→熊本市→鹿児島市→大分市の順)

近くの別府市との人口を合わせれば約60万人にもなるので結構都会であります。

さて今回は大分駅から大分府内城までをブラブラしてきました。

f:id:dwrwr:20190530153125j:image

大分駅は何年か前に立派な駅ビルか出来てとてもオシャンティな雰囲気になってます。

ここから府内城の方に向かいます。

 

f:id:dwrwr:20190530184936j:image
f:id:dwrwr:20190530184952j:image
f:id:dwrwr:20190530184945j:image

道路と道路の間が歩道のようになっていて像などか設置されています。

中間市の屋根のない博物館を少し思い出しました(^^)

 

f:id:dwrwr:20190530210530j:image

育児院と牛乳の記念碑

日本最初の洋式病院を建てた医師アルメイダが当時戦乱が続いた日本で子供を助けるため育児院を建て子供を牛乳で育てたとのこと。

f:id:dwrwr:20190530211152j:image

f:id:dwrwr:20190530211251j:image

子供も嬉しそうですねー 

猫らしき動物もいます。

 

f:id:dwrwr:20190530211335j:image

西洋劇発祥記念碑

1560年のクリスマスにキリスト教会の信者の手により西洋劇が演じられた。

これが日本における洋劇の最初であるとのこと。

大分と言えばキリシタン大名の大友宗麟が有名ですがこういったキリスト教への寛容な土壌があったからこそ大分で西洋の文化が流行りやすかったのかもしれませんね。

 

f:id:dwrwr:20190530212051j:image
f:id:dwrwr:20190530212057j:image

瀧廉太郎終焉の地
荒城の月などで有名な音楽家。
瀧家は大分の出であり、瀧廉太郎は様々な曲を作り活躍したが肺結核を患い23歳の若さで大分市の自宅で亡くなりました。

 

f:id:dwrwr:20190530212824j:image

西洋医術発祥記念碑

これは先程も紹介した医師アルメイダが設立した洋式病院に日本最初の医学校が併設され日本人学生が西洋医学を学んだ。この像はアルメイダが日本人助手と共に外科手術をしようとしているところです。

アルメイダさんスゴイですね〜

 

f:id:dwrwr:20190530213345j:image

健ちゃん

健ちゃんですね。

 

f:id:dwrwr:20190530213426j:image

紛うことなき健ちゃんです。

 

急に健ちゃんって何やねん笑!

 

f:id:dwrwr:20190530213612j:image

説明を見るとちゃんと理由があるようですね。

あまりにもこれまでの像と違ったので戸惑ってしまいました。

 

f:id:dwrwr:20190530213759j:image
f:id:dwrwr:20190530213754j:image

伊東マンショの像。

天正遣欧少年使節としても有名な人ですね。

中々のドヤ顔してはりますね。

 

f:id:dwrwr:20190530214102j:image

そんなこんなで府内城の前までやって来ました。

 

f:id:dwrwr:20190530215206j:image

ここで府内城について少し。

大分府内城は大友氏が去った後、福原直高により築城が開始され、その後の城主の竹中重利が完成させた城です。

大分市の象徴とも言える城ですね。

東京でいう江戸城。大阪でいう大阪城。福岡でいう福岡城。熊本でいう熊m・・

まあそんな感じの城です。

 

府内城は元々天守閣があったようですが火事により消失し今も再建されていません。

 

f:id:dwrwr:20190530215257j:image
f:id:dwrwr:20190530215253j:image

あれ?あれ?

なんか天守閣らしき骨組みのようなものが見えます。どういうことだ?

 

敷地に入って確認します。

f:id:dwrwr:20190530215423j:image

復元するのかな?

f:id:dwrwr:20190530215523j:image
f:id:dwrwr:20190530215508j:image
f:id:dwrwr:20190530215511j:image
f:id:dwrwr:20190530215515j:image

後から調べてみると2年ほど前から仮想天守閣のイルミネーションをしてるようで好評につき継続しているようです。

これは夜来ると凄そうですね!!

 

f:id:dwrwr:20190530220122j:image

手前に見えるのが実際の天守台であり仮想天守は実際の天守とは違う場所にあるわけですね。

f:id:dwrwr:20190530220140j:image

天守台から仮想天守を望む。

 

この府内城ですがARアプリで当時の府内城の姿を見ることができるので見てみましょう!

f:id:dwrwr:20190530215920j:image

これが

f:id:dwrwr:20190530220405p:image

こうです!

二つの天守が並ぶという実際にはない光景。

これはこれで面白いですね!

 

この後駅の方に戻るわけですが、ARアプリが作動したままだったため

f:id:dwrwr:20190530220653j:image

 

セブンイレブン大分府内城店が誕生してしまいました。

 

f:id:dwrwr:20190530220743j:image

東横イン大分府内城店も笑

 

f:id:dwrwr:20190530220815j:image

 

トドメは大分駅。

現代と過去の融合であります!

 

 

 

大分府内城跡 4 4 荷揚町 大分市 大分県 870-0046 https://goo.gl/maps/D6pYitpuFe1KUr3i8

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 九州情報へ
にほんブログ村

『津山市』展示総数約2万点‼︎世界中の珍しい生き物について学べる‼︎つやま自然のふしぎ館

 

f:id:dwrwr:20190501175225p:image

 

つやま自然の不思議館津山城のすぐ近くにあり、世界中の生き物について学べるとのことでどんなものかと気になったので行ってまいりました‼︎

 

f:id:dwrwr:20190512204005j:image
f:id:dwrwr:20190512203956j:image

 

入口の手前にはいきなり牡蠣の化石が!

うん紛うことなき牡蠣ですね!

 

f:id:dwrwr:20190526192100j:image

中に入るとセントバーナードの剥製がお出迎えしてくれます。

 

f:id:dwrwr:20190526192254j:image

f:id:dwrwr:20190526192705j:image

 

様々な化石がありますがやはり貝類は割とそのまんまですね!

 

f:id:dwrwr:20190526192446j:image
f:id:dwrwr:20190526192441j:image
f:id:dwrwr:20190526192438j:image

 

色んな動物の剥製もあります。

しかし窓の反射が目立ちすぎる💦

申し訳ない・・ 

 

f:id:dwrwr:20190526192631j:image

 

ゴリラの剥製の近くにはゴリラの手形があり自分の手と比べることができます。

まあ予想通りですか相当大きいです。

子供と大人ぐらいの差があります。

 

すぐ近くには恐竜の大きさが分かる表があります。

f:id:dwrwr:20190526193144j:image

チラノザウルス?

ティラノザウルスのことかな?

十分大きいですが高さなら例のΖガンダムの方が大きいですね。(津山のZガンダムは7m

f:id:dwrwr:20190526193444j:image

参考『津山市』Zガンダムとホルモンうどん
https://www.dwrkimama.com/entry/20190427/1556365666

 

f:id:dwrwr:20190526194058j:image
f:id:dwrwr:20190526194103j:image

イヌレッサーパンダの骨なわけですが骨だけみても元の形は全く想像できませんね!

名前を伏せられたらもう同じに見えますもん笑

 

剥製や骨格のゾーンを抜けると貝のゾーンになります。

f:id:dwrwr:20190526194449j:image
f:id:dwrwr:20190526194445j:image
f:id:dwrwr:20190526194442j:image

f:id:dwrwr:20190526195319j:image

尋常じゃないほどの数の貝があります。

改めて見てもホタテは全く現在と同じですね!

中に身が入ってるんじゃないかと思うくらいです。

ホタテ食べたくなってきた笑

 

f:id:dwrwr:20190526194717j:image

 

こうやって見てみると貝名前って語尾がカラで終わるのが多いんですよね。

殻ってことかな?

 

f:id:dwrwr:20190526194834j:image

キイロダカラ!

 

白やん!

 

f:id:dwrwr:20190526194952j:image

クリダカラ!

 

貝やん!(見た目少し栗っぽいけど)

 

f:id:dwrwr:20190526195149j:image

メキシコダカラ!

 

ホントにメキシコか!?(上の貝は和歌山やけど)

 

 

心の中でのしょうもないツッコミが止まりません笑

 

 

f:id:dwrwr:20190526195354j:image

バイか語尾にくる貝もあります。

九州民なら反応しちゃいますね!

 

 

貝のゾーンの後は昆虫の標本ゾーンです。


f:id:dwrwr:20190526195646j:image

これを見て鹿児島のラーメン屋を思い出す僕は末期です笑

 

f:id:dwrwr:20190526195810j:image

 

いやあデカイっすわあ

ホントに無理ですわあ

標本でもキツイすねえ💦

 

二階の方にも大量の剥製があります。

 

f:id:dwrwr:20190526200137j:image
f:id:dwrwr:20190526200133j:image
f:id:dwrwr:20190526200128j:image  

 

 

f:id:dwrwr:20190526200203j:image

このジャイアントイラントはウシ科の動物で雄の体長は290㎝、体重は450㎏〜900㎏と巨大です。剥製もとても大きく迫力のある造りでした!

f:id:dwrwr:20190526200537j:image

それだけに余計に横のライオンの剥製のできが際立ちます笑

 

ジャイアントイラントの右隣にはあのアフリカ象の剥製があります!

f:id:dwrwr:20190526200733j:image
f:id:dwrwr:20190526200728j:image

うん。・・アフリカ象は大きすぎるから丸ごとは無理だからしょうがありませんね。

 

一瞬足王神社リスペクトかと思いました笑

f:id:dwrwr:20190526200839j:image 

参考 『赤磐市』足の神様!足王神社👣

https://www.dwrkimama.com/entry/20190515/1557923885

 

f:id:dwrwr:20190526201920j:image
f:id:dwrwr:20190526201916j:image

f:id:dwrwr:20190526202244j:image

爬虫類メインのコーナーにはいくつものワニの剥製かあります。やはり迫力がすごいですね!

 


f:id:dwrwr:20190526202046j:image

これくらいなら勝てるか?

いややはり無理です💦

 

f:id:dwrwr:20190526202315j:image

海の生物のサイズが色々載ってます。

大王イカはさすがの大きさ!

アオザメは1Zガンダムですね(津山調べ)

 

 

f:id:dwrwr:20190526202607j:image

最後はコレです!!

 

 

f:id:dwrwr:20190526202656j:image
f:id:dwrwr:20190526202653j:image

 

このまるで怪獣映画のような構図!

真ん中から顔を出してるトドが第三勢力といったところでしょうか!

 

思った以上に広くてホントはまだまだ色んな展示があります。

皆さんも津山に行った際は是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか!

 


f:id:dwrwr:20190526203055j:image

可愛さはこのカモノハシが一番でした(*´ω`*)

 

 

つやま自然のふしぎ館 〒708-0022 岡山県津山市山下98−1 0868-22-3518 https://goo.gl/maps/i38ZzTcBSqKtQC168

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村