dwr氏の気まま日記

アラサー会社員の僕が気になった場所や物を気ままに記事にしていくブログです。

『川口市』ゴリラ公園に行って来た。

f:id:dwrwr:20200724185943p:image

所用で埼玉県にやって来ました。

埼玉は前にも来たことがあります。

その時に気になってしょうがない場所がありました。

その名も【ゴリラ公園!!】

なんて名前だ…

 

今回は少し時間ができたので思い切って行ってみることにしました。

電車で南浦和駅を降りそこからは徒歩で目指します。

 

ほぼ線路沿いにひたすら歩きます。

f:id:dwrwr:20200725075021j:image

f:id:dwrwr:20200725075053j:image

f:id:dwrwr:20200725075224j:image

地図的にはもうすぐ着きそうですが公園らしきものはないなあと思っていたら

 

f:id:dwrwr:20200725080707j:image

一発で確信に変わる後ろ姿を発見。


f:id:dwrwr:20200725080754j:image

もう間違いないですね。

 

f:id:dwrwr:20200725080921j:image
f:id:dwrwr:20200725080927j:image

これはゴリラですわ。

 

f:id:dwrwr:20200725081027j:image

この公園はBMX(バイシクルモトクロス)のコースがあるみたいでヘルメットをかぶった子供達が自転車で走り回ってました。

例のゴリラ像はコースに囲まれたところにあります。

 

f:id:dwrwr:20200725081337j:image

ようやく案内板を発見。

名前のインパクトが凄えや。 

 

f:id:dwrwr:20200725084744j:image

川口市のホームページで公園一覧を見ても場違い感というか名前のインパクトが際立ちます。

 

f:id:dwrwr:20200725081639j:image

道路の向こうにも遊具がありそうですが僕はゴリラに会いに来ただけなので目も暮れません。

 

f:id:dwrwr:20200725084602j:image

ということでBMXコースを横切りゴリラの元へ。

 

f:id:dwrwr:20200725084643j:image

ここに来てゴリラの名前が判明。

ビックジョーさんです。

 

f:id:dwrwr:20200725084813j:image
f:id:dwrwr:20200725084809j:image

近くでみると迫力が一層増します。

 

f:id:dwrwr:20200725084845j:image

触ってるの指ですからね。

もうめちゃくちゃデカいです!

 

f:id:dwrwr:20200725084944j:image

お尻もプリッとしてます。

 

f:id:dwrwr:20200725085010j:image

お腹も貫禄があります。

 

f:id:dwrwr:20200725085106j:image

背中はパカッと開きそうな線みたいなのが見えるけどアレは一体…

 

f:id:dwrwr:20200725085225j:image

十分にゴリラを堪能したので公園を後にします。

 

お腹も空いて来たので行きたかったお店に向かいます。

 

それは名代富士そば!

名前だけは聞いたことあるから一度行ってみたかったんです。

 

東京近郊の方からしたら富士そば行ったからなんだと思うかもしれません。

そりゃ僕だってウエストジョイフル行っても記事には書きません。

 

でも九州民からしたら珍しいんです!

f:id:dwrwr:20200725085903j:image

ということでカツ丼セットを注文。

カツ丼は予想通りの味。(良い意味で)

蕎麦は美味い!

九州はうどんが多いんであまり蕎麦は食べないんですが、チェーン店でこのクオリティなら文句なしです!

24時間営業というのも凄いですね!

 

福岡にも出店してくれんかな…

 

ゴリラ公園 〒333-0866 埼玉県川口市大字芝4341 048-242-6337 https://goo.gl/maps/smumVFe4WFrREAQX8

 

ランキング参加してますので良ければクリックお願いします!! ↓↓↓↓↓ 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

 

『吉富町』九州で最も小さい町。吉富町をぶらり。

f:id:dwrwr:20200719084907j:image

福岡県には60もの市町村があります。

そして今回の吉富町福岡県で最も面積の小さい市町村。更には九州でも最も小さい町になります。(日本全国は知りません。)

ほんと車で走るとあっという間に通り過ぎてしまいます。

 

余談ですが目標として各60市町村につき1記事は書きたいという個人的野望があります。

そのためにも吉富は是非とも抑えておきたい所なのです!

f:id:dwrwr:20200719091242j:image

吉富町は、福岡県の最東端に位置し、東は山国川を境に大分県中津市、西は海岸沿いに豊前市、南は上毛町に接し、北は波静かな周防灘に面しています。
清流と清々とした空気にはぐくまれ自然環境に恵まれた、北九州から50km圏内に位置する肥よくな土地の田園町です。

吉富町ホームページより

 

川を挟んですぐ大分県なわけです。

面白いのは吉富町(隣の豊前市などもですが)福岡県でありながら大分県の中津市市外局番が同じなんですね。それだけ繋がりがあるということでしょうか。旧豊前国だと吉富も中津も同じ国だからその辺も関係あるかもしらんですね。

 

時期なんですが以前の中津市の記事と同時期なんでクッソ前です笑

 

関連・中津の記事

https://www.dwrkimama.com/entry/20200312/1583964063

https://www.dwrkimama.com/entry/20200322/1584889047

 

 

中津から福岡に帰る途中で寄ったので橋スタートです。

f:id:dwrwr:20200719112853j:image
f:id:dwrwr:20200719181556p:image

県境の山国川に架かる山国橋です。

橋の向こう側は大分県になります。

f:id:dwrwr:20200719113229j:image
f:id:dwrwr:20200719113219j:image

中々歴史を感じさせる橋ですなあ。

 

f:id:dwrwr:20200719113351j:image

レンガ造りって何かいいですよね。

 

f:id:dwrwr:20200719113445j:image
f:id:dwrwr:20200719113643j:image

正直時間押していたので限られた時間で吉富町の魅力を探るために駅に向かいました。

 

f:id:dwrwr:20200719113812j:image

駅にちょっとした展示スペースがあったので入ってみると


f:id:dwrwr:20200719113756j:image

中には吉富町の守り神かみんくんがいました。

 

f:id:dwrwr:20200719113817j:image

更には埴輪のようなものがチラホラと。

 

f:id:dwrwr:20200719115139j:image

何やら神相撲なるものが有名みたいですね。

だからかみんくんまわしつけてるのか。

傀儡子が人形を操って相撲をとるようで4年に1度の開催はオリンピックの様!

 

オリンピックは開催できるか何ともですが、神相撲は開催してほしいですね。

 

時期ではないので神相撲は見れないでしょうがせっかくなんで神相撲が行われるという八幡古表神社に行ってみることにしました。

f:id:dwrwr:20200719120049j:image

ということで到着。

 

f:id:dwrwr:20200719120135j:image

何故か神社来ると真っ先に狛犬を見てしまう僕。

 

f:id:dwrwr:20200719120129j:image

こちらが本堂かな。

『はちまんこひょうじんじゃ』と読むそうです。

僕は頭の中でずっと『やはたこおもてじんじゃ』と読んでましたがかすりもしませんでしたね笑

 

f:id:dwrwr:20200719120534j:image
f:id:dwrwr:20200719120529j:image

せっかく来たので神相撲に関係しそうなモノを探します。

 

f:id:dwrwr:20200719120654j:image
f:id:dwrwr:20200719120648j:image

探し方が悪いのかあまり神相撲に関わりそうなモノは見つけられませんでした。

 

まあ時期外れだしなあとそろそろ帰ろうとしたところで

f:id:dwrwr:20200719120934j:image

リアル土俵を発見しました!

ようやく見つけた!

 

でもよく考えたら神相撲には関係ねえなという事実。

 

 

でも時間もないし、しょうがないんで1人で四股踏んで帰路につきました。

 

 

山国橋 https://goo.gl/maps/CoHXgnTWasHX6yPx7

 

吉富駅 〒871-0811 福岡県築上郡吉富町大字広津351−2 0979-23-6615 https://goo.gl/maps/b88fco3ohRi3JudG6

 

八幡古表神社 〒871-0802 福岡県築上郡吉富町大字小犬丸353−1 0979-22-3237 https://goo.gl/maps/jmA6YXnArJwgBqiw6

 

 

ランキング参加してますので良ければクリックお願いします!! ↓↓↓↓↓ 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 九州情報へ
にほんブログ村

『横須賀市』日本とアメリカの間にあるフランス。

f:id:dwrwr:20200614113316j:image

今回も結構前になります。

実は神奈川県に行く機会がありその時に横須賀に立ち寄りました。

 

関東も色々行きたいんですがまだしばらくは難しいですかねー

 

f:id:dwrwr:20200629160303j:image

まず横須賀駅近辺をブラブラして気になった公園があったので行きたいと思います。

 

f:id:dwrwr:20200629160423j:image

その前日にはガッツリ家系ラーメン↑を食したので今日は横須賀らしくカレーでも食べたい所です!

 

f:id:dwrwr:20200629160606j:image

目的の公園はコチラ。

ヴェルニー公園とは

公園の対岸にフランス人技師ヴェルニーが建設に貢献した横須賀製鉄所が望めることや、ヴェルニー・小栗祭りが、開催されることから、フランス庭園様式を取り入れた公園として平成13年度末に整備されました。フランス式花壇や噴水、洋風あずまやなどもあり、約1,400株のバラが彩りを添えています。

ホームページより引用

 

横須賀と言えばアメリカのイメージでしたがあえてのフランス感を得るためにこの公園に来ました。

 

f:id:dwrwr:20200629161016j:image
f:id:dwrwr:20200629161107p:image

早速いかにもフランスといった名前のバラを発見。

f:id:dwrwr:20200629161225j:image
f:id:dwrwr:20200629161220j:image
f:id:dwrwr:20200629161229j:image

そのあとは戦艦関係の碑があったり日本感がありますね。まあ横須賀だから当然ですね。

f:id:dwrwr:20200629161423j:image

これなんかゴテゴテ感がカッコいいですね。

何か変形しそう。

 

f:id:dwrwr:20200629161557j:image
f:id:dwrwr:20200629161553j:image

そして目の前にオーシャンビュー。

f:id:dwrwr:20200629161634j:image

横須賀の海も中々キレイです^_^


f:id:dwrwr:20200629161804j:image

f:id:dwrwr:20200630205136j:image
f:id:dwrwr:20200629161801j:image

そしてこの辺りから庭園が広がります。

フランスっぽいでしょうか。

f:id:dwrwr:20200629162001j:image
f:id:dwrwr:20200629162005j:image

庭園知識がゼロなのでフランスっぽいかは分かりませんがバラが入るとフランス感でますね。

 

f:id:dwrwr:20200629162147j:image

ちなみにコチラがヴェルニーさん

 

f:id:dwrwr:20200629162235j:image
f:id:dwrwr:20200629162247j:image
f:id:dwrwr:20200629162243j:image
f:id:dwrwr:20200629162239j:image

噴水があると庭園らしくて良いですね。

またバックに戦艦が見える庭園というのも横須賀ならではという感じです。

 

f:id:dwrwr:20200629162543j:image
f:id:dwrwr:20200629162539j:image

これは軍港逸見門?と書いてあったのでかつての出入口みたいです。

守衛室みたいなもんですかね?

f:id:dwrwr:20200629163001j:image
f:id:dwrwr:20200629162958j:image
f:id:dwrwr:20200629162953j:image

しかし単体で見ると独居房みたいです💦

歴史のある建物なんでしょうね。

 

f:id:dwrwr:20200629163124j:image

 

さて突然ですが

ここで横須賀クイズです!!

 

 

f:id:dwrwr:20200629163331j:image

コレは何でしょう??


f:id:dwrwr:20200629163335j:image

 

ヒントは2枚目の写真です!

分かりますかね?

 

 

 

勿体ぶる意味もないので正解言います。

 

f:id:dwrwr:20200629163458j:image

操舵輪型のサイクルスタンドでした!

分かるかい!

 

しかもこのサイクルスタンド一台しかないですからね。目立ちますよコレは🚲

 

f:id:dwrwr:20200629164450j:image

そこから進むとよく分からん物を発見しました。

f:id:dwrwr:20200630202853j:image
f:id:dwrwr:20200630202857j:image

戦艦の主砲のようです。

カメラに収まりきらないくらい大きいです。

f:id:dwrwr:20200630203113j:image
f:id:dwrwr:20200630203107j:image

主砲を前から見るとこんな感じです。

f:id:dwrwr:20200630203218j:image

公園名が入ると中々映えますね(´∀`)

 

f:id:dwrwr:20200630205246j:image
f:id:dwrwr:20200630203342j:image

そして、

f:id:dwrwr:20200630203519j:image

照明か何かだと思うんですけど

自転車用ヘルメットに見えてしょうがなかったです笑

 

f:id:dwrwr:20200630203648j:image

最後に個人的に気に入った電話ボックスで締めます。

しかし近所にあればしょっちゅう散歩したくなるようないい公園でした。

 

f:id:dwrwr:20200630204511j:image

そしてこの日もカレーの事もすっかり忘れてついつい家系ラーメンを食べるのであった・・

 

 

ヴェルニー公園 〒238-0042 神奈川県横須賀市汐入町1丁目1 046-824-6291 https://goo.gl/maps/PTFgB7k9ZGc33CGt6

 

 

ランキング参加してますので良ければクリックお願いします!! ↓↓↓↓↓ 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

『佐賀市』かつて鉄道が通っていた橋。筑後川昇開橋。

f:id:dwrwr:20200602205030p:image

今回はとある橋に行ってきました。

この橋は佐賀県佐賀市(諸富町)福岡県大川市の間にかかってる橋です。

大川にも関わるとは思うんですが佐賀市側から行きましたんでタイトルは佐賀市で行きます。

 

佐賀市と言っても佐賀市中心部からは離れておりのどかな道を進んだところにありました。

f:id:dwrwr:20200603000929j:image

橋の手前に橋の駅『ドロンパ』がありましたのでここに車を停めます。

それにしても変わった名前ですね。

ドロンパか‥

f:id:dwrwr:20200603001252p:image

おっといかんいかん‥

 

f:id:dwrwr:20200603001448j:image
f:id:dwrwr:20200603001453j:image

入り口の方にも橋を模してるであろうものがチラホラあります。

f:id:dwrwr:20200603002616j:image
f:id:dwrwr:20200603002620j:image

ここはかつて国鉄佐賀線が走っていたようです。それで踏切とかが残されてるんですねー

昭和62年に廃線となるまで使われていたようです。

f:id:dwrwr:20200603204036j:image

そのため駅名の表示された看板が残されています。かつてSLが走った筑後川昇開橋を今では歩いて渡ることができるというわけです。

f:id:dwrwr:20200603212330j:image
f:id:dwrwr:20200603212334j:image

そんな近代遺産とは似つかわしくない像がありました。

こちらは秦の始皇帝から不老不死の薬を探すよう命じられ日本を訪れたといわれる徐福の像です。

徐福が訪れた逸話が日本各地にありそれが徐福伝説となっているようです。

この佐賀市諸富町にもいくつかの徐福伝説があるみたいです。

 

f:id:dwrwr:20200603215508j:image

話を戻していざ橋を渡りたいと思います。

 

f:id:dwrwr:20200603215608j:image
f:id:dwrwr:20200603215612j:image

橋の手前には地元の方達の絵が飾られています。

大切にされている証拠ですね!

 

f:id:dwrwr:20200603215748j:image 

歩いてみると結構長い。

例の赤い部分はまだまだ先です。

 

f:id:dwrwr:20200603215839j:image

のどかやあ

 

f:id:dwrwr:20200603215906j:image

途中の椅子に描かれているのはエツという魚。

日本じゃこの辺にしかいない言われる魚です。

食べれるらしいので機会あれば是非エツ料理が食べてみたい!

f:id:dwrwr:20200603220153j:image
f:id:dwrwr:20200603220158j:image

そんなこんなで橋の赤い部分が近づいてきました。

f:id:dwrwr:20200603220239j:image
f:id:dwrwr:20200603220243j:image

写真だと分かりにくいんですがこの橋、昇開橋の名の通り橋の真ん中にあたる部分が上下するのです!

 

写真だと上がっていた橋がもう少しで降りてくるところです!

 

f:id:dwrwr:20200603220521j:image

この時点で渡ろうとしたら(無論渡れませんが)筑後川に真っ逆さまですよ💦

 

 

ほどなく待つと渡ることができました。

橋の上げ下げを行なっている係員のおじいちゃん達が明るくてすごい良い人達でした(´∀`)

 

f:id:dwrwr:20200603220827j:image

真ん中を渡れば後はそのまま歩けば福岡県大川市になります。

 

f:id:dwrwr:20200603221014j:image
f:id:dwrwr:20200603221003j:image
f:id:dwrwr:20200603221009j:image

大川市側にも踏切などかつての鉄道を思わせるものが多くありました。

そしてまた道を引き返し同じ橋を渡り佐賀市側に戻ります。 

f:id:dwrwr:20200603221148j:image

何となく立ち寄ったスポットでしたが歴史も感じられ渡るのも楽しい良い橋でしたね!

 

f:id:dwrwr:20200603221504j:image

橋の駅に戻ると早速恵比寿さんを発見!

過去記事を読んでもらえれば分かりますが僕の中で佐賀市=恵比寿さんという公式ができつつあります。

 

橋の駅は色んな特産品が売ってるんですが僕はエツが売ってないかと探しました。

エツの南蛮漬けとかもあったんですが僕が購入したのは‥‥

 

f:id:dwrwr:20200603221739j:image

ポリポリむつごろう〜(旧ドラ◯もん風)

ここに来て何故かむつごろう!

この語感の良さに惹かれてつい購入してしまいました笑

 

f:id:dwrwr:20200604004834j:image

見た目からは想像できない美味しさだそうです。

 

f:id:dwrwr:20200604004942j:image
f:id:dwrwr:20200604004939j:image

確かに中々インパクトのある見た目をしております。

 

f:id:dwrwr:20200604005021j:image

正面から見たらこんな感じです。

最初の一口は少し勇気がいりますがここはあえて頭からガブっといきます!

 

f:id:dwrwr:20200604005128j:image

ポリポリというよりはバリバリでしたが中々食べやすい味でした。

むつごろう自体食べたことないんでそんなにピンとは来ませんでしたが💦

 

でも味もしっかりしてるしおつまみ感覚であっという間に食べれました笑

 

 

むつごろうも食べて満足したので橋の駅を後に。

最後はラーメンで締めます。

f:id:dwrwr:20200604005432j:image

こちらの『大臣閣』さんにやって来ました。

おばあさんと娘さんかな?

2人でやられていました。

f:id:dwrwr:20200604005542j:image

ラーメンはこんな感じです!

器自体は大きくないのですが器いっぱいに入ってます!

味はどちらかと言えばあっさりしています。

こってり好きな人からすれば少し物足りなく感じるかもしれませんが優しい感じがして良い味してるんですよ。

特にスープが好きでした。

最初物足りないかなーっと思ってたらじわ〜っと味が染みてきて美味しいんですよ!

このスープならひたすらのみ続けれそうです!

 

f:id:dwrwr:20200604022513j:image

出前迅速なのかは気になるところでしたが良いお店でしたーー。

 

店を出ると

f:id:dwrwr:20200604090647j:image

f:id:dwrwr:20200604090732j:image

ここにも居ました恵比寿さん!

 

 

 

諸富鉄橋展望公園 〒840-2102 佐賀県佐賀市諸富町大字為重214 https://goo.gl/maps/zhUJwxPRrpf9JHAW6

 

 

筑後川昇開橋(旧国鉄佐賀線筑後川橋梁) 〒840-2102 佐賀県佐賀市諸富町大字為重石塚 0944-87-9919 https://goo.gl/maps/LjprMeMm8X2sfdfx5

 

 

ランキング参加してますので良ければクリックお願いします!! ↓↓↓↓↓ 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 九州情報へ
にほんブログ村

『薩摩川内市』実は河童の町?薩摩川内。

f:id:dwrwr:20200519151339j:image

最近は例のウイルスの件で出かけたりもできないのでまあ書くことがないない。

とはいえ残り少ないストックで書いていきたいと思います。

 

まず皆さんはせんだいと言えばどこを想像しますか?

大多数が宮城県の仙台(あー牛タン食いてえ)を想像すると思います。

しかし九州、というか鹿児島の人は川内を想像する人が多いかもしれません。

 

そうです鹿児島県には薩摩川内市(さつませんだいし)という場所があります。

まあ薩摩川内と言えば仙台とゴッチャにはならないと思いますが、薩摩川内市は合併で誕生した市でして、合併前にはそのまんま川内市という市が存在しました。

 

これは電話でやり取りするとゴッチャになりますね!笑

今でも駅前に行けば川内駅や川内ホテルがあります。

知り合いに『今、川内にいるんだ!』と電話で言えば『へえ宮城県にいるんだ!』というしょうもないやり取りを堪能できます。

 

というわけで薩摩川内をぶらついて来ました。

何気にブログでは初鹿児島

ようやく九州制覇ですね笑

 

f:id:dwrwr:20200519151458j:image

 

こちらが川内駅です。

すごい綺麗な駅でした。

駅は綺麗だし駅前は大規模な工事していたので再開発でもしてるのかもしれません。

 

f:id:dwrwr:20200519151932j:image

f:id:dwrwr:20200519151823j:image

 

駅の構内で巨大な綱を見つけました!

何でも日本一の大きさ(長さ?)みたいです。

長さが365m、重さが7t、直径が40㎝ととんでもない大きさです!

これを約3000人が引っ張り合うんですからすごい迫力でしょうね!

f:id:dwrwr:20200519153432j:image

うーんデカい‥

 

f:id:dwrwr:20200519153521j:image

駅前反対側に出るとポストの上に河童を発見。

何故‥

 

f:id:dwrwr:20200519155428j:image

他にも大伴家持(おおとものやかもち)像もありました。薩摩国司として来たことあるみたいですね。

 

f:id:dwrwr:20200519155816j:image

駅近くにの歩道に橋がありました。

これは川内橋(せんだいばし)といってかつて存在した石橋をここに再現してるっぽいですね。

ちなみに東京には川内橋(かわうちばし)があるとか。ああややこしや。

 

f:id:dwrwr:20200519160319j:image

その川内橋にも河童がいました。

何故‥

 

f:id:dwrwr:20200519160437j:image

そして何気なくみた街灯にも‥

f:id:dwrwr:20200519160600j:image

河童がいました!

何か綱引きっぽいことしてます。

 

 

f:id:dwrwr:20200519160657j:image

更に何気なく見た道路脇のポールも‥

f:id:dwrwr:20200519160750j:image

河童・・ぽいぞ!!

 

いい加減気になったので調べて見ました。

 

薩摩川内市内を流れる川内川と言う川があります。(山本山みたい)

ガラッパという南九州に伝わる妖怪がおり、それが川内川に生息しているとかいないとか。

 

ガラッパは河童の呼び方が訛ってガラッパになった説と、河童に似ているが別の妖怪であるという説があるようですが見た目はいずれにせよ河童ですね。

 

まあ妖怪でありながら薩摩川内市民にはとても親しまれているようです。

 

f:id:dwrwr:20200519161656j:image
f:id:dwrwr:20200519161653j:image

このように至るところにガラッパがおります。

 

スッキリしたところでお腹も空いたので

f:id:dwrwr:20200519161849j:image

たまたま見つけたお店でラーメンを食します。

チェーン店らしい手堅い味でした。

焼き飯が美味しかった(´∀`)(写真なし)

 

f:id:dwrwr:20200519162324j:image

帰り道橋を見つけたのですが、車庫入れしたくなるようなガレージというかカーポートっぽい橋でした。

 

f:id:dwrwr:20200519162457j:image

中から見てもカーポートっぽい。

 

f:id:dwrwr:20200519162625j:image
ちなみに名前はふれあい橋。

何故かお気に入りです。

 

最後に駅前に戻りお土産屋をブラブラしていると

f:id:dwrwr:20200519162804j:image

 

!?

 

終わり。

 

 

 

川内駅 〒895-0024 鹿児島県薩摩川内市鳥追町1 https://goo.gl/maps/eDFy9J2xVRGnfSC36

 

 

ランキング参加してますので良ければクリックお願いします!! ↓↓↓↓↓ 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 九州情報へ
にほんブログ村

 

 

『諫早市』眼鏡橋は長崎市だけじゃない!諫早にもあるんです。

f:id:dwrwr:20200402214808j:image

長崎市と言えば出島中華街それに『眼鏡橋』など色々ありますね!

その中の眼鏡橋長崎市のイメージが強いですが眼鏡橋は実は諫早にもあるんです!

 

僕も諫早に来てから諫早の眼鏡橋について知りました💦

ということで眼鏡橋に行ってみることにしました。


f:id:dwrwr:20200402214145j:image

 

スタートは諫早のアーケード近辺から。

 

f:id:dwrwr:20200402214949j:image

f:id:dwrwr:20200402215113j:image
f:id:dwrwr:20200402215109j:image 

 

アーケード近辺だけでも三体の恵比寿さんに遭遇しました。

佐賀市の時を思い出します。

 

参考

佐賀県恵比寿さん巡りの旅

https://www.dwrkimama.com/entry/20190522/1558528239

 

f:id:dwrwr:20200402215949j:image
f:id:dwrwr:20200402215945j:image

 

アーケードは綺麗なんですけど少し活気がない感じでした。

※3月初めです。

 

f:id:dwrwr:20200414202716j:image

f:id:dwrwr:20200414203154j:image

 

空と町並みがマッチしてる気がします。

 

f:id:dwrwr:20200414203053j:image

 

少し歩くと橋があり黄昏てる像を発見しました。

 

f:id:dwrwr:20200414203644j:image

 

サッカーボールを抱えながら黄昏てる少年でした。

ていうか

 

f:id:dwrwr:20200414205853j:image

f:id:dwrwr:20200414210022j:image
f:id:dwrwr:20200414205843j:image

もうどの子も黄昏てますわ。

 

夕焼けも相まって余計にそう見えるのか‥

 

f:id:dwrwr:20200414210154j:image

個人的ベスト黄昏賞は『本を読む少女』に決定です!

僕も黄昏たくなってしまいました笑

 

そこから川沿いにひたすら歩くと眼鏡橋が見えてきました!

 

それがこちらです!!

 

 

f:id:dwrwr:20200414211119j:image
f:id:dwrwr:20200414211132j:image

 

いやあコレは紛うことなき眼鏡橋ですね!

 

 

へえコレが諫早の眼鏡橋かあと思ったアナタ!

引っかかりしましたね笑(何だコイツ)

これは眼鏡橋のすぐ近くにある本物の5分の1くらいのミニ眼鏡橋です!

 

何が言いたいかというとミニとは思えないクオリティだということです!

 

気を取り直して

 

f:id:dwrwr:20200414212127j:image
f:id:dwrwr:20200414212120j:image

 

こちらがモノホンの眼鏡橋です!

 

f:id:dwrwr:20200414212304j:image
f:id:dwrwr:20200414212308j:image  

 

諫早眼鏡橋とは

 

日本で最初に国の重要文化財に指定された石橋です。

戦国時代に築かれた高城(山城)跡を公園とした市街地の中心にある緑豊かな場所にあります。

天保10年(1839)に当時の領主・領民が永久不壊の願いを込め、それまで大きな橋がなかった本明川に架けた石造りのアーチ橋で、諫早水害の後で公園内に移設されています。

 

ながさき旅ネットより

 

 

f:id:dwrwr:20200414212545j:image

 

水害のあと川から公園内に移設されたとのことですが図を見ると移設するの大変そうです。

しかしアーチの橋って凄いですね

バランスが絶妙というかなんというか。

 

f:id:dwrwr:20200414212847j:image
f:id:dwrwr:20200414212851j:image

最後に二つの橋の眼鏡っぽいカットで締めくくります。

※2枚目のミニ眼鏡橋の奥に見えるのが本物の眼鏡橋です。

 

そのあとはご飯を食べに行きました。

長崎と言えばやはりチャンポン。 

 

いやいや皿うどんもいいな。 

なるほどー皿うどんだと太麺かなー 

 

トルコライスなんかもありますねえ。

なるほどなるほどー

 

・・・

 

f:id:dwrwr:20200414213436j:image

なるほど!!

 

f:id:dwrwr:20200414213503j:image

 

いいですね町の中華屋って感じが最高です。

 

結局頼んだのは焼き飯とミニチャンポン。

ミニ眼鏡橋を見ただけにね!

 

f:id:dwrwr:20200414213756j:image
f:id:dwrwr:20200414213801j:image

焼き飯はパラパラとは正反対の家庭の味ってイメージでした。これはこれで美味しかったです。

 

ミニチャンポンはミニ眼鏡橋と同じで普通の5分の1サイズ(嘘です。すいません。半分くらいだと思います。)

こちらはアッサリ味で食べやすく美味で

ございました。

 

まあ何が言いたいかと言えばチャンポンはアッサリでもコッテリでも美味しいし、焼き飯はパラパラなのもそうでないのも美味しいし皿うどんはパリパリ細麺でも太麺でも美味しいということですね!

 

以上です!

 

 

Megane-bashi of Isahaya 〒854-0016 長崎県諫早市高城町770−2 0957-22-2647 https://goo.gl/maps/E5uuqxCKoDnkGSc96

 

高城公園 ミニ眼鏡橋 〒854-0016 長崎県諫早市高城町1−3 https://goo.gl/maps/cXQUULSdsQKUWYdi9

 

なるほど 〒854-0071 長崎県諫早市永昌東町12−2 0957-22-0958 https://goo.gl/maps/WoQt9e6kNXiyMRrf7

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 九州情報へ
にほんブログ村

 

『中津市』宇佐神宮の祖宮らしい薦神社に行ってみた。

f:id:dwrwr:20200322213645j:image

なんやかんやでブログを始めて気づけば早1年経過しました。

1周年です!

こんな更新頻度でも70記事書いたと思うと感慨深いです。

 

 

とはいえ1年で100記事くらいは行きたかったですね。

 

まあ今後も気ままに更新していくのでよろしくお願いします。

 

今回も中津市です。

訪れたのは薦神社(こもじんじゃ)です。

漢字がムズイですね笑

 

f:id:dwrwr:20200322214821j:image

 

こちらが入口。

鎮疫祭でおしんげやって読むんですね。

 

薦神社とは

これを語るにはまず同じ大分の宇佐神宮について知る必要があります。

日本全国に◯◯八幡宮っていう神社がよくあると思います。その数4万以上!

それだけある八幡宮のトップオブザトップ総本宮宇佐神宮というわけです!

もう日本屈指の神社です。

その宇佐神宮より古く宇佐神宮祖宮と言われているのが中津市の薦神社です!

 

平たく言えば由緒正しい神社というわけです!

 

f:id:dwrwr:20200322215911j:image
f:id:dwrwr:20200322215916j:image 

 

鳥居をくぐりしばらく歩くと回廊のような橋?が現れました。

 

f:id:dwrwr:20200322220048j:image 

まあ通れませんが笑

 

f:id:dwrwr:20200322220348j:image

由緒正しい神社はクスノキも立派です。

 

f:id:dwrwr:20200322220844j:image

こちらが薦神社の中でも有名な神門です。

 

f:id:dwrwr:20200322221004j:image

 

 

f:id:dwrwr:20200322221208j:image

水を飲むキャッツ。

 

 

f:id:dwrwr:20200322221300j:image

遠くを見るキャッツ。

 

 

f:id:dwrwr:20200322221403j:image

 

本堂で参拝をすませ池の方へ向かいます。


f:id:dwrwr:20200322221732j:image

 

f:id:dwrwr:20200322221844j:image

の途中で神様の足跡を発見。

f:id:dwrwr:20200322221956j:image

どうですか

f:id:dwrwr:20200322221959j:image

言われてみると中々それっぽい気もします。

 

境内にあるですが三角池と言い薦神社の御神体です。

池が神社の内宮社殿が外宮です。

いかに重要な池かがわかりますね。

 

f:id:dwrwr:20200322222537j:image

 

進んでいくと映えそうなスポットを発見しました!

f:id:dwrwr:20200322222725j:image
f:id:dwrwr:20200322222721j:image

鳥居が水面に映り神社の静かな雰囲気も相まり

神聖な感じがします。

 

f:id:dwrwr:20200322223122j:image

この映えそうな逆さ鳥居を見ながら今回の締めとしたいと思います。ではでは。

 

 

 

薦神社 〒871-0153 大分県中津市大字大貞209 0979-32-2440 https://goo.gl/maps/7LxQgPqf2smrg7Y66

   

 

ランキング参加してますので良ければクリックお願いします!! ↓↓↓↓↓ 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村

『中津市』中津城と福澤記念館。

今回は大分県中津市です。

 

中津市で有名な人物と言えば誰か分かりますか。

まず出てくるのが福澤諭吉でしょう!

一万円札で有名な人(もうすぐ変わるけど)ですが実は中津出身なんですね。

他に挙げるとするならば黒田官兵衛だと思います。数年前大河ドラマでも取り上げられた人ですね。

 

この中津にゆかりのある2人にゆかりのある中津城と福澤記念館に行って来ました。

 

f:id:dwrwr:20200311214209j:image

まずは福澤記念館からです!

 

f:id:dwrwr:20200311215605j:image

 

福澤諭吉について

福澤諭吉は、1835(天保5)年に大坂の中津藩蔵屋敷で、13石2人扶持の下級武士福澤百助の次男として生まれました。1歳6ヶ月の時父と死別し、母子6人で中津に帰郷。貧しくとも信念を持った少年時代を過ごし、14歳になって儒学者白石照山の塾に入りました。1854(安政元)年、19歳の時蘭学を志して長崎に遊学、翌年からは大坂の緒方洪庵の適塾で猛勉強に励みました。 1858(安政5)年には、藩命により江戸の中津藩中屋敷に蘭学塾を開きました。これが慶應義塾のはじまりです。西洋の語学力と知識をたくわえたいと考えた諭吉は、1860(万延元)年「咸臨丸」に乗り込み渡米。以後、ヨーロッパ諸国も歴訪し、社会の制度や考え方などに旺盛な好奇心で見聞を広めました。その後『西洋事情』『学問のすゝめ』『文明論之概略』などを続々と著し、当時の日本人に西洋文明の精神を伝えました。

福澤諭吉旧居•福澤記念館ホームページより

 

ここは福澤諭吉旧宅と資料が展示してある福澤記念館が併設しています。

f:id:dwrwr:20200311214821j:image

こちらが記念館の入り口!

そしてこの記念館なんと!

写真撮影禁止!笑

まあ資料館とかではよくある話なので仕方ないですね💦

貴重な資料が色々ありました。

気になる人は調べてみるなり行くなりしてみて下さい。

 

f:id:dwrwr:20200311215255j:image
f:id:dwrwr:20200311215301j:image

こちらは旧居です。

f:id:dwrwr:20200311215910j:image
f:id:dwrwr:20200311215915j:image

趣のある良い日本家屋です。

縁側に座りたくなりますね。

 

f:id:dwrwr:20200311220548j:image

炊事場ですかね。

こういうの見るたびに昔の炊事って大変だろうなーって思います。

f:id:dwrwr:20200311220805j:image

こ綺麗な蔵があったので入ってみることに。

一階は特に何もありませんでしたが二階へ上がると‥

f:id:dwrwr:20200311221021j:image
f:id:dwrwr:20200311221024j:image

少年(福澤諭吉)がまっすぐした目で座っていました!

夜見ると軽くビビりそうです。

 

f:id:dwrwr:20200311221207p:image

ここで勉強したからこそあれほどの人になったのでしょう!

 

 

f:id:dwrwr:20200311201552j:image

こちらは中津城です。

天守閣がバックの良いスポットです。

2つの像は黒田官兵衛とその妻光姫の像です。

f:id:dwrwr:20200311201830j:image

手には閉じた扇子みたいのがありますが手元付近に線が入ってるのが分かるでしょうか?

実は以前にも中津城に来たことあるんですがその時は扇子がポッキリ折れていました。

だから修復されていたんですね〜

 

f:id:dwrwr:20200311203405j:image  

 

中津城について

中津城は福岡県と県境にある中津川の河口沿いに位置しており、北は周防灘、西は中津川に面し、東は二重、南は三重の堀をつくり、外堀には「おかこい山」と呼ばれる土塁をめぐらせていました。 水門から海水が入って堀の水かさは潮の干満で上下する水城で、高松城、今治城とともに日本三大水城の1つに数えられています。 また、城郭の形が扇の形をしていたことから、「扇城」とも呼ばれています。 現在の中津城天守閣は昭和39年(1964年)に建てられたものですが、城の石垣は築城当時のものが残っています。

中津耶馬溪観光協会ホームページより

 

f:id:dwrwr:20200311203410j:image

堀沿いに立つ天守閣はとても映えますが、これは模擬天守でして元々天守閣があった歴史はなく萩城の天守閣を模して1964年に造られたものです。

 

とはいえ50年以上経ち市民にも親しまれてる天守閣はもはや紛れもなく中津城の一部であり中津城の歴史だと思います😎キリッ

 

f:id:dwrwr:20200311205810j:image
f:id:dwrwr:20200311205814j:image

 

敷地内に入って天守閣を目指します。

天守閣内は資料館になってます。

 

f:id:dwrwr:20200311210121j:image
f:id:dwrwr:20200311210124j:image
f:id:dwrwr:20200311210128j:image

f:id:dwrwr:20200311211053j:image

 

景色も中々良いです。

中津市を一望できます👓 

天下取れそうな気がしてきます。

 

f:id:dwrwr:20200311211535j:image

天守閣を出たところで面白そうなおみくじを発見。

が、お金を入れてもなぜか動かず。

諦めようとしたところ近くに女性バージョンを発見したのでやってみました。

動画は初ですね。

 

 

結果は!!

 

f:id:dwrwr:20200311213828j:image

 

大吉!!!

 

ということでtwitterもやってますのでヨロシクです笑

 

 

福澤記念館 〒871-0088 大分県中津市留守居町586 0979-25-0063 https://goo.gl/maps/dzxGfh3bVuoU4urH6

 

 

中津城跡 〒871-0000 大分県中津市山の下1273−1 0979-22-3651 https://goo.gl/maps/AHnWekpCuszbKSzy8

 

 

ランキング参加してますので良ければクリックお願いします!! ↓↓↓↓↓ 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 九州情報へ
にほんブログ村

『豊後高田市』九州最古の木造建築と言えば?

日本で最も古い木造建築と言えば何か分かるでしょうか?

そうです有名な聖徳太子ゆかりの法隆寺ですね!

歴史が好きな人ならピンとくるでしょう!

 

それでは九州最古の木造建築は分かりますか?

なかなか難しいんではないでしょうか。

 

正解は・・!?

 

 

 

 

 

記事の後半で!

いつも行先タイトルに書いてるんで今回は露骨に引っ張ってみます笑

 

その該当の場所に行くために豊後高田市までやって来ました。

f:id:dwrwr:20200227185238j:image

 

豊後高田市は大分県の北部に位置し、

 

f:id:dwrwr:20200227185302j:image

 

国東半島(くにさきはんとう)西側にある市です。

映画のロケ地になったりする昭和の町や日本夕日百選にもなっている真玉海岸しんぎょくじゃないよまたまだよ)などが有名です。

 

豊後高田市というかこの国東半島は仏教が盛んで数多くの神社仏閣があります。

だからこそ九州最古の木造建築があるんですね〜。

 

目的地は内陸部なんですが、せっかくなんで海沿いを観光しながら向かうことにしました。

 

f:id:dwrwr:20200227190123j:image

 

まず来たのが粟嶋社

一寸法師由来の地だそうです。

 

f:id:dwrwr:20200227190320j:image

 

景色は良いんですが、曇り空のうえ海沿いなんでめちゃくちゃ寒いです!!

 

寒すぎたんで思わずホットコーヒーを買いに自販機に走ります。

f:id:dwrwr:20200227223833j:image

f:id:dwrwr:20200227224124j:image

oh・・

 

仕方なく諦め神社の方に向かいます。

 

f:id:dwrwr:20200228125229j:image

左に見える鳥居をくぐると断崖に立つ神社が見えてきました!

 

f:id:dwrwr:20200228125426j:image
f:id:dwrwr:20200228125431j:image

 

宮崎の鵜戸神宮に少し似てます。

と言いつつそれが伝わる写真がなかった💦

でもすぐ海だし崖なんですよ

f:id:dwrwr:20200302161846j:image

もうこんな感じです。

 

f:id:dwrwr:20200302162155j:image

この穴なんか凄いですね

何か逸話がありそうです。

 

f:id:dwrwr:20200302162537j:image

ていうかこれ自然の穴なんですかね

少し造りものくさい気も・・

 

f:id:dwrwr:20200302163106j:image
f:id:dwrwr:20200302163110j:image 

ここには願い石(100円だったかな?)というのがありハート型の叶え岩に向かって石を投げ入ると願いが叶うとのこと。

 

f:id:dwrwr:20200302164557j:image

 

おそらくあれが叶え岩かと。

ますます鵜戸神宮っぽいです。

 

投げた結果はあえて伏せときます。

チクショー

 

粟嶋社を後にし次に立ち寄ったのは長崎鼻

長崎鼻って鹿児島にもあった気がします。

長崎県は関係ないようで、国東半島の四季折々の花が見られるんですがこの時期は全くです笑

もう少ししたら菜の花が咲くのかなー

夏の向日葵とか秋のコスモスはすごいみたいです。

 

f:id:dwrwr:20200302184838j:image
f:id:dwrwr:20200302184844j:image

 

せっかくなんで海をみたり。

天気が良い日は山口県が見えるらしいです。

この日は残念ながら見えず・・

 

f:id:dwrwr:20200302200037j:image
f:id:dwrwr:20200302200041j:image

 

海まで徒歩1分好立地のマンションを発見しました!

住人は不在のようです。

もしくは引きこもってるかですね笑

 

長崎鼻の後更に海沿いに進みました。

 

f:id:dwrwr:20200302200744j:image

 

道の駅でタコの像見ながらタコ焼きを食べて満足して帰ろうかなーと思ってると・・

目的地に行ってないことを思い出しました。

ずっと海沿い居ましたからね笑

 

ここから一気に山道に入り目的地を目指します。

しばらく山道を進むと目的地に到着しました。

f:id:dwrwr:20200302210139j:image

さあて冒頭で話した目的地です!

 

f:id:dwrwr:20200302210253j:image

富貴寺(ふきじ)といいます。

入り口から雰囲気を感じます。

 

f:id:dwrwr:20200302210558j:image
f:id:dwrwr:20200302210554j:image

バツ丸みたいなカラス赤鬼の女の子みたいな謎すぎるオブジェを発見。

 

f:id:dwrwr:20200302210809p:image

 

ボーっといきてんじゃねーよ!!!

の文字が・・

誰に対して?何故?

疑問が止まりませんが考えたところで分からんですね笑

 

f:id:dwrwr:20200302211143j:image

それではこちらの門から入ります。

入って右の受付で入場券を購入し、ふと左を見ると

f:id:dwrwr:20200302211410j:image

!?

油断してたんでビビりました笑

 

気を取り直してすぐ正面に九州最古の木造建築がありました。

 

f:id:dwrwr:20200302211630j:image

 

富貴寺とは

富貴寺は平安時代に宇佐神宮大宮司の氏寺として開かれた由緒ある寺院です。 中でも阿弥陀堂(いわゆる富貴寺大堂)は、宇治平等院鳳凰堂、平泉中尊寺金色堂と並ぶ日本三阿弥陀堂のひとつに数えられ、現存する九州最古の木造建築物であり、国宝指定されています。 本尊の阿弥陀如来像は970丈にも及ぶ一本の榧の巨木から六郷満山寺院を開基したとされる仁聞菩薩の手によって造られた、と伝えられています。 大堂内には極楽浄土の世界を描いた壁画が施されており、風化が激しいが、極彩色で描かれていたという調査結果から県立歴史博物館に忠実に再現されています。 他にも大堂の周囲には僧侶が修行のときに使用したとされる、梵字が刻みつけられた仁聞石や鎌倉時代の笠塔婆、室町時代の国東塔等があり、かつての富貴寺の繁栄ぶりを偲ぶことができます。

豊後高田市公式観光サイトより 

 

10円玉の平等院鳳凰堂世界遺産の中尊寺金色堂と肩を並べるすごい所なんですね!

 

f:id:dwrwr:20200302212134j:image

 

うーむ歴史を感じますなあ。

 

中は撮影禁止なのでここまでです。

 

f:id:dwrwr:20200302212258j:image

本堂は別にあるのですがなんと300年ぶりの改修工事中・・

タイミングの悪い男です。

 

f:id:dwrwr:20200302212543j:image

 

でも割と仮本堂もご立派です。

国東半島富貴寺以外にも多くの神社仏閣や磨崖仏などあって面白いので興味ある方は一度訪れてみては!

 

 

  

 

粟嶋社 〒872-1107 大分県豊後高田市臼野 https://goo.gl/maps/WtmthUpxMBe5FuUg8

 

長崎鼻 〒872-1207 大分県豊後高田市 0978-54-2237 https://goo.gl/maps/yU9ozShJAWLjXrEG7

 

道の駅 くにみ 〒872-1401 大分県国東市国見町伊美4252−1 0978-89-7117 https://goo.gl/maps/4CDD5e6MrsFgycQs9

 

富貴寺 〒879-0841 大分県豊後高田市田染蕗2395 0978-26-3189 https://goo.gl/maps/35yqjwQQ9h8PnDry8

 

ランキング参加してますので良ければクリックお願いします!! ↓↓↓↓↓ 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 九州情報へ
にほんブログ村

 

『宇佐市』相撲の神様!双葉山について学べる双葉の里!

f:id:dwrwr:20200218230707p:image

今回は久々の大分県!

宇佐と言えばブログ初期の宇佐のマチュピチュ以来です!

 

宇佐はある有名なお相撲さんの出身地です!

その人の四股名は双葉山!!

聞いたことある人も多くいると思います!

第35代横綱としての実績はもちろんですが、特筆すべきは連勝記録!

 

なんと69連勝!!

 

何てマークの多いブログなんだ・・

 

あの白鵬でさえ63連勝ですからね〜

恐ろしい記録と言えるでしょう!

 

そんな双葉山ですが宇佐出身のため生家宇佐にありそのすぐ近くに目的の双葉の里があります!

 

f:id:dwrwr:20200218231647j:image

 

駐車場も広くてgoodです。

中に入ると従業員らしきマダムが3人いました。

特筆すべきはこの施設、なんと無料なんです!

入って右側がお土産コーナーで左側が展示コーナーです。

まずは展示コーナーから行きます。

 

f:id:dwrwr:20200220124235j:image 

f:id:dwrwr:20200220205005j:image

 

真っ先に目に入るのは双葉山の立派な像!

左手には刀を持っています。

 

f:id:dwrwr:20200220204139j:image

 

格言のような文章と、双葉山の手形。

 

f:id:dwrwr:20200220204305j:image

 

僕の手よりやはり大きいですね(当たり前)

 

f:id:dwrwr:20200220204426j:image
f:id:dwrwr:20200220204429j:image

f:id:dwrwr:20200220204525j:image
f:id:dwrwr:20200220204521j:image

 

その他にも様々な展示物があります。

 

f:id:dwrwr:20200220204705j:image
f:id:dwrwr:20200220204708j:image

 

稀勢の里白鵬といった近年の有名どころの横綱の手形もあります。

皆さん双葉の里に来られたんですかね〜

 

無論全員僕より手が大きかったです笑

 

 

さてここで突然ですがクイズです!!

デデン!!

f:id:dwrwr:20200220205122j:image

 

さあ分かりますか?

正解は・・!!

 

 

 

 

f:id:dwrwr:20200220205238j:image

ちゃんこ=力士の食事を指すんですね〜

なので力士の鍋はどんな鍋でもちゃんこ鍋なんですね!

 

そして僕は元々この答えを知ってました!

学生時代魁クロマティ高校を読んでいた僕に抜かりはありません!(ごく一部の分かる人には分かる)

 

f:id:dwrwr:20200220205728j:image

ということで広くはないが満足の展示コーナーでした!

 

お土産コーナーに戻ると

従業員のマダム達が『タダやけん飲んでき!』

と暖かいお茶をいただきました。

 

これがまた美味しい!

梅昆布茶みたいな味なんですが唐辛子が入ってるみたいです。

 

テーブルに置いてあるお菓子もタダやけん食べ食べと進めてくれます!

 

なんと、素晴らしい施設でしょう。

食べたり飲んだりしたからといってお土産を買わないといけないというプレッシャーもなくとても居心地が良い場所でした。

 

またマダム達の会話が楽しそうで聞いてるだけで和やかな気持ちになります。

 

結局美味しかったので最初に飲んだお茶を購入しましたが・・笑

 

たまたま気になり立ち寄ったスポットでしたが無料の上、雰囲気も良くまた行きたいと思える素晴らしい場所でした。

 

f:id:dwrwr:20200220210416j:image

ちなみに奥の方に見える昔ながらの家が双葉山の生家です。

 

 

 

 

双葉の里 〒879-0152 大分県宇佐市大字下庄269 0978-33-5255 https://goo.gl/maps/SMUDhgpGHbcSZ4f86

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 九州情報へ
にほんブログ村