dwr氏の気まま日記

アラサー会社員の僕が気になった場所や物を気ままに記事にしていくブログです。

『津山市』展示総数約2万点‼︎世界中の珍しい生き物について学べる‼︎つやま自然のふしぎ館

 

f:id:dwrwr:20190501175225p:image

 

つやま自然の不思議館は津山城のすぐ近くにあり、世界中の生き物について学べるとのことでどんなものかと気になったので行ってまいりました‼︎

 

f:id:dwrwr:20190512204005j:image
f:id:dwrwr:20190512203956j:image

 

入口の手前にはいきなり牡蠣の化石が!

うん紛うことなき牡蠣ですね!

 

f:id:dwrwr:20190526192100j:image

中に入るとセントバーナードの剥製がお出迎えしてくれます。

 

f:id:dwrwr:20190526192254j:image

f:id:dwrwr:20190526192705j:image

 

様々な化石がありますがやはり貝類は割とそのまんまですね!

 

f:id:dwrwr:20190526192446j:image
f:id:dwrwr:20190526192441j:image
f:id:dwrwr:20190526192438j:image

 

色んな動物の剥製もあります。

しかし窓の反射が目立ちすぎる💦

申し訳ない・・ 

 

f:id:dwrwr:20190526192631j:image

 

ゴリラの剥製の近くにはゴリラの手形があり自分の手と比べることができます。

まあ予想通りですか相当大きいです。

子供と大人ぐらいの差があります。

 

すぐ近くには恐竜の大きさが分かる表があります。

f:id:dwrwr:20190526193144j:image

チラノザウルス?

ティラノザウルスのことかな?

十分大きいですが高さなら例のΖガンダムの方が大きいですね。(津山のZガンダムは7m

f:id:dwrwr:20190526193444j:image

参考『津山市』Zガンダムとホルモンうどん
https://www.dwrkimama.com/entry/20190427/1556365666

 

f:id:dwrwr:20190526194058j:image
f:id:dwrwr:20190526194103j:image

イヌレッサーパンダの骨なわけですが骨だけみても元の形は全く想像できませんね!

名前を伏せられたらもう同じに見えますもん笑

 

剥製や骨格のゾーンを抜けると貝のゾーンになります。

f:id:dwrwr:20190526194449j:image
f:id:dwrwr:20190526194445j:image
f:id:dwrwr:20190526194442j:image

f:id:dwrwr:20190526195319j:image

尋常じゃないほどの数の貝があります。

改めて見てもホタテは全く現在と同じですね!

中に身が入ってるんじゃないかと思うくらいです。

ホタテ食べたくなってきた笑

 

f:id:dwrwr:20190526194717j:image

 

こうやって見てみると貝名前って語尾がカラで終わるのが多いんですよね。

殻ってことかな?

 

f:id:dwrwr:20190526194834j:image

キイロダカラ!

 

白やん!

 

f:id:dwrwr:20190526194952j:image

クリダカラ!

 

貝やん!(見た目少し栗っぽいけど)

 

f:id:dwrwr:20190526195149j:image

メキシコダカラ!

 

ホントにメキシコか!?(上の貝は和歌山やけど)

 

 

心の中でのしょうもないツッコミが止まりません笑

 

 

f:id:dwrwr:20190526195354j:image

バイか語尾にくる貝もあります。

九州民なら反応しちゃいますね!

 

 

貝のゾーンの後は昆虫の標本ゾーンです。


f:id:dwrwr:20190526195646j:image

これを見て鹿児島のラーメン屋を思い出す僕は末期です笑

 

f:id:dwrwr:20190526195810j:image

 

いやあデカイっすわあ

ホントに無理ですわあ

標本でもキツイすねえ💦

 

二階の方にも大量の剥製があります。

 

f:id:dwrwr:20190526200137j:image
f:id:dwrwr:20190526200133j:image
f:id:dwrwr:20190526200128j:image  

 

 

f:id:dwrwr:20190526200203j:image

このジャイアントイラントはウシ科の動物で雄の体長は290㎝、体重は450㎏〜900㎏と巨大です。剥製もとても大きく迫力のある造りでした!

f:id:dwrwr:20190526200537j:image

それだけに余計に横のライオンの剥製のできが際立ちます笑

 

ジャイアントイラントの右隣にはあのアフリカ象の剥製があります!

f:id:dwrwr:20190526200733j:image
f:id:dwrwr:20190526200728j:image

うん。・・アフリカ象は大きすぎるから丸ごとは無理だからしょうがありませんね。

 

一瞬足王神社リスペクトかと思いました笑

f:id:dwrwr:20190526200839j:image 

参考 『赤磐市』足の神様!足王神社👣

https://www.dwrkimama.com/entry/20190515/1557923885

 

f:id:dwrwr:20190526201920j:image
f:id:dwrwr:20190526201916j:image

f:id:dwrwr:20190526202244j:image

爬虫類メインのコーナーにはいくつものワニの剥製かあります。やはり迫力がすごいですね!

 


f:id:dwrwr:20190526202046j:image

これくらいなら勝てるか?

いややはり無理です💦

 

f:id:dwrwr:20190526202315j:image

海の生物のサイズが色々載ってます。

大王イカはさすがの大きさ!

アオザメは1Zガンダムですね(津山調べ)

 

 

f:id:dwrwr:20190526202607j:image

最後はコレです!!

 

 

f:id:dwrwr:20190526202656j:image
f:id:dwrwr:20190526202653j:image

 

このまるで怪獣映画のような構図!

真ん中から顔を出してるトドが第三勢力といったところでしょうか!

 

思った以上に広くてホントはまだまだ色んな展示があります。

皆さんも津山に行った際は是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか!

 


f:id:dwrwr:20190526203055j:image

可愛さはこのカモノハシが一番でした(*´ω`*)

 

 

つやま自然のふしぎ館 〒708-0022 岡山県津山市山下98−1 0868-22-3518 https://goo.gl/maps/i38ZzTcBSqKtQC168

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

『佐賀市』自販機で食べれる台湾飯!

サービスエリアなどに焼きおにぎりやポテト、ホットドッグなどが売ってる自販機をよく目にしたりしますよね。

 

こういう奴です↓

f:id:dwrwr:20190523193735j:image

 

僕あれ大好きなんですよ(*´ω`*)

言うほど買わないんですけど見るたびに買いたくなる衝動に駆られます。

あの感情は何なんでしょうかね?

 

そして佐賀市某所にて例の自販機と遭遇しました。いつも通りのメニューかなーと見てみたところ。

 

f:id:dwrwr:20190523194006j:image

!?

 

f:id:dwrwr:20190523194118j:image

!?

 

f:id:dwrwr:20190523194143j:image

台湾飯だと!?

こんなメニュー知らない!

 

 

こんなの買うしかないじゃないですか!

衝動買い+ジャケ買いです。

何故か左上と右下にあったので何となく右下のを購入。

 

f:id:dwrwr:20190523194359j:image

待つこと132秒

こちらが出てきました。

開けてみましょう。

 

f:id:dwrwr:20190523200318j:image
f:id:dwrwr:20190523200324j:image

 

味が付いたご飯にそぼろ肉がのってます。付属のスプーンが付いてきたのでそれでいただきます。

 

f:id:dwrwr:20190523200337j:image

 

うん程よくピリ辛で食べやすいです。

これを混ぜたら冷凍食品のビビンバチャーハンのような味になりそうです。

 

f:id:dwrwr:20190523200346j:image

 

量は210gなのであっという間に完食。

たまにはこういうのも良いですね!

定番の焼きおにぎりとか唐揚げも食べたくなってきますね!

 

そう言えばブログで麺類以外取り上げたの初な気が・・笑

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

『佐賀市』佐賀県恵比寿さん巡りの旅

f:id:dwrwr:20190521072103j:image

恵比寿さんと言えば七福神の一員でその中でも唯一日本の神様でもあります。

漁業や商業の神様としても有名ですね。

僕は恵比寿さんを見ると何故だかビールが飲みたくなります。

 

兵庫県の西宮神社や島根県の美保神社等が神社としては有名ですが実は佐賀県佐賀市恵比寿さん像の数が日本一なんです!!

しかもその数800以上!

佐賀市だけでですから驚異的な数です!

 

というわけで今回は佐賀市の佐賀駅近辺をぶらつきながらたまたま遭遇した恵比寿さんを紹介していきたいと思います。

なにせ800以上あるわけですから紹介できるのは極々一部になりますがご了承くださいませ。

 

※恵比寿さん大量注意

 

f:id:dwrwr:20190522200623j:image
f:id:dwrwr:20190522200616j:image

1番 鯛恵比寿 

恵比寿さんと言えば左手に鯛を持って右手に釣竿を持ってるイメージですね!

比較的スタンダードな恵比寿さんでしょうか。

でも、イメージよりは大分スリムですね!

 

f:id:dwrwr:20190522200925j:image

2番 右鯛恵比寿

早速来ましたこちらは鯛を右手に持ってます。

ただそれだけです!

 

f:id:dwrwr:20190522201328j:image
f:id:dwrwr:20190522201323j:image

3番 竿恵比寿

やはり恵比寿さんと言えば釣竿を持ってないとですね!ちゃんと釣り糸まで再現されています。

 

f:id:dwrwr:20190522201504j:image

4番 快復恵比寿

後ろの説明には心温まるエピソードが。

体格的にはこの恵比寿さんが僕の恵比寿さんのイメージに近いです。

 

f:id:dwrwr:20190522202204j:image
f:id:dwrwr:20190522202208j:image

5番 忍者恵比寿

恵比寿さんが忍者だと・・

説明を見る限りスパイ的な感じみたいですね。

 

f:id:dwrwr:20190522202451j:image

6番 唐人恵比寿

唐人二丁目にある恵比寿さん

笑い顔がガチ過ぎて少し怖いですね笑

 


f:id:dwrwr:20190522202851j:image

7番 だっこ恵比寿

子宝、安産のご利益があると言われています。

ハグすると良いそうです。

 

次は、

f:id:dwrwr:20190522203158j:image

後光が差して見えない!(逆光)

 

f:id:dwrwr:20190522203315j:image
f:id:dwrwr:20190522203311j:image

見えました💦

8番 江戸恵比寿

名前の通り1739年建立で江戸時代からあるようですね。

 

 

f:id:dwrwr:20190522203704j:image
f:id:dwrwr:20190522203700j:image

神社を発見しました。

鳩森稲荷神社といいます。

そしてここにももちろん

f:id:dwrwr:20190522203833j:image
f:id:dwrwr:20190522203837j:image

9番 鳩森福多恵比寿

とても良い笑顔です!

 

 

しばらくおみくじしていないと決めていたのに1回50円だったのでついしちゃいました。

f:id:dwrwr:20190522204131j:image

またもや大吉!!

持ってますね^ ^

 

 

 

神社の裏のお墓のような場所にも小さい恵比寿さんの像がありました。

f:id:dwrwr:20190522211444j:image

・・あれ?大黒様じゃね?

 

 

ここから少し駆け足でいきます!

f:id:dwrwr:20190522204441j:image

10番 楽天恵比寿 

f:id:dwrwr:20190522204603j:image
11番 常蔵恵比寿

f:id:dwrwr:20190522204718j:image

12番 ???恵比寿

すいません!名前分かりませんでした💦

でも良い笑顔です!

f:id:dwrwr:20190522204937j:image

?番 鳩二羽

どんなに近づいても全然逃げない鳩です。

 

f:id:dwrwr:20190522205045j:image

13番 そっくり恵比寿

何にそっくりなんや・・

 

f:id:dwrwr:20190522205208j:image

14番 電柱影恵比寿

エピソードはともかく名前でどんな場所にあるのか一発で分かりますね!

 

f:id:dwrwr:20190522205439j:image
f:id:dwrwr:20190522205434j:image

15番 哀歓恵比寿

この恵比寿さんは哀しんでいるのか喜んでいるのか皆さんにはどう見えますか?

 

f:id:dwrwr:20190522205638j:image

16番 ゆめこい恵比寿

これぞ恵比寿さんって感じ!

こころなしか他の恵比寿さんより豪華に見えます!

 

f:id:dwrwr:20190522205804j:image

17番 鯛抱え恵比寿

像自体は小さいですが抱えてる鯛は一番大きいです!

 

f:id:dwrwr:20190522210143j:image

道路に背を向けてるこの恵比寿さんは・・

f:id:dwrwr:20190522210222j:image
f:id:dwrwr:20190522210226j:image

18番 逆向き恵比寿

見た目の通りです。

とてもユニークですね笑

 

長々とお付き合いありがとうございました。

次でラストです!

ラストは!!

 

f:id:dwrwr:20190522210419j:image
f:id:dwrwr:20190522210416j:image

19番 ハンサム恵比寿

名前の通りです。

恵比寿さんにハンサムのイメージがなかったですがこのような恵比寿さんもいるのです。

f:id:dwrwr:20190522210536j:image

うーむハリウッド俳優のようだ!

とてもナイスガイですね!!

 

 

とまあ佐賀駅近辺をぐるーっと回っただけでこれだけの恵比寿さんに出会うことができました。

佐賀市では恵比寿さんが人々の生活に寄り添った存在だと良く分かりました。

なんでもない街角、路地裏に急に恵比寿さんがいたりするのでこの辺りを散策するのも楽しいですよ。

皆さんも佐賀に来た際は是非恵比寿さん巡りをしてみては!

 

参考ハンサム恵比寿

 

ハンサム恵比須 〒840-0826 佐賀県佐賀市県庁前通り1丁目4 https://goo.gl/maps/A1BTxe2mYR9fQCoP7

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 九州情報へ
にほんブログ村

『熊本市』お腹いっぱいつけ麺食べたいなら是非ここへ!

f:id:dwrwr:20190518205839j:image

 

熊本に用事があったので昼につけ麺を食べて来ました!

熊本市南区にある『おんのじ 近見店』さん。

宮城県仙台市発祥のつけ麺専門店で仙台以外で唯一出店しているのが熊本県にあるわけです!

 

つけ麺って好きは好きなんですけど、いかんせん豚骨野郎なもんでしてラーメン屋に行ってつけ麺があっても絶対ラーメンを頼んでしまうんですよね💦

ならばつけ麺専門店に行けば、間違いなくつけ麺を頼めますもんね!

 

券売機で買うシステムです。

初めて来たのでやはり王道の濃厚魚介 節つけ麺850円にします!

ちなみに通常の並が320g、中盛が450g、大盛りが650g、超盛が1kg、そしてオケ盛が2kgです。

に、2キロ!?

 

並の6倍以上じゃないですか💦

誰が食べれるんや・・

 

ちなみに中盛までは並と同じ値段で大盛が+120円、超盛が+220円、オケ盛が+550円です。

 

ガッツリ食べに来たのですが大食いブログではないので大盛にチャレンジです。

しかもランチタイムはライスが無料なためこれも頼みます。

f:id:dwrwr:20190518211818j:image

からあげも行っとくか。

 

f:id:dwrwr:20190518212139j:image

 

待っている間にメニューとかを見直していたらこのようなマスコットキャラクターみたいなイラストが・・

中々パンチの効いたイラストですね。

 

f:id:dwrwr:20190518215642j:image

そうこう思ってる間に到着しました!

やっぱり多い!

ライスとからあげは頼まない方が良かったかな・・

 

つけ麺は冷たいのと温かいのが選べますが今回なんとなく温かい方にしました。

 

味の方は良い感じです!

濃厚な魚介豚骨の汁は麺に良く絡みどんどん進みます!

 

ひたすら麺をすするので味に飽きてきそうになったら麺用ラー油等の調味料とかもあるので飽きることなく食べれます。

 

だけどやっぱり多い!

 

そしてやはりライスとからあげがジワジワ効いてきます・・

 

ライスとからあげを先に片付け後は麺と一対一です。

 

f:id:dwrwr:20190518215650j:image

 

最後は気合いで完食しました!!

しかしご飯とからあげがあったとはいえ大盛でこれですからねー

超盛ましてやオケ盛はとんでもないですね!

 

ちょっと食べすぎましたが味も胃袋も大満足です!

このお店ですが毎月24日は節の日でつけ麺いっぱい500円だそうです!

また行きたいと思います!

次回超盛行ってみるかー・・

 

 

つけ麺おんのじ熊本近見店 〒861-4101 熊本県熊本市南区近見7丁目4−6 096-324-2822 https://goo.gl/maps/msG2NwnuGGNWHKi18

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

『赤磐市』足の神様!足王神社👣

f:id:dwrwr:20190514233406j:image

岡山県赤磐市は岡山県中部にあり岡山市に隣接しているので岡山市のベッドタウンとしての側面もあります。

 

そんな赤磐市足の神様がいる神社があるとのことで参拝して来ました。

その名も足王神社!

神様なら足神神社の方が良いような気もします(^^;;

 

f:id:dwrwr:20190514235118j:image

 

細い道をしばらく進むと見えてきました。

鳥居の横に何か見えますね。

 

f:id:dwrwr:20190514235520j:image

 

本来狛犬がある位置に足があります!

これがこの神社の特徴!足形です!

 

f:id:dwrwr:20190514235705j:image

 

ちゃんと両足あります!!

 


f:id:dwrwr:20190514235755j:image

 

ていうか狛犬は狛犬でちゃんといました笑

この神社は足名椎命(あしなづちのみこと)手名椎命(てなづちのみこと)が祭神で足王様と呼ばれ信仰されてきました。

主に足の健康にご利益があるとされています。

一応手も大丈夫みたいですが、あの足形を見たらやはり足の健康を祈っていきたいですね!

 

f:id:dwrwr:20190515000711j:image
f:id:dwrwr:20190515000708j:image

f:id:dwrwr:20190515000742j:image

 

鳥居をくぐり階段を上ると社がありました。

こちらは『鎌殿』

病を断ち切るとの意味で大量の鎌が奉納されています。

f:id:dwrwr:20190515001136j:image

鎖鎌でもいいんでしょうかね・・

 

f:id:dwrwr:20190515001303j:image

 

ほうほう本殿はこの裏にあるようです。

 

f:id:dwrwr:20190515001447j:image

 

建物の裏に回っても本殿らしきものは無く・・

 

f:id:dwrwr:20190515001540j:image

 

ベンチが本殿じゃないよな・・?

 

しばらく考えてみると鎌殿の裏の階段を登った所にあるのをようやく発見。 

f:id:dwrwr:20190515001750j:image

写真はホームページより引用

 

2、3分鎌殿の周りをグルグル回った自分の視野の狭さを反省💦

 

f:id:dwrwr:20190515001923j:image
f:id:dwrwr:20190515001929j:image
f:id:dwrwr:20190515001926j:image

 

こちらが本殿です。

普通にキレイで割と新しめの建物に見えました。

 

せっかく来たんで足の健康についてお願いしたかったんですが参拝した時点では足のコンディション抜群でしたのであまりお願いできず・・

 

時系列的にはトンカラリン潜入や宝満山登ったのはこの後ですので足がダメージを受け出すのはもう少し先の話し・・

 

参考トンカラリン

https://www.dwrkimama.com/entry/20190506/1557097919

参考宝満山

https://www.dwrkimama.com/entry/20190503/1556854146

 

 

足王神社 〒709-0826 岡山県赤磐市和田519 https://goo.gl/maps/LxXYMrquU3U3F16EA

 

 

 

『高梁市』石の風ぐるま再び!ぼっけーええでー

以前熊本県山鹿市で石のかざぐるまを見に一本松公園という所に行きました。

 

参考『山鹿市』石のかざぐるま!!一本松公園

https://www.dwrkimama.com/entry/20190407/1554609224

 

その時に

f:id:dwrwr:20190512212719j:image

 

このような看板を見ました。

そしてそこに載ってた岡山県高梁市有漢町に行って参りました!

実際に比較して見たかったんで笑

 

着いたのが17時過ぎだったので入口が閉められていないか不安でしたが、問題なく入れました。

それどころか時間が時間だったのでバイクのお兄さん1人しかおらずゆっくり見る事ができました☺️

 

f:id:dwrwr:20190512205247j:image

 

おお!


f:id:dwrwr:20190512205252j:image

 

おおお!!

 

それにしても数が多い!

熊本のだと3つだったので同じくらいかと思ってたらそれ以上にあったので驚きです!!

 

f:id:dwrwr:20190512205457j:image
f:id:dwrwr:20190512205508j:image
f:id:dwrwr:20190512205454j:image

 

形もいろんなパターンがあり石のかざぐるまが回っている光景はやはり不思議です!

 

f:id:dwrwr:20190512205643j:image
f:id:dwrwr:20190512205639j:image
f:id:dwrwr:20190512205632j:image

 

いやー見てるだけで飽きません!

熊本の皆さんごめんなさい。

正直こっちの方が・・スゴイです・・

あくまで個人的見解ですが💦

 

f:id:dwrwr:20190512210007j:image
f:id:dwrwr:20190512210014j:image
f:id:dwrwr:20190512210010j:image

 

時間を忘れて見てしまいました。

本当に自分以外いなかったもんですから

 

f:id:dwrwr:20190512210310j:image

ここにも例の看板がありました!

こうなると大正町のかざぐるまも見ないと行けませんね!

しかし高知の四万十は遠い💦

いつか行きます💦

 

f:id:dwrwr:20190512210549j:image

 

ぼっけーよかったっす!!

 

f:id:dwrwr:20190512210640j:image

 

同じ敷地内にいかにも後から建てられた感の怪しい城を発見。

 

f:id:dwrwr:20190512210817j:image

 

実際に近くにお城はあったようです。

 

f:id:dwrwr:20190512211228j:image
f:id:dwrwr:20190512211220j:image
f:id:dwrwr:20190512211225j:image

 

調べてみるとここは城型展望台・レストハウスで『風と化石の館』という博物館も入ってるみたいです。この時間はもうやっておらず。

展望台からの景色はさぞ良いでしょうね!

 

 

 

f:id:dwrwr:20190512211621j:image

うーんそれにしても

どことなく漂うストーンヘンジ感。

 

 

うかん常山公園 〒716-1321 岡山県高梁市有漢町有漢4882−1 0866-57-3322 https://goo.gl/maps/qFpCfkH6BWUHLoV16

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

『筑前町』日本一古い神社!!大己貴神社に行ってみた!あと古墳も。

f:id:dwrwr:20190509220901j:image

 

福岡県筑前町にある日本最古と言われる神社に行って来ました!

 

目的地に行く前にまずは腹ごしらえです!

f:id:dwrwr:20190508233506j:image

 

立ち寄ったのは同じ筑前町にある『博多まんまる』さん。

 

f:id:dwrwr:20190508233627j:image

 

無料の付け合わせの種類が豊富なのは良いですよね。

この手のもやし好きなんですよね( ´ ▽ ` )

 

f:id:dwrwr:20190508233806j:image

 

スープはあっさりめかな味はしっかりしてます。濃味も別メニューであります!

博多ラーメンと言うからにはやっぱり細めの固めが好きなんで僕好みのラーメンでした!

 

 

では本題に。

 

f:id:dwrwr:20190509002753j:image

 

訪れたのは大乙貴神社(おおなむちじんじゃ)

です。道路を挟んで駐車場があるので車でも来やすい所です。

 

f:id:dwrwr:20190509003320j:image
f:id:dwrwr:20190509003323j:image

 

鳥居も立派です。

それでは入っていきます。

 

f:id:dwrwr:20190509004033j:image

 

このお宮は神功皇后の伝承地で、皇后が大陸(新羅)との戦の時、兵を集めるために社を建て祈願したとのこと。

このときの社が大乙貴神社とされていて日本で最も古い神社と言われています。

 

現在の社殿、拝殿は江戸時代末期から明治初期の建物みたいです。

 

というか福岡に日本一古い神社があったことが驚きです!

 

f:id:dwrwr:20190509004848j:image

 

真ん中の太鼓橋は渡らないでとあったので避けましたが、そう書かれると渡りたくなりますね

 

f:id:dwrwr:20190509005139j:image
f:id:dwrwr:20190509005142j:image

 

境内はとても静かな雰囲気。

タイミングが良かったのか僕以外誰もおらず。

 

f:id:dwrwr:20190509005505j:image
f:id:dwrwr:20190509005457j:image
f:id:dwrwr:20190509005502j:image

 

そんなに広い神社ではないですが、何というか厳かな雰囲気も感じます。

石柱に上が竹になってるのは鳥居と同じ役割なんでしょうかね?

 

f:id:dwrwr:20190509204736j:image
f:id:dwrwr:20190509204749j:image

 

奥の方にも何か祀られているようですがお供えがお酒ばかり。

お酒の神様かな?

 

 

この神社で祀られている大己貴神(おおなむちのかみ)大国主神(おおくにぬしのかみ)と同じです。大国主神はあの出雲大社大神神社の祭神でもあります。

出雲大社といえば縁結びの神様として有名ですが大国主神は他にも様々なご利益があります。

・縁結び

・金運

・夫婦和合

・子授

・医療

・五穀豊穣

・家内安全

・養蚕

・産業開発

・商業

・交通安全 etc‥

 

最強じゃないですか‼︎

 

そうと決まればコレです。

f:id:dwrwr:20190509211518j:image

 

いつぞやの竈門神社のリベンジですね。

結果は‼︎

 

f:id:dwrwr:20190509211607j:image

 

出ました‼︎大吉です‼︎

マジで何度も引いたりしてませんからね‼︎

もちろん1回で出ました。

もう当分おみくじしません(^^)

 

f:id:dwrwr:20190509211914j:image
f:id:dwrwr:20190509211856j:image
f:id:dwrwr:20190509211921j:image

 

福岡にこんな神社があるとは知りませんでしたが行って良かったです。

 

 

大己貴神社の向かい駐車場の所に歴史の里公園というのがあります。

大国主神にちなみ神話にちなんだイメージで遊具が設置してあります。

 

 

f:id:dwrwr:20190509212619j:image
f:id:dwrwr:20190509212615j:image
f:id:dwrwr:20190509212636j:image

 

ふむふむ

 

f:id:dwrwr:20190509212854j:image

 

 

5番の木の国繁みのトンネル。

今の僕にはこの手のはトンカラリンにしか見えません。

参考

『東広島市』〇〇スペシャル‼︎dwr探検シリーズ 安芸津町にある謎の遺構トンカラリンに潜入‼︎

https://www.dwrkimama.com/entry/20190506/1557097919

 

 

神社の後は古墳に行きました。

同じ筑前町にある『仙道古墳』にやってきました。

f:id:dwrwr:20190509213722j:image

 

 

遠目に見ても古墳って感じがして良いですね‼︎

 

f:id:dwrwr:20190509213919j:image
f:id:dwrwr:20190509213903j:image
f:id:dwrwr:20190509213933j:image

f:id:dwrwr:20190509214107j:image

 

良い感じですがドアが現代感を醸し出してます。

 

 

f:id:dwrwr:20190509214309j:image
f:id:dwrwr:20190509214351j:image
f:id:dwrwr:20190509214430j:image

f:id:dwrwr:20190509214502j:image

 

埴輪も色々あり中々僕好みの雰囲気です。

 

f:id:dwrwr:20190509214800j:image

またこの古墳ですが廻りがゲートボール場になっていてこの日もお年寄りたちがゲートボールを楽しんでいました。和みポイント+1です。

 

最後の締めくくりは個人的ベストショットで締めたいと思います。

 

f:id:dwrwr:20190509214924j:image

 

ベストショット!

ゲートボールだけにね。

 

 

大己貴神社 〒838-0811 福岡県朝倉郡筑前町弥永697−3 0946-24-5805 https://goo.gl/maps/PJyFMmMqU2w3csKg6

 

仙道古墳 〒838-0802 福岡県朝倉郡筑前町久光102 https://goo.gl/maps/jfctSLY63XUTAiB97

 

博多まんまる 〒838-0226 福岡県朝倉郡筑前町中牟田892−6 0946-42-0566 https://goo.gl/maps/Y5vkhtKUCp7YAJgn7

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 九州情報へ
にほんブログ村

『東広島市』◯◯スペシャル‼︎dwr探検シリーズ 安芸津町にある謎の遺構トンカラリンに潜入‼︎

f:id:dwrwr:20190501142047j:image

 

○○スペシャル!!

この番組やってた頃まだ生まれてないんですけどね💦

 

今回は探検シリーズということで広島県東広島市にある謎の遺構『トンカラリン』について調査してきました!

熊本県にもトンカラリンなる遺構があるのはテレビで観て知ってたんですけどまさか広島にもあるとは・・

 

熊本のもいずれ行きたいとは思いますが、まずは広島のトンカラリンから挑戦していきます!

 

さてこの日は前日から広島入りしていたので朝早くから現場に向かいます。

グーグルでトンカラリンと調べると出てきましたのでその場所に向かいます。

 

f:id:dwrwr:20190506045635j:image

 

奥地にあると思ったんですが割と海近くの住宅地の中にあるようです。

 

これで探検と言えるのかと思いながらも現場に向かいます。

近くを車で通っても場所が分からず駐車場もないため丘の上にある正福寺山公園に車を停めます。

 


f:id:dwrwr:20190506032718j:image

f:id:dwrwr:20190506032932j:image

 

中々風光明媚な所です。

 

f:id:dwrwr:20190506032838j:image

 

皆さんもここでバーベキューしちゃダメですよ。

ここからお寺や墓地を横切りながら下まで降りていきます。

 

f:id:dwrwr:20190506033051j:image
f:id:dwrwr:20190506033043j:image
f:id:dwrwr:20190506033048j:image

 

ない!

どこにもない!

向かいのホームや路地裏の窓も見たけどない!

こんなところにあるはずなのに!?

 

 

おのれグーグル・・

そんなことを思い始めたとき冷静になって考えてみると

トンカラリンに住所なんかあるはずがないんですよね。グーグルマップで示されていたのは東広島市安芸津町三津の代表地点だと思われます💦

グーグルさんすいません💦

 

気を取り直して再度場所を調べその付近に向かいます。

f:id:dwrwr:20190506034941j:image

ようやく看板を発見!

今度こそ間違いないようです!

 

f:id:dwrwr:20190506035502j:image

 

それらしい入口が見えてきました。

車で行けるとの情報もありましたが嫌な予感しかしないので、ここからは徒歩で進みます。

 

f:id:dwrwr:20190506035706j:image
f:id:dwrwr:20190506035701j:image
f:id:dwrwr:20190506035657j:image

f:id:dwrwr:20190506044719j:image

 

どんどん奥深くに入っていきます。

 

f:id:dwrwr:20190506035854j:image

 

動物捕獲用の檻のようなものが・・

この辺りにはイノシシの類などがいるのだろうか?

隊全体(計1名)に緊張が走った。

 

それからほどなくして

 

f:id:dwrwr:20190506040710j:image
f:id:dwrwr:20190506040703j:image

 

到着しました!!

ではご覧いただきましょう!

 

 

 

f:id:dwrwr:20190506040853j:image
f:id:dwrwr:20190506040844j:image

 

アレ?

なんか小さくない?

 

洞窟を想像していたのでかなり大きい入口だと思っていました💦

看板を見返すと入口は幅60センチ高さが75センチとのこと。長さも18メートル程度しかないんですよね〜

 

少し拍子抜けもしましたが逆に入口が小さいのが想定外。中も狭いので通り抜けられるのか少々不安に。

f:id:dwrwr:20190506041653j:image

しかし、ヘッドライトまで用意した以上引き下がれません!

服なんか汚れてもいい!潜入することに!

 

f:id:dwrwr:20190506041810j:image
f:id:dwrwr:20190506041806j:image

 

以外にもほふく前進までしなくても進めちゃいました。四つん這いでギリギリ膝をつかない体制で進みます。

 

f:id:dwrwr:20190506042117j:image

 

あっという間に出口の井戸下に到着!

 

f:id:dwrwr:20190506042252j:image
f:id:dwrwr:20190506042256j:image

 

出口側から入口側が見えますね!

後は出口の井戸から出るだけです!

が・・!

 

f:id:dwrwr:20190506042458j:image
f:id:dwrwr:20190506042502j:image

 

写真じゃ分かりにくいんですけど蜘蛛の巣があるんですよ!

出口にトラップとは・・さすがトンカラリン!タダでは終わらない・・

 

来た道を引き返すか迷いました。

ですが入口から来たら出口から出たいですよね!

僕の決断は一択でした!

人間には知恵がある!下に落ちている木の枝を掴み蜘蛛の巣を払い、出口へ手を伸ばしました!

f:id:dwrwr:20190506042924j:image

 

広島のトンカラリン!攻略!

 

 

f:id:dwrwr:20190506043023j:image

 

トンカラリン自体は短いんですけどプチ冒険気分を味わえる面白いスポットだと思います!

 

また男の僕でも四つん這いで通れたのでよっぽどがっしり体型の人じゃない限り通ることはできると思いますよ!

井戸から上に上がるのは少々大変ですが・・

 

トンカラリン付近の場所は下記に載せています。

以上です!!

 

 

 

指定した地点 〒739-2402 広島県東広島市安芸津町三津684−3付近 https://goo.gl/maps/WkAZe2aey5ri4wyT7

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

『太宰府市』dwr的 宝満山登山のススメ

f:id:dwrwr:20190502183646j:image

 

今回は令和記念に宝満山に登ってきました!

宝満山(ほうまんざん)太宰府市筑紫野市にまたがる山です。

別名御笠山もしくは竈門山と言います。

標高は829mなので1時間〜2時間ほどで登ることができ、子供から大人まで登れる山です。

なんと九州でも最も登山者が多い山と言われています。

 

古代大宰府からの距離も近く古くから信仰の対象とされてきた霊峰でもあります。

そんな宝満山を登山する際の僕的おすすめプランを今回紹介したいと思います。

 

ステップ①

まずはコンビニに行きます。

コンビニでは水分と食料を購入します。(自宅から用意しても可)

僕は今回かしわオニギリとおかかオニギリを購入。

水分はスポーツドリンク900mlとお茶600ml水500mlの計2Lという強力布陣。

靴は昔履いてたブーツ調の靴があったのでそれで臨みます。

 

そしてコンビニの駐車場からこれから登る宝満山を望みます。

f:id:dwrwr:20190502223633j:image

天気はまずまず、これから登ったるけんなと睨みつけます。

 

ステップ②

車で駐車場に向かいます。

宝満山登山口には竈門神社(かまどじんじゃ)という縁結びで有名な神社があります。

そこに駐車場がありますので車を停めて登山するわけです。

竈門神社で登山の無事を祈り参拝するのが僕のプランです。

 

しかし人がムチャムチャ多く駐車場に停められず💦

 

f:id:dwrwr:20190502235030j:image

 

仕方ないのでもう少し上にある鳥飼駐車場に停めることに。

受付のマダムに400円を払い駐車。

プランは多少狂いましたがこのまま登ります。

 

ステップ③

登ります。

ひたすら登るだけです。

f:id:dwrwr:20190502235213j:image
f:id:dwrwr:20190502235206j:image

この宝満山ですが僕は過去2回登頂しています。

最初は高校生の時、次が5年程前です。

そうなると段々年取ってくるにつれて登れるか不安になってくるんですよねー

やっぱり20代半ばとは違うだろうし・・

ですが決めたからには登ります‼︎

f:id:dwrwr:20190502235305j:image

前半は好調に登っていきます。

天気は良いですが、ここしばらくは天気が悪かったため地面は相当ぬかるんでいます。

 

ていうか連休中だけあって登山者が無茶苦茶多いです。

f:id:dwrwr:20190502235309j:image

3合目過ぎ辺りで早くもキツくなってきました💦

年は取りたくないものです。

水分買い過ぎたのも原因かも笑

朝食べたカップ麺が逆流してきそうです・・

 

しかしその後も騙し騙し登って行くと、何故か7合目付近で体が慣れてきたのか平気になってきました‼︎

行けるやん‼︎そう思いペースを上げます‼︎

ベコッと音がした気がしましたが気にせず登ります‼︎

 

f:id:dwrwr:20190503003020j:image

そして‼︎

f:id:dwrwr:20190503003049j:image
f:id:dwrwr:20190503003057j:image
f:id:dwrwr:20190503003043j:image

 

山頂に到着しました‼︎

少し霞んでいますが良い天気です‼︎

 

時間は鳥飼駐車場から1時間と5分‼︎

アラサーだとしてもまだまだ行けるな笑

f:id:dwrwr:20190503003157j:image
f:id:dwrwr:20190503003204j:image

久しぶりに登山しましたがやっぱり良いですね‼︎

1時間ちょっとでこの達成感を得られることって中々ないですよ‼︎

f:id:dwrwr:20190502224020j:image

ちなみに山頂には最初触れた竈門神社の上宮があります。

f:id:dwrwr:20190502230350j:image
f:id:dwrwr:20190502230358j:image

んふふ

山頂の岩の上で例のオニギリとお茶をいただきます。

山頂で食べると何故か普段より美味しく感じますよね‼︎

 

あぐらかいて座ってると登る途中の音の正体が判明。

f:id:dwrwr:20190502230523j:image
f:id:dwrwr:20190502230519j:image

 

もうベリッといってますね・・

いつの間に・・

f:id:dwrwr:20190503003131j:image

気にはなりますがもうしょうがないのでこのまま下山します。

 

 

ステップ④

下山。

ひたすら下りるだけです。

 

 

順調に行くかと思いましたが9合目付近で悲劇が起こりました・・

降りている途中でベゴっと音がしました・・

これはやった・・

下を見ると靴底が落ちていました。

不法投棄するわけにもいかないので靴底を回収。

 

f:id:dwrwr:20190503003519p:image

f:id:dwrwr:20190503003547p:image

 

しかしぬかるみを歩いた影響で靴底濡れているので鞄にしまうわけにはいかず手に持って下山することに。

 

9合目にして片方の靴底を持ちながら下山するはめに・・

下山中にも新たに登ってくる人とすれ違います。

なるべく靴底に気づかれないように挨拶しながら進みます。

 

f:id:dwrwr:20190503003653p:image

左足は靴底がないためただの厚めの布に覆われているだけの状態。

石や岩も怖いが何より怖いのがぬかるみです・・

 

少しでもぬかるみを避けながら進みますがどうしても避けれないところで滑っていまい、転びはしませんでしたが大の字で着地‼︎

登り中のオジさんコッチを見て一瞬(´⊙ω⊙`)こんな表情。

確実に見られました。なんやこいつって思われたでしょう💦

 

そんな状態でもなんとか麓付近までたどり着きました。

左足はすでにグチョグチョです‥

しかしすれ違う人にはバレないよう隠してきたのでさっきのオジさん以外にはバレていないはずです。

もう出口というところで前を歩いていたマダムを追い抜いたら「靴の後ろ剥がれてますよ‼︎」と言われました。

 

なにい⁉︎

なんと取れた靴底と別の部分がずーっと剥がれる寸前の状態ではみ出しながらはためいていたのです‼︎

後ろは警戒してなかった‼︎

 

ということは下山中に僕が追い抜いた人達からはずっと丸見えだったわけです笑

まあここまできて気にしてもしょうがないんで仕方なく下山。

 

ステップ⑤

竈門神社で参拝。

宝満山まで行くなら必ず竈門神社は参拝しましょう。

僕も下山後すぐ向かいました(あの靴で)

f:id:dwrwr:20190502233044j:image
f:id:dwrwr:20190502233119j:image
f:id:dwrwr:20190503121456p:image

 

昔はこんなガラス張りのオシャレな建物とかもなかったんですけどね

f:id:dwrwr:20190502233227j:image

せっかくなのでおみくじをしてみます。

f:id:dwrwr:20190502233241j:image

小吉。リアクションは取りづらいですかね💦

うん悪くはないですね。

 

最終ステップ

温泉へGO

 

登山後の疲れた身体を癒すには温泉が1番です。

温泉もいろいろあるでしょうが今回のプランの場合に行く温泉は一択です。


f:id:dwrwr:20190503121423p:image

f:id:dwrwr:20190503121438p:image

訪れたのは筑紫野市にある。【天拝の郷】さんです。

食事等もできるんですが食事は山頂で済ましているのでお風呂だけです。

 

 

なぜこの温泉なのか。

それは露天風呂に理由があります。

なんとこの天拝の湯。露天風呂から宝満山が見えるんです‼︎

f:id:dwrwr:20190502234604j:image

※画像は天拝の郷ホームページから引用

 

近すぎても実感がありません。

露天風呂から遠目にさっきあの山登ったんやなあと思いながらお風呂に浸かります。

 

これが乙なんですよ‼︎

汗も疲れも流れて行きます。

 

風呂上がりはもちろんビール‼︎と言いたいですが車ですのでコレ‼︎

f:id:dwrwr:20190502234448p:image

たまに飲むとまた美味しいんですよね‼︎

 

以上が宝満山のオススメ登山プランになります‼︎

皆さんも是非このコースで登山してみては‼︎

 

ただし靴だけは登る前にチェックしてください笑

 

 

鳥飼有料駐車場 〒818-0115 福岡県太宰府市内山 https://goo.gl/maps/6CvqcuZ2CYnUdGJMA

 

竈門神社 本殿 〒818-0115 福岡県太宰府市内山883 092-922-4106 https://goo.gl/maps/zD2bdiEXdwhbKHDq7

 

筑紫野 天拝の郷 〒818-0053 福岡県筑紫野市天拝坂2丁目4−3 092-918-5111 https://maps.google.com?q=%E3%80%92818-0053%20%E7%A6%8F%E5%B2%A1%E7%9C%8C%E7%AD%91%E7%B4%AB%E9%87%8E%E5%B8%82%E5%A4%A9%E6%8B%9D%E5%9D%82%EF%BC%92%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%94%E2%88%92%EF%BC%93%20%E7%AD%91%E7%B4%AB%E9%87%8E%20%E5%A4%A9%E6%8B%9D%E3%81%AE%E9%83%B7&ftid=0x35419994066d653b:0xd5fcd345e8a30f8f&hl=ja-JP&gl=jp

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 九州情報へ
にほんブログ村

『春日市』白水地域をぶらり。謎の地名【ヒシャテガ】とはなんぞや?

f:id:dwrwr:20190501133632j:image

 

春日市は福岡市の南側と隣接しており、福岡中心部まで10km以内という立地のためベットタウンとしての側面があります。

人口は11万人を超えておりこれは福岡県内でも6番目に多いわけです。

僕は春日市在住じゃないですけど、福岡市内にはすぐ遊びに行けるし街過ぎないところが落ち着くので春日市とか大野城市辺りが福岡で1番住みやすいと個人的には思ってます。

 

f:id:dwrwr:20190501170517j:image

 

そんな春日市に白水大池公園という場所があります。

これしろみずでもはくすいでもありません。しろうずと読むんですねー珍しいですよね。

白水大池公園筑前三代大池の一つに数えられる白水大池の周りに整備された総合公園で、展望台やアスレチック、魚に餌をあげたり花見もできたりとなんでもできる公園です。

 

ですが僕はもちろんこんなメジャー所には行きません笑

今回はこの周辺の白水地域をブラブラしながら謎の池の調査を行いました。

 

f:id:dwrwr:20190501150522j:image

f:id:dwrwr:20190501151013j:image

 

まず行ったのはウトグチ瓦窯跡及び展示館

春日市は古代の古墳や史跡も多く残されておりこのウトグチ瓦窯跡は九州でも最も古い窯跡です。

 

f:id:dwrwr:20190501150934j:image
f:id:dwrwr:20190501150945j:image
f:id:dwrwr:20190501150951j:image

f:id:dwrwr:20190501151113j:image

 

壁には当時の様子を思わせれる様な絵もありました。

 

f:id:dwrwr:20190501164510p:image

 

 

まあね。

遠目にもチェーンが見えたんで何となく分かってましたよ・・

 

【休館日】

月曜日、祝日(月曜の場合はその翌日)、第3火曜日、12月28日〜1月4日

 

皆さんは休館日をしっかりチェックして下さいね。

開館時間しか気にしていないと僕みたいになりますよ。

 

 

f:id:dwrwr:20190501152206j:image

f:id:dwrwr:20190501152702j:image

次に立ち寄ったのはコチラの古墳です。

観音山古墳群中原I群36号墳と言います。

うーん名前が長いですねえ。

 

f:id:dwrwr:20190501152744j:image

f:id:dwrwr:20190501152738j:image

 

f:id:dwrwr:20190501152831j:image
f:id:dwrwr:20190501152840j:image
f:id:dwrwr:20190501152820j:image

 

石室は入ることはできませんが入り口をしっかり確認できます‼︎

唯一気になるのは空のペットボトルやお菓子の袋が結構捨てられてました。

けしからんですな‼︎

 

あとここは春日市ではなくギリギリ横の那珂川市になります。

 

 

最後に来たのが問題の場所ヒシャテガ浦池になります。

 

f:id:dwrwr:20190501164651j:image

 

グーグルにもハッキリ名前載ってるんですが、ネットでどんなに調べても由来含めそれ以外の情報が一切分かりませんでした。池も住宅地に囲まれているので中々概要が分かりません。

 

f:id:dwrwr:20190501153835j:image
f:id:dwrwr:20190501153842j:image

 

クソカメラマンの僕だとこんな写真ばかり・・

池の横に公民館がありましたので行ってみました。

 

f:id:dwrwr:20190501154053j:image

 

それでもコレが限界でした💦

 

f:id:dwrwr:20190501154141j:image

 

公民館には5月の子まっくろくろすけがいました。

中々に年季が入ってますね💦

 

とまあ池を一周しましたがヒシャテガについては一切分かりませんでした・・

しかしココで終わったら自称福岡情報発信ブログ?としてのメンツが・・

 

f:id:dwrwr:20190501181724j:image

というわけで春日市民図書館にやってきました。

今回はガチです!

郷土コーナーで春日市史の上中下巻や春日風土記などを読み漁りました。

 

 

その結果‼︎

今回の調査で私は・・

 

 

f:id:dwrwr:20190501164824j:image

なんの成果も‼︎得られませんでした‼︎

ただいたずらに時間を消費し・・・‼︎ヒシャテガの由来を・・・‼︎

突きとめることができませんでした‼︎

 

 

すいませんふざけ過ぎました💦

ですが地名の由来はどの本にも載っていませんでした。

 

 

考察というか分かった部分としてはヒシャテガ浦池はいわゆる溜池です。

そして風土記や市史で出てくるヒシャテガ【ヒシヤテガ】と表記されていました。

どの表記をみてもヒシヤテガでした。が大きいんですよね。

 

ここからは僕の個人的な考察ですがヒシという溜池や沼などに多く生息する水草があります。

また市史の古地図には全てカタカナでヒシヤテガウラと記されていました。

ガウラはよく地名などにある○○ヶ浦のことではないでしょうか。

つまりこの名前が付けられた当時のヒシャテガ浦池ヒシで水面が覆い尽くされていたのでは?という考えです。

 

そうだとしたらヒシヤテガウラヒシガウラは説明が付きます。

じゃあヤテって何やねん!

 

もしや当時たまたまこの地に来た岐阜の人?が池を見て「ヒシやて!ヒシやて!」と言ったことが由来かもしれない。

無理がありますね笑

 

まあ僕の調査ではコレが限界でした。

もし由来を知ってる人がいたら教えてください。

 

 

 

そういえば池の調査をしている時に・・

 

 

f:id:dwrwr:20190501170539p:image

 

未来の海賊王がいました‼︎

 

f:id:dwrwr:20190501170557p:image

 

髪型がドレッド風なんですよねー

これだとヤ◯ップですね笑

 

f:id:dwrwr:20190501165445j:image

 

 

ウトグチ瓦窯跡・同展示館 〒816-0845 福岡県春日市白水ヶ丘1丁目4 https://goo.gl/maps/P75dpzBAG1VhU2hS9

 

観音山古墳群中原第一支群36号墳 〒811-1216 福岡県那珂川市観晴が丘12−8 https://goo.gl/maps/tki68VnEnu4X7M9K6

 

ヒシャテガ浦池 〒816-0844 福岡県春日市上白水 https://goo.gl/maps/E3k6u3LmpvoXkWVdA

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 九州情報へ
にほんブログ村