dwr氏の気まま日記

アラサー会社員の僕が気になった場所や物を気ままに記事にしていくブログです。

『延岡市』延岡市をぶらり。チキン南蛮あり。

f:id:dwrwr:20191117232501j:image

ブログ初の宮崎県になります!

鹿児島も行って九州制覇と行きたいところですね。

延岡市と言えば宮崎県の北に位置し大分県との県境にあります。

宮崎県では宮崎市都城市に次いで3番目の人口規模です。

旭化成とチキン南蛮が有名ですね〜

そんな延岡をぶらぶら歩いて来ました^^

 

f:id:dwrwr:20191119003155j:image
f:id:dwrwr:20191119003245j:image

街並みはどこにでもありそうな地方都市という感じ。

 

f:id:dwrwr:20191119003624j:image

大きい交差点に出ると時計塔のようなものを発見!

 

f:id:dwrwr:20191119003833j:image

f:id:dwrwr:20191119003836j:image

近付いてみるとちょうど16時になったからか音楽が流れてました。

詳細は忘れましたが『チキチキチキチキチキン南蛮🎵』的なノリの歌が流れていました。

さすがチキン南蛮発祥の地、延岡ですね!

 

そこからしばらく歩くと

f:id:dwrwr:20191119004902j:image 

映画館を発見しました!

中々趣きがあります。

 

f:id:dwrwr:20191119005102j:image

大きい映画館もいいですがこういう映画館もいいですね!

地元の人に愛されているのが伝わって来ます!

 

ここいらは川が近いので川沿いの方に行ってみました。すると、

f:id:dwrwr:20191119215446j:image

謎のモニュメントを発見!

何だこれは・・

 

f:id:dwrwr:20191119230726j:image

畳堤なるものだそうです。

川の氾濫を防ぐために畳で防ぐという。正直マジかと思いましたがマジです!

f:id:dwrwr:20191121212236j:image
f:id:dwrwr:20191121212233j:image

この像達が抱えているのは畳です!

奥を見ると

f:id:dwrwr:20191121212347j:image
f:id:dwrwr:20191121212351j:image

ガチで畳が入ってました!

畳と言えば日本固有の文化なので世界広しと言えど畳で川の氾濫を防ごうとしたのは日本だけであります!

そう考えると少し感慨深いですね!

f:id:dwrwr:20191124180251j:image

うーむいい川ですね。

 

そこからしばらく歩くと

f:id:dwrwr:20191124180412j:image

城山公園の文字が。

どうやら近くに延岡城跡というのがあるみたいなので行ってみることにしました。

 

f:id:dwrwr:20191124180936j:image
f:id:dwrwr:20191124180941j:image

少し登ると門が見えてきました。

f:id:dwrwr:20191124181032j:image
f:id:dwrwr:20191124181037j:image

中々立派な門構えではありませんか。

それでは中に入っていきます。

 

f:id:dwrwr:20191124181257j:image

門をくぐると迫力のある石垣があるなあと思っていると、


f:id:dwrwr:20191124181820j:image
f:id:dwrwr:20191124181816j:image

千人殺しの文字が!

この石垣が崩れ落ちると千人は殺せるらしいです。

f:id:dwrwr:20191124182107j:image
f:id:dwrwr:20191124182111j:image

確かにそう思わせる迫力があります!

角度がエグいです!

 

f:id:dwrwr:20191126212945j:image

そこから少し登ると本丸跡に到着。

誰かの像があります。


f:id:dwrwr:20191126212949j:image
f:id:dwrwr:20191126212953j:image

 内藤政挙(ないとうまさたか)さんという人で日向延岡藩最後の当主で延岡電気所の設立や小学校など設立したり延岡の発展に大変貢献してきた人みたいです。

 

ここから天守台を目指します。

 

f:id:dwrwr:20191126213725j:image
f:id:dwrwr:20191126213722j:image

 坂道をぐんぐん登っていくと一軒家を発見。

 

f:id:dwrwr:20191126213824j:image
f:id:dwrwr:20191126213821j:image

天守台に到着です!

この一軒家天守閣ではないですよね・・

管理人さんが住んでるのかな?

 

f:id:dwrwr:20191126214110j:image
f:id:dwrwr:20191126214107j:image

 

景色も良く天守台っぽいですね。

 

f:id:dwrwr:20191126214221j:image

これは割と最近のですね。

f:id:dwrwr:20191126214530j:image
f:id:dwrwr:20191126214537j:image
f:id:dwrwr:20191126214533j:image

延岡の街並みが一望できます。

良き場所であります。

 

f:id:dwrwr:20191126214805j:image

三階櫓跡地のバックに見えるのは延岡市役所

綺麗で立派な市役所ですね。

 

f:id:dwrwr:20191126214956j:image

こういう風に書かれると、とても気になってしまいます!

5秒ほど考えが巡りましたが、もちろん立入るのはやめました!

皆さんも危険らしいので絶対ダメですよ!

 

 

f:id:dwrwr:20191126215347j:image
f:id:dwrwr:20191126215357j:image
f:id:dwrwr:20191126215351j:image

その他にも若山牧水の歌碑があったりと魅力たっぷりの延岡城でした。

 

延岡城を後にし延岡駅の方へ向かいます。

f:id:dwrwr:20191126215631j:image
f:id:dwrwr:20191126215628j:image

どこか懐かしい雰囲気の町を歩きながら駅の近くまで来ました。

しばらく歩くと駅が見えてきました。

 

f:id:dwrwr:20191126220456j:image
f:id:dwrwr:20191126220458j:image

めっちゃオシャレやんけ!!

何というか街並みが古き良きって感じだったので、見ただけで歴史を感じる昔ながらの駅かなーっと思ってたので度肝を抜かれました!

 

f:id:dwrwr:20191126221211j:image

書店コンビニだけでなくスターバックスまで完備したシャレオツな駅でした。

間違いなく延岡の若者は駅に集まることでしょう!

 

延岡駅まで来たのは理由があります。

駅近くのあるお店に行きたかったからです。

 

延岡と言えばチキン南蛮発祥の地。

ということはチキン南蛮発祥のお店ももちろんあるわけです!

そこに行きたかったわけです!

 

夕方の営業は17時からのことで16時55分にチラッと前を通ってみると行列ができておりました!

この時間帯での行列が人気を伺わせてますね。一瞬店に入るのを躊躇いましたが、開店すれば今並んでる人は店内に入るので、そんなに並ぶ必要はないと思い17時5分頃もう一度行くと、すぐに店内には入れませんでしたが列の先頭(僕一人)に来ることができました!

 

それからの何分間で気付けば僕の後ろに行列が!

その間にも車で店の混み具合を確認しに来る人が何人も!

期待が膨らみます。

 

しばらくして中に案内されました!

 

f:id:dwrwr:20191126222951j:image

 

お店の名前は『直ちゃん』さん!

元祖の文字が発祥のお店の証ですね。

 

並んでいる間に注文を聞かれるので席に着いてからは割とすぐにチキン南蛮がやってきました!

 

f:id:dwrwr:20191126223210j:image

どーん!!

 

どうですか!チキン南蛮っぽくない!

というのもチキン南蛮を初めに出したのはこのお店なんですが、タルタルを初めて出したのは違うお店なんですね!

甘酢だけというシンプルな味付けです!

 

f:id:dwrwr:20191126223428j:image

 

衣も肉全体を包んでいるというより、上の部分だけにまぶしてあるような感じです。

僕が普段思うチキン南蛮のイメージとは全然違います!

 

まずは味噌汁を一口。

う、美味い!

 

それからチキン南蛮を一口。

美味い!

お肉が本当に柔らかくサクサク食べれます!

普通のチキン南蛮等の揚げ物が苦手な方でもこれなら美味しくいただけると思います!

かといって薄味というわけではありません。

タルタルないのかーって思いましたが全然問題ありません!!

10分とかからず完食しました!(行列凄かったので少し急いだのもありますが)

 

本当に満足で店を出ました。

しかし僕は揚げ物大好きなので、タルタルたっぷりのチキン南蛮もやはり捨てがたい笑

 

そして味噌汁が本当に美味しかった😋

 

 

 

 

 

 

畳堤 〒882-0814 宮崎県延岡市北町1丁目 https://goo.gl/maps/VPguAmZKtbhDfCdi9

 

延岡城跡 〒882-0813 宮崎県延岡市東本小路 0982-22-7022 https://goo.gl/maps/ubeUHDdfL2PCq8n79

 

JR九州 延岡駅 〒882-0053 宮崎県延岡市幸町3丁目4420 0982-35-8260 https://goo.gl/maps/zDf16UD1hTu6P9TC7

 

直ちゃん 〒882-0054 宮崎県延岡市栄町9−3 0982-32-2052 https://goo.gl/maps/FC75t67iF21tH18i7

 

ランキング参加してますので良ければクリックお願いします!!

↓↓↓↓↓

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 九州情報へ
にほんブログ村

『志免町』志免炭鉱跡、志免駅跡を巡る。

f:id:dwrwr:20191116211415j:image

f:id:dwrwr:20191116222959j:image

志免町福岡市から程近く、ベッドタウンとして人口も増えているようです。

かつては炭鉱が存在し石炭業で栄えた町です。

wikiによると鉄道の通っていない町としては人口密度が日本一らしいです。

そんな志免町ですが昔は鉄道が通っており駅が存在しました。

 

今回はそんな志免炭鉱跡と志免駅跡である志免鉄道記念公園に行って来ました。

 

f:id:dwrwr:20191116214707j:image

先に訪れたのは志免炭鉱所跡です。

 

f:id:dwrwr:20191116215526j:image

 

逆光&工事中で残念なカットですが志免町のシンボル旧志免鉱業所竪坑櫓(きゅうしめこうぎょうしょたてこうやぐら)です!

今は補修工事中みたいですね。

昭和16年から昭和18年にかけて建設され高さは約47メートル。鉄筋コンクリート構造物の中でも高く歴史的価値もある建造物です。

この櫓の下には430メートルの深さの堅坑という穴があったそうです。

スケールが凄い!

 

f:id:dwrwr:20191116232345j:image

f:id:dwrwr:20191116232326j:image

f:id:dwrwr:20191116221438j:image
f:id:dwrwr:20191116221440j:image
f:id:dwrwr:20191116221443j:image
f:id:dwrwr:20191116221435j:image

 

当時の跡が他にも残されています。

巨大な施設ということが分かります。

今の中はどうなっているのか気になりますね。

 

ここから歩いて数分でもう一つの目的地志免鉄道記念公園に着きます。

f:id:dwrwr:20191116223222j:image

f:id:dwrwr:20191116222516j:image
f:id:dwrwr:20191116222520j:image

こちらが志免鉄道記念公園

後ろに先ほどの堅坑櫓が見えます。

 

志免駅はかつて存在した勝田線の駅の一つで宇美町の筑前勝田駅から博多区の吉塚駅を結んでいた路線です。炭鉱の閉山などで利用者も減っていき1985年には全線廃止されたようです。

 

f:id:dwrwr:20191116222613j:image

これは鉄道関係の跡でしょうがあいにく鉄道には詳しくないので何かは分かりませんでした💦

 

f:id:dwrwr:20191116223031j:image
昔の雰囲気が分かりますね。

f:id:dwrwr:20191116223434j:image

真裏に説明がありました。

僕より先輩でしたわ。

 

f:id:dwrwr:20191116223357j:image
f:id:dwrwr:20191116223856j:image

あえて入り口らしい入り口からは入らず裏から入ります笑

こちらはベンチがあり緑も多く少し休むには良い場所ですね。

f:id:dwrwr:20191116223400j:image

f:id:dwrwr:20191116223723j:image

遠目に建物が見えてきました。

何やら歴史がありそうな匂いがします。

 

f:id:dwrwr:20191116224002j:image

駅があった当時の建物かは分かりませんでした。

というより柱の一部が途中で折れてるのかと思いました。

そんなわけないかそういうデザインですよね。

 

f:id:dwrwr:20191116224114j:image
f:id:dwrwr:20191116224111j:image

折れてないですよね。

折れてるわけないですよね。

 

f:id:dwrwr:20191116224201j:image
f:id:dwrwr:20191116224158j:image

いややっぱり折れて・・る?

折れてますよね。

 

f:id:dwrwr:20191116224409j:image

結論としては箇所によってはそもそも柱が離れているデザインで上の部分の一部が欠けている・・んだと思います。多分ね。

 

f:id:dwrwr:20191116230311j:image

その先にあったのは駅のホームです。

ここは当時の志免駅の線路とホームの一部が残されて保存されています。

f:id:dwrwr:20191116225504j:image

かなーり年季が入ってます。

歴史を感じます!

 

f:id:dwrwr:20191116225546j:image

ホームにベンチがあるのでちょっと腰掛けて一息。

当時に思いを馳せるのも良いですね。

 

f:id:dwrwr:20191116225321j:image
f:id:dwrwr:20191116230315j:image

角度が違いますが現在と当時の写真の比較です。

昔を知りませんがなんだかノスタルジックな気分にさせてくれます。

昔は多くの人が利用したんでしょうなあ。

 

f:id:dwrwr:20191116230914j:image

 

遊具等はありませんがこういう公園も良いですね。

またいつか来たくなるような公園でした。

 

 

 

旧志免鉱業所竪坑櫓 〒811-2202 福岡県糟屋郡志免町大字志免495−3 https://goo.gl/maps/g4NdyjBe7h2j3uJt6

 

志免鉄道記念公園 〒811-2244 福岡県糟屋郡志免町志免中央2丁目7 https://goo.gl/maps/Hhgy1igVv439KKTHA

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 九州情報へ
にほんブログ村

『福岡市東区』あの漫画に出てくるラーメン屋?に行ってみた!

f:id:dwrwr:20191115163232p:image

忙しくて中々更新できずにすいません💦

さてそんな中でラーメンネタです。

 

ラーメンといえば豚骨が一番好きなんですが福岡においてずっと気になる味噌ラーメンがありました。豚骨ラーメンもある店なんですけどね笑

 

その名も一楽ラーメン

ピンと来る人はいると思います。

 

週刊少年ジャンプで連載されていた【NARUTO -ナルト -】の作中で出てくるラーメン屋が同じ名前の一楽ラーメンなんですよ!

 

というのも作者の岸本斉史先生が大学時代に通っていたのがこの一楽ラーメンです。

正にモデルというわけです。

 

NARUTOの熱烈なファンというわけでもないんですが、好きな作品ですし読んでいた以上気になっていたお店です。

 

しかし残念な事にモデルとなった一楽ラーメン九産大前店は惜しまれながらも閉店しており行くことはできません。

ですが一楽ラーメンはチェーン店ですので他の店舗は営業してるので行って来ました!

 

九産大前店や他の店舗も福岡市東区およびその近辺に集中しているので福岡市東区までやって来ました。

行った店舗は直感で決めた一楽ラーメン松島店さん。

 

f:id:dwrwr:20191115172358j:image

 

入り口はこんな感じでNARUTO感はそんなにありません。むしろ左で見切れている自販機からプロレス感がするくらいです。

 

f:id:dwrwr:20191115173450j:image

食券機タイプでしたがあやうく豚骨ラーメンのボタンを押しそうになりましたが、ここはナルトも食べた味噌チャーシュー一択ですね!

 

席に座り窓際を見ると

f:id:dwrwr:20191115173829j:image

ちょっとぽいぞ!

 

カエルはNARUTO感を感じます。

これは意識してるのかな?

 

そんなこんなでラーメンがきました。

f:id:dwrwr:20191115174224j:image

ドーンと盛られたチャーシューは最高です( ´ ▽ ` )

お店で味噌ラーメンってほとんど食べないんですけどここのは美味しかったですね!

麺はもう少し太めの方が好きですが、店で食べる味噌ラーメンもいいなって思わせてくれる味でした!

 

f:id:dwrwr:20191115174646j:image

 

あっという間に完食です!

完食してから気づきましたが器がすり鉢みたいのも面白いです!みたいというかすり鉢ですね。

 

満足しつつトイレに行って席に戻る時

f:id:dwrwr:20191115210220j:image

紛う事なきNARUTO感しかないポスターがありました!

 

 

NARUTO感を感じるため来ましたが単純に美味しくて良いお店でした

他にもメニュー色々あるのでまた訪問したいです。

 

まあ出入り口にもプロレスのポスターあったのでやはりプロレス感の方が強かったです笑

 

 

 

 

 

一楽ラーメン 松島店 〒812-0062 福岡県福岡市東区松島3丁目22−43 092-623-5358 https://goo.gl/maps/cmkfhQQoL1ftrwLw7

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 九州情報へ
にほんブログ村

『千曲市』長野県千曲市にある善光寺に行って来た。

f:id:dwrwr:20191031095009j:image 

今回いきなりですが長野県までやってきました。

訪れたのは長野県千曲市です。

この辺りは戸倉上山田温泉というのがありまして昔ながらの温泉街になっています。

射的とかもあるらしいです。

 

付近を調べてみると善光寺という文字を発見!

善光寺と言えば長野の知識がない僕でも知ってる有名なお寺です!

 

千曲市にあったのかと驚いたのですがよく見ると別院という文字が。

善光寺長野市にあるため千曲市にあるわけがないですね💦

 

しかし別院だろうと善光寺善光寺です!

温泉街からも距離が近いので、千曲市の善光寺こと善光寺大本願別院に行ってみることにしました!

 

f:id:dwrwr:20191031095926j:image

 

山の中腹にある感じで目測だと近そうでした。

目測だと・・

 

f:id:dwrwr:20191031102020j:image

ハリウッドみたいに山に

【戸 倉 上 山 田 ♨︎】

って看板?があります。

ちょうど♨︎の部分に善光寺大本願別院があるみたいですね。

 

f:id:dwrwr:20191031100407j:image

向かっている途中にあったのが、廃墟とかした大きな建物。信州観光ホテルという名前で1997年には破産しこの状態のようです。

 

 

これだけ大きな廃墟は珍しいですね!

廃墟マニアでないですがこれはマジマジと見ちゃいました。

 

f:id:dwrwr:20191031100754j:image

もちろん立ち入り禁止なので皆さんも入らないようにして下さいね。

 

目的地に向かおうと坂道に差し掛かったところで、

f:id:dwrwr:20191031100904j:image

通行止の看板が!

まさか通れないのかと思っていると、坂道を下って来た人を見かけたので通れることを確信。

登ることに。

 

f:id:dwrwr:20191031101105p:image

善光寺大本願別院は城山史跡公園付近なので通行止の手前だからセーフみたいですね。

 

f:id:dwrwr:20191031101310j:image
f:id:dwrwr:20191031101318j:image
f:id:dwrwr:20191031101315j:image

 

これが登ってみるとまあキツイことキツイこと

勾配が凄いんで普通の上り坂の倍は疲れます。

 

舐めてました。

僕にとっては登山ですね完全に。

 

f:id:dwrwr:20191031101537j:image
f:id:dwrwr:20191031101541j:image

途中で休憩スポットのような場所がありました。

まあまあの景色ですね。

それだけ登ったと痛感します。

 

f:id:dwrwr:20191031101649j:image

そして気合いを入れて登り続けること計20分ちょっと、道路に区切り目のような所が!

そこから坂道ではなく平坦な道になりました。

 

そして右側を見ると

f:id:dwrwr:20191031101858j:image

善光寺が見えました!

 

そして左側を見ると

f:id:dwrwr:20191031101946j:image

そうです!♨︎の裏側に来ました!

 

何とか善光寺に到着しました!

 

f:id:dwrwr:20191031102222j:image
f:id:dwrwr:20191031102225j:image 

善光寺の向かいにも何やら施設がありますが閉鎖されています。

気になりますねえ。

 

f:id:dwrwr:20191031102346j:image
f:id:dwrwr:20191031102341j:image

さてこちらが善光寺大本願別院になります!

中々立派ではありませんか!

 

f:id:dwrwr:20191031102504j:image
f:id:dwrwr:20191031102507j:image

 

参拝を済ませ横を見ると

 

f:id:dwrwr:20191031102604j:image

 

千曲市を見渡せる素晴らしい景色が見れました。登った疲労も吹き飛びます!(少しだけ)

 

良い景色だなーと思いながらふと上を見ると

 

f:id:dwrwr:20191031102910j:image
f:id:dwrwr:20191031102916j:image

 

天井に龍の絵が描かれていました!

迫力あります!

 

善光寺を側面から出ると

f:id:dwrwr:20191031103203j:image
f:id:dwrwr:20191031103157j:image
f:id:dwrwr:20191031103214j:image
f:id:dwrwr:20191031103209j:image

 

水子観音や大きな灯籠がありました。

 

f:id:dwrwr:20191031103432j:image

 

その上にも建物を発見。

行ってみると

 

f:id:dwrwr:20191031103707j:image
f:id:dwrwr:20191031103711j:image

男女和合の神 澳津神社とあります!

 

その先にあったものとは!?

 

 

写真撮影禁止でしたし変に話すとアレなので詳細は伏せます。

まあリアルな御神体石があります。

そりゃもう見事な笑

 

気になる方は調べてみて下さい。

 

 

f:id:dwrwr:20191031104318j:image
f:id:dwrwr:20191031104314j:image

ということで善光寺大本願別院でした。

決して広くはないですがオススメです。

長野市の善光寺も良いですが千曲市の善光寺も是非行ってみて下さい。

 

 

 

 

 

善光寺大本願別院 3510-7, 大字上山田 千曲市 長野県 389-0822 026-275-1757 https://goo.gl/maps/q8X4M2N9FRcDNctj8

 

澳津神社 〒389-0822 長野県千曲市大字上山田 https://goo.gl/maps/Z4hhzZUYHJkGbFkE7

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

『九重町』本物の白蛇と会って触れる有難い場所!龍昇院

f:id:dwrwr:20191021130853p:image

 

蛇は脱皮を繰り返して成長するため無限の繁栄を意味するようで大変縁起が良いとされています。

そんな有難い白蛇様を祀っている神社が大分県九重町にあるとのことで行って参りました。

 

白蛇のいる龍昇院は九重にある日本一の吊橋【九重夢大吊橋】を渡った先にあります。

吊り橋の反対側から行けば橋を渡る必要はないとは思いますが今回はこのルートで行きます。

(本当は吊橋のついでだなんて言えない・・)

 

f:id:dwrwr:20191021132337j:image

f:id:dwrwr:20191021133257j:image

高さ173メートル、長さが390メートルもある大吊橋!中々の迫力です!

 

f:id:dwrwr:20191021132548j:image

 

吊橋なのでしっかりしているのに微妙な揺れを感じます。

 

f:id:dwrwr:20191021132651j:image

 

グレーチングの隙間から下を覗くと高さを実感できます。

落ちたら間違いなく潰れたトマトになることでしょう💦

 

吊橋は良い体験でしたがしっかり作られている分そこまでスリルは味わえなかったかなーという感想です。

橋が苦手な人でも見た目よりは怖くないと思います。

 

まあメインは白蛇様ですから!

早速向かいます。

 

f:id:dwrwr:20191021133349j:image
f:id:dwrwr:20191021133354j:image
f:id:dwrwr:20191021133358j:image

 

六体のお地蔵さんがいます。

 

・人間界地蔵

・地獄道地蔵

・天上界地蔵

・畜生道地蔵

・餓鬼道地蔵

・修羅道地蔵

 

いわゆる六道(りくどう)ってやつですかね。

できれば天上界か人間道がいいですね(*´-`)

 

f:id:dwrwr:20191022204539j:image

先に進むと金ピカな狛犬がいました。

これは何やらリッチな匂いがします・・

 

f:id:dwrwr:20191022204900j:image

 

こちらが龍昇院です。

狛犬と比べると落ち着いた雰囲気ですね。

金ピカの建物だったらどうしようかと思いました。

 

入ると白蛇以外にも縁起の良いアイテムがたくさん売っています。

中に入って左側は幕で見えないようになっておりその中に白蛇様がいるようです。

 

建物の中は無料で入れますが、幕に入り白蛇様に会うには拝観料300円が必要です。

 

ここまで来て入らない理由はありませんね。

もちろん払います。

 

幕の中に入ると広くないスペースに多くの人が!

 

f:id:dwrwr:20191022210730j:image

 

案内人の方が実際に白蛇を持って説明していました。

向かって右側にいた白蛇は実際に触れる見たいです。僕が触れる番になる直前に左側の蛇の説明に移り触ることが出来ませんでした・・

 

まあ左側の蛇でもいいかと思っていると、左側の蛇は弱ってきているのか触るとことができないとのこと。

 

そんなバカな!?

そんなことがあっていいのか!

 

左側の蛇は弱ってはいますが物凄い気を放っているらしいです。

毎日いる案内人さんは毎日その気を浴びるからもう有難い気を浴びまくりみたいです!

 

話をへえって感じで聞いていると、

気を浴びて宝クジで大当たりが出たりギャンブルで大勝ちした人がたくさんいるとのこと。

案内人さんも負け知らずだと・・

 

 

!!!

 

あやかりてえ・・あやかりてえ・・

 

長く気を浴びた方が効果は出るそうですが、少しでも効果がある人はあるみたいです!

 

これはあやかりたい!

というか触りたい!

 

と思っていると、また右側の蛇の説明に戻りました。

「先程触ってない方は順番にどうぞ。」

 

おお!

分かってらっしゃる!!

 

f:id:dwrwr:20191022212528j:image
f:id:dwrwr:20191022212535j:image

 

ということでこのとぐろを巻いてる状態の白蛇を手のひらにのせてもらいました。

 

触った感じはなんというか初めての触感でした。思ったよりヌルヌルはしてないんですね。

 

しかしこれで僕も有難いオーラを浴びたことでしょう!!

 

これで思い残すのことはありません!

とりあえず待ち受けを白蛇様に変更しある場所に向かいます。

 

というのも何かに背中を押された気がしたからです。

 

f:id:dwrwr:20191022213230j:image

 

買っちゃいました!

ワンピーススクラッチ!!

この流れにデジャヴを感じますが気にしません!

 

一日中気を浴びていればジャンボを買おうと思いましたが少ししか浴びてないのでここは控えめにスクラッチにしときました!

 

f:id:dwrwr:20191022213425j:image

 

ラッキーマークと同じ絵柄が左の6ますの中から出れば当たりです!

 

一気にいっちゃいます!

 

うおおお!

 

f:id:dwrwr:20191022213711j:image    

 

・・・

 

はい案の定200円だけ当たるパターンです・・

 

白蛇様ああ〜

 

 

 

 

 

 

 

九重“夢”大吊橋 〒879-4911 大分県玖珠郡九重町大字田野 0973-73-3800 https://goo.gl/maps/ybwnW1MgnFZvjAbb6

 

九重白蛇参拝所・龍昇院 〒879-4911 大分県玖珠郡九重町大字田野1999 0973-79-3151 https://goo.gl/maps/C7dTYHoPtruJ5tTZ6

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

『成田市』成田山新勝寺に行って来た話。※本家

f:id:dwrwr:20191005105456j:image

 

以前久留米の成田山に行った記事がありました。(割と最近ですが)

 

参考

『久留米市』成田山で観音像に登った話。※地獄あり

https://www.dwrkimama.com/entry/20190812/1565611400

 

 

福岡県民にとって成田山と言えば久留米のイメージです。

ですが、一般的にはもちろん千葉の成田山新勝寺でしょう!

一度行ってみたかった・・

ということで来てしまいました!

 

時間の都合上、早朝に訪れたのですが・・

f:id:dwrwr:20191005111355j:image
f:id:dwrwr:20191005111351j:image

霧が凄い・・

とにかく霧が凄い・・

辿り着くまでに少しでも霧が晴れることを祈りつつ向かいます。

 

f:id:dwrwr:20191005112821j:image

 

成田山ってが有名らしいですねー

食べてみたかったのですが早朝だと空いてないし食べる気分にならんですね💦

 

f:id:dwrwr:20191005140357j:image
f:id:dwrwr:20191005140353j:image

 

祈祷する自動車しか入れない自動車祈祷殿なるものがありました。

霧で見えにくいですが奥に建物が見えます。

 

そのまま進むと門が見えて来ました。

 

 

f:id:dwrwr:20191005141341j:image
f:id:dwrwr:20191005141336j:image

これは中々の門構え!!

スケールの大きさを感じます!

 

ここで成田山新勝寺について

 

真言宗智山派 大本山成田山金剛王院新勝寺の御本尊不動明王は、嵯峨天皇の勅願により弘法大師空海がみずから敬刻して開眼し護摩法を修せられた尊像です。

京都の高雄山神護寺に奉安されておりましたが、天慶2年(939)平将門が反乱を起こすと朱雀天皇の密勅を受けた寛朝大僧正は、この尊像とともに関東に下り、下総の国、成田の地にて21日間平和祈願の御護摩を修めました。その満願の日、天慶3年(940)2月14日に兵乱は平定され、この地に新勝寺の寺号を賜って成田山が開山されました。

 

成田山パンフレットより

 

 

 

f:id:dwrwr:20191005141418j:image
f:id:dwrwr:20191005141414j:image

道場を発見。

僕には断食は無理そうです笑

 

f:id:dwrwr:20191005141700j:image
f:id:dwrwr:20191005141552j:image
f:id:dwrwr:20191005141547j:image

狛犬も灯篭も大きいです。

 


f:id:dwrwr:20191005141638j:image
f:id:dwrwr:20191005141643j:image

さすが本家成田山!

エレベーター完備!

バリアフリー環境も万全です!

 

f:id:dwrwr:20191005141723j:image

人が多いときは入場規制があるようですね。

f:id:dwrwr:20191005141742j:image

亀っぽい石。

 

f:id:dwrwr:20191005141808j:image

こわれ不動堂

【この堂は幾度修復しても不思議にすぐ壊れてしまうので「こわれ不動」と呼ばれている。】

 

変わったお堂ですね。

絶対に壊れない素材で造って矛盾(ほこたて)してほしいですね笑

絶対に壊れない素材で造ったお堂vs不思議に壊れるお堂!

 

f:id:dwrwr:20191005141838j:image

階段を登っていくと本堂が見えてきました!

f:id:dwrwr:20191005141903j:image
f:id:dwrwr:20191005141908j:image
f:id:dwrwr:20191005141912j:image

さすがに大きい!!

重要文化財の三重塔も良い感じです

 

f:id:dwrwr:20191005141933j:image

本堂の中にはおみくじの販売機が!

これはやるしかないと思いきや財布には諭吉さんが一枚と100円以下のわずかな小銭のみ・・

 

1万円札だと自販機でも崩せないし・・

仕方ないのでおみくじは断念。

 

f:id:dwrwr:20191005141958j:image

本堂から先に行くと成田山公園がありました。

f:id:dwrwr:20191005142425j:image

公園も成田山新勝寺の敷地内もすべてお不動さまのお庭のようです。

f:id:dwrwr:20191005142356j:image

公園は広すぎるため入り口だけ行き、西翼殿を抜けて平和の大塔を目指します。


f:id:dwrwr:20191005163117j:image

トイレも非常にキレイです。

しかしいくらバリアフリー化ができてるとはいえこれだけ広いと大変ですね💦

f:id:dwrwr:20191005142544j:image

消火栓でさえ歴史を感じます!

 

f:id:dwrwr:20191005142524j:image
f:id:dwrwr:20191005142516j:image
f:id:dwrwr:20191005142520j:image

そんなこんなで平和の大塔へ到着!

写真だと伝わりにくいですが大塔というだけあってめちゃくちゃデカイです!!

f:id:dwrwr:20191005142636j:image
f:id:dwrwr:20191005142632j:image

平和の大塔から見た成田山公園。

f:id:dwrwr:20191005142702j:image
f:id:dwrwr:20191005142706j:image

成田山新勝寺は本家だけあってスケールの大きさを感じました。

全ては回れませんでしたが、全てちゃんと回ろうと思ったら半日くらいかかりそう💦

 

以上成田山新勝寺レポートでした。

  

 

 

 

 

 

〜その夜〜

 

f:id:dwrwr:20191005142822j:image
f:id:dwrwr:20191005142818j:image

夜も更けたころ僕はまた新勝寺に来ていました。

 

何故って??

 

 

おみくじを引きにです!!

 

f:id:dwrwr:20191005142748j:image
f:id:dwrwr:20191005142744j:image
f:id:dwrwr:20191005142751j:image

夜は朝とは違った雰囲気です。

これはこれで趣きがあります。

 

f:id:dwrwr:20191005142847j:image

よっまた来たぜ!

今度は100円玉7、8枚持ってるんで準備万端です!(一回しかしませんが)

 

お金を入れると赤のランプがルーレットのように左から右に動き出すのでそれをストップで止めます!

これはおみくじなのかと疑問が残りますが、遊び心があって良いと思います。

 

どこで押すのが正解か分からないので適当に押します!

結果は!?

 

f:id:dwrwr:20191005142920j:image

吉です!!

書いている内容的には割と良い内容でしたので満足です!

 

しかもおみくじの裏はなんと!

f:id:dwrwr:20191005142950j:image

三ヶ国語対応です!

 

さすが成田空港の近くだけあって国際化が進んでいます!

 

f:id:dwrwr:20191005143054j:image

おみくじを引いたことで満足して帰路に着きます。

 

しかし薄々分かってはいたけど本家の成田山には登れる観音像はないんですね笑

(詳しくは久留米の記事で)

 

 

 

 

成田山新勝寺 〒286-0023 千葉県成田市成田1 0476-22-2111 https://goo.gl/maps/u3JGHScrEg8yPF3s8

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

『久留米市』鳥と河童

f:id:dwrwr:20190929173652j:image
f:id:dwrwr:20190929173649j:image

 

今回は久留米市にある鳥類センターに行って来ました!

鳥がメインですが他の動物も見ることができる所です。

 

f:id:dwrwr:20190930095422j:image

f:id:dwrwr:20190930095457j:image

 

ペンギンさんも出迎えてくれます。

そう思っていると

 

f:id:dwrwr:20190930122158j:image
f:id:dwrwr:20190930122201j:image
f:id:dwrwr:20190930122205j:image

本当のペンギンもいました!

立ち姿が可愛らしいですね!


f:id:dwrwr:20190930122241j:image
f:id:dwrwr:20190930122251j:image

いやホンマにカワイイですわ。

 

f:id:dwrwr:20190930122321j:image
f:id:dwrwr:20190930122324j:image

 

こちらはマーラ

カピバラよりは小さいですね。

 

 

その先からは鳥ゾーンです! 

 

f:id:dwrwr:20190930122358j:image
f:id:dwrwr:20190930122403j:image
f:id:dwrwr:20190930122407j:image

 

クジャクがいっぱいいました!

クジャクは羽が鮮やかな方がオスなんですよね〜

てっきりメスの方が鮮やかなのかと思ってました!

f:id:dwrwr:20190930122448j:image
f:id:dwrwr:20190930122438j:image

 

そして久留米はクジャクの街だそうで。

 

 

f:id:dwrwr:20190930122515j:image

クジャクの餌を堂々と食べるだけでなく餌のバケツの中に鎮座する鳩。

どこからか侵入したんでしょうか。

野生の鳥にとっても楽園なのかもしれませんねえ。

 

f:id:dwrwr:20190930122554j:image
f:id:dwrwr:20190930122550j:image

 

アーチ状に格子があるところではクジャクが頭上にいることがあるので下から見上げることもできます。しかし、

 

f:id:dwrwr:20190930122609j:image

フン爆弾が来るそうなので要注意です笑

 

f:id:dwrwr:20190930122632j:image

Be careful・・

 

 

f:id:dwrwr:20190930122658j:image
f:id:dwrwr:20190930122704j:image

かーわー

 

 

その先にいたのがオオヅル?だったかな・・

コイツが怖かった💦

f:id:dwrwr:20190930122746j:image
f:id:dwrwr:20190930122751j:image

 

人の存在を確認するとノソノソと近寄ってきます。

長いクチバシを何度もこちら側に突き出してきます!

 

f:id:dwrwr:20190930122822j:image
f:id:dwrwr:20190930122827p:image

そしてこの顔!この目!

2、3人葬ってるのではと思ってしまうほどです笑

 

f:id:dwrwr:20190930122847p:image

近くにいた鶴とは眼力が違いますよ。

 

f:id:dwrwr:20190930122911j:image

かーわー

 

 

売ってる餌を近づけたら食事中でもこちらの餌によってきます!

普段の餌より売ってる餌の方がご馳走なんでしょうか??

 

f:id:dwrwr:20190930122944j:image
f:id:dwrwr:20190930122947j:image
f:id:dwrwr:20190930123002j:image
f:id:dwrwr:20190930122952j:image

 

他にも珍しい?鳥が色々といます。

個人的ベストはこのニジキジです!

f:id:dwrwr:20190930123053j:image
f:id:dwrwr:20190930123049j:image
f:id:dwrwr:20190930123046j:image

この鮮やかにこの可愛さ!

今日のマンオブザマッチです!

 

f:id:dwrwr:20190930123113j:image

可愛さと来たら次は怖さですね!

果たしてオオヅルを上回る怖さの鳥はいるのか!?

 

 

 

f:id:dwrwr:20190930123135j:image

 

いました!

ヒクイドリ!!

 

f:id:dwrwr:20190930123203j:image
f:id:dwrwr:20190930123155j:image 


目つきはオオヅルの方がヤバかったけどトータルはやはりヒクイドリに軍配が上がります!(何の勝負やねん)

 

f:id:dwrwr:20190930123351j:image

 

でもこの脚ですよ!

もう恐竜のソレですもん!!

 

注目すべきはヒクイドリの説明が書いてる部分ですよ。以下引用

 

f:id:dwrwr:20190930123419p:image

 

Q 世界一キケンな鳥をお世話は、危険じゃないの?

 

A はい。危険です。

 

 

でしょうね。

 

餌を持ってるわけでもないのに必要にこちらに近づいてきます。

マジで格子ごしでも怖いです💦

 

f:id:dwrwr:20190930123452j:image
f:id:dwrwr:20190930123447j:image

 

その横にいるのはエミュー

こちらもヒクイドリ目ですが打って変わっておとなしい鳥です。

じーっとしてました笑

 

f:id:dwrwr:20190930123532j:image
f:id:dwrwr:20190930123528j:image
f:id:dwrwr:20190930123537j:image

 

更にその横は世界一大きい鳥ダチョウ

流石のサイズ!

流石の迫力です!

 

f:id:dwrwr:20190930123626j:image

餌の桶の中に小さい鳥が!

雛かと思いきや・・


f:id:dwrwr:20190930123700j:image

やはり君か!!

 

 

f:id:dwrwr:20190930123916j:image

かーわー

 

 

f:id:dwrwr:20190930125917j:image
f:id:dwrwr:20190930125922j:image

その後は水鳥ゾーンに行きました。

フラミンゴや鴨、アヒルなどを間近に見ることができます!

 

f:id:dwrwr:20190930125953j:image

 

このカットだとフラミンゴがアカハシリュウキュウガモみたいですね笑

 

f:id:dwrwr:20190930130040j:image
f:id:dwrwr:20190930130035j:image

 

フラミンゴも中々の目つきの持ち主です。

 

f:id:dwrwr:20190930130110j:image
f:id:dwrwr:20190930130114j:image

 

餌を見ると寄ってくるのもカワイイ!

 

f:id:dwrwr:20190930130230j:image
f:id:dwrwr:20190930130224j:image
f:id:dwrwr:20190930130216j:image

 

他にもウサギやヤギもいて見所の多い鳥類センターでした!

 

f:id:dwrwr:20190930130326j:image
f:id:dwrwr:20190930130319j:image

f:id:dwrwr:20190930130411p:image

 

横にはちょっとした遊園地があります。

列車のアトラクションの周りにはデフォルメされたカワイイ鳥さんもいます。

 

f:id:dwrwr:20190930130429p:image 

 

場違いにリアルなのもいました。

 

f:id:dwrwr:20190930130453j:image

これは!?

ちょっと怪しいぞ

非公式っぽさが否めませんのでスルーしときます。

 

f:id:dwrwr:20190930130531j:image
f:id:dwrwr:20190930130547j:image
f:id:dwrwr:20190930130539j:image
f:id:dwrwr:20190930130542j:image

本物のSLも展示されてます!

そんな詳しくないですが運転席も間近にみれるので良いですね!

 

 

 

鳥類センターを後にしもう一箇所の行ってみたい場所へ。

久留米市内ではありますが少し離れます。

 

f:id:dwrwr:20190930130813j:image

着いたのは田主丸駅。

何やら河童にゆかりがある様子。

有名なのは駅舎です!

 

f:id:dwrwr:20190930131158j:image

河童の形をしています!

福岡じゃ有名なんですが直接見たのは初めてです。

f:id:dwrwr:20190930131134j:image

こういうユニークな駅舎が増えたら面白いですね!

 

さーて前回同様

『久留米市 』成田山で観音像に登った話。

※地獄あり

https://www.dwrkimama.com/entry/20190812/1565611400

 

モヒカンラーメン行って帰ります!

 

 

 

久留米市鳥類センター 〒830-0013 福岡県久留米市東櫛原町 中央公園内 0942-33-2895 https://goo.gl/maps/BqBEKvrzEEEA9ynJ8

 

(財)久留米市観光コンベンション協会 田主丸事務所 〒839-1233 福岡県久留米市田主丸町田主丸2000 0943-72-4956 https://goo.gl/maps/4yqXyizvbw9GJWkX9

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 九州情報へ
にほんブログ村

『長崎市』ちゃんぽんの歴史を学べる!ちゃんぽんミュージアム!

f:id:dwrwr:20190916164136j:image

 

遂にというかようやくというか50件目の記事になります!

という事で最初の記事(実際は2記事目)の時以来の長崎県です!

 

ちゃんぽんと言えば長崎

長崎と言えばちゃんぽん!

そんな長崎にはちゃんぽんの博物館があるのです!

私ラーメン好きですが麺類全般好きなのでうどんやパスタや蕎麦そしてちゃんぽんも好きです!

 

ちゃんぽんは長崎発祥です!

なんなら豚骨ラーメンもちゃんぽんの影響を受けたという話です! 

 

スタートはかの有名な眼鏡橋から。

眼鏡橋ちゃんぽんミュージアムは全く場所が違いますがせっかく長崎来たので寄ってみました。

f:id:dwrwr:20190916164016j:image
f:id:dwrwr:20190916164026j:image
f:id:dwrwr:20190916164021j:image

橋から少し離れた所では眼鏡橋を撮ろうとしている観光客の人がたくさんいました。

僕も人だかりでここに眼鏡橋があることが分かったくらいなので。

 

ここからひたすら歩いて中華街方面へ。

f:id:dwrwr:20190916164528j:image
f:id:dwrwr:20190916164710j:image
f:id:dwrwr:20190916164531j:image

この辺りは中国感が凄いですね!

公園では角の所で年配の方が将棋を指していました。屋外でやってるところが異国情緒を感じます。

 

そこから更に歩き大浦天主堂方面へ向かいます。

f:id:dwrwr:20190916164929j:image
f:id:dwrwr:20190916164932j:image

ここから打って変わって中国感からオランダ感が強くなります!

ここまで来るとミュージアムはすぐ近くです!

 

f:id:dwrwr:20190916165128j:image
f:id:dwrwr:20190916165131j:image

ミュージアムはどーんと現れました!

というのもちゃんぽんミュージアムちゃんぽん発祥の店である四海樓(しかいろう)さんの建物の中にあるのです!

 

f:id:dwrwr:20190916165329j:image

階段を登ってすぐ左に入り口があります!

何とこのちゃんぽんミュージアム20時まで入れる上に入場料もかかりません。

では入って行きます!

 

f:id:dwrwr:20190916165743j:image
f:id:dwrwr:20190916165737j:image

まずは創業当時の四海樓の様子とちゃんぽんのルーツの説明があります。

 

ちゃんぽんは明治32年に四海樓の初代陳平順さんが長崎に来ている中国人留学生のために、安くてボリュームがあり栄養価の高い物が作れないかと、福建料理の湯肉絲麺(とんにいしいめん)を日本風にアレンジして考案したものです。

ちなみに皿うどん陳平順さんが考案したものだそうです!

 

f:id:dwrwr:20190916170632j:image
f:id:dwrwr:20190916170641j:image
f:id:dwrwr:20190916170810j:image
f:id:dwrwr:20190916170820j:image

サザエさんも食べたようですね!

他にもちゃんぽんの器の歴史など館内は広くはないですがちゃんぽんにまつわる様々な展示があります!

 

f:id:dwrwr:20190916171129j:image
f:id:dwrwr:20190916171133j:image

ちゃんぽんの名前の由来や皿うどんのルーツについても知ることができます!

 

f:id:dwrwr:20190916171310j:image
f:id:dwrwr:20190916171313j:image
f:id:dwrwr:20190916171316j:image
f:id:dwrwr:20190916171308j:image

僕以外誰もいなかったのでじっくりと見ることができました!!

 

f:id:dwrwr:20190916171414j:image
f:id:dwrwr:20190916171417j:image

ちゃんぽんの作り方も載ってますので皆さんも作ってみては!

 

f:id:dwrwr:20190916171523j:image
f:id:dwrwr:20190916171520j:image

ミュージアムを出ると素晴らしい夕焼けを見ることができました!

長崎・・良い所です。

 

セオリーであればここから四海樓さんでちゃんぽんを堪能する所なんですが、持ち金が少なく断念することに・・(着いてから気づきました💦)

 

すいません四海樓さん!

また今度行きます!

 

ということで持ち金で食べれる他のちゃんぽん屋さんを調べるとみらく苑というお店を発見!

 

f:id:dwrwr:20190916172205j:image

 

割とミュージアムからも近くにありました。

もちろんちゃんぽんを注文!

 

f:id:dwrwr:20190916172304j:image

 

上の錦糸卵が良い感じです!

 

f:id:dwrwr:20190916172351j:image

 

食感も良く美味しくいただきました!

味は思ったよりもアッサリでしたが素材の味がしっかりする印象でした。

 

また長崎に来たらちゃんぽん巡りしたいなあ・・

でも皿うどん巡りも捨てがたい笑

 

 

 

 

ちゃんぽんミュージアム 〒850-0921 長崎県長崎市松が枝町4−5 095-822-1296 https://goo.gl/maps/3rouM6mAgJJvDj1n9

 

みらく苑 〒850-0918 長崎県長崎市大浦町3−30 095-822-5403 https://goo.gl/maps/g7PjAa3muj2xbzRGA

 

眼鏡橋 〒850-0874 長崎県長崎市魚の町2 095-829-1162 https://goo.gl/maps/ARvY7Dk3VErhY27U7

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

『刈谷市』愛知にあるカナダ!ミササガパークに行ってみた!

f:id:dwrwr:20190802190359p:image

 

カナダにはミササガという街があります。

ミシサガとも言いますね。

カナダ最大の都市トロントの西隣にある市でして五大湖の一つであるオンタリオ湖の湖畔にあります。

オンタリオ湖があるように自然もある一方トロントからも近く、カナダ最大の空港があるため発展も目覚ましい都市です。

そんなミササガを感じれる場所が愛知県に存在するとのことで行って参りました!

 

やって来たのは愛知県の刈谷市!

名古屋の南東に位置する所です。

 

ここにミササガパークなる公園が存在するとのこと!

名前からしてまんま!

というのも刈谷市ミササガ市と姉妹都市提携を結んでおり、市政50周年とミササガ市との友好のため造られた公園だそうです!

 

ということで駅の方からミササガパークに向かいいかにミササガっぽい(カナダっぽい)ものがあるのか探して来ました。

 

f:id:dwrwr:20190905124234j:image

 

まずは刈谷駅を出てミササガ通りという名前まんまの通りを目指します。

 

f:id:dwrwr:20190907164407j:image

f:id:dwrwr:20190907164418j:image

もうすぐミササガ通りですがカナダ感は全く感じません。ジャパン感しかありません。

 

f:id:dwrwr:20190907182714j:image
f:id:dwrwr:20190907182710j:image

この辺りはもうミササガ通りだと思いますがカナダ感はまだ感じません。

本当にあるのかミササガパーク!

 

f:id:dwrwr:20190907183049j:image
f:id:dwrwr:20190907183052j:image

川があり橋に差し掛かるとカナダ、ミササガの文字が!

f:id:dwrwr:20190907183220j:image

ミササガ橋まで来ました!

もうミササガパークは目の前ですね!

 


f:id:dwrwr:20190907183409j:image

f:id:dwrwr:20190907183500j:image

何をもってカナダっぽいのか自分でも分からなくなってきましたが何となくカナダっぽなった気がします!

 

f:id:dwrwr:20190907183645j:image
f:id:dwrwr:20190907183651j:image

カナダっぽいと思ったらちょうどミササガパークに到着しました!!

 

f:id:dwrwr:20190909090408j:image

f:id:dwrwr:20190907184006j:image
f:id:dwrwr:20190907184010j:image

この石造りの建物はカナダっぽいですね!(適当)

まるでカナダにいるみたいです!!

 

f:id:dwrwr:20190907184208j:image
f:id:dwrwr:20190907184211j:image
f:id:dwrwr:20190907184215j:image

 

こちらがミササガパークの象徴でもあるメイプルリーフのモニュメントです!

紛うことなきカナダ感ですね!

国旗にも使われているメイプルリーフですから!ちなみにこのモニュメントは愛知万博でも使用されたとのこと!

 

f:id:dwrwr:20190907184923j:image

 

トイレもカナダっぽい!🇨🇦

 

f:id:dwrwr:20190908075925j:image

 

ベンチでさえもカナダっぽい!!🇨🇦

 

f:id:dwrwr:20190908080013j:image

 

こっちのトイレもカナダっぽい!!!🇨🇦

 

f:id:dwrwr:20190909085327j:image

f:id:dwrwr:20190909085438j:image
f:id:dwrwr:20190909085322j:image

f:id:dwrwr:20190909090117j:image

すると今度はカヌーに乗った熊の像がありました。これはミササガ市から刈谷市に寄贈されたものみたいです!

これこそカナダ!とも思いましたが熊を見て真っ先に思い浮かんだのは北海道でした笑

 

f:id:dwrwr:20190909090159j:image
f:id:dwrwr:20190909090204j:image
f:id:dwrwr:20190909090209j:image

アーチがあったりバラが咲いてたりカナダっぽいのか分かりませんがカナダっぽいんでしょうきっと!

 

最後はミササガパークの時計塔です!

f:id:dwrwr:20190909090753j:image
f:id:dwrwr:20190909090757j:image

時計塔というよりは休憩所みたいな感じでこじんまりしてるんですが、この時計塔実はミササガ市市庁舎を模して造られてるんですね!

これは比べるしかありません!

ということでグーグルストリートビューからミササガ市市庁舎を探して画像をゲットしてきました!

ではご覧下さい。

 

f:id:dwrwr:20190909091132j:image

ミササガパーク時計塔(愛知県刈谷市)

 


f:id:dwrwr:20190909091225j:image

ミササガ市市庁舎(カナダミササガ市)

 

f:id:dwrwr:20190909102012j:image

ミササガパーク時計塔

 

f:id:dwrwr:20190909102044j:image
f:id:dwrwr:20190909102047j:image

ミササガ市市庁舎

 

f:id:dwrwr:20190909102133j:image

ミササガパーク時計塔

 

f:id:dwrwr:20190909102201j:image

ミササガ市市庁舎

 

規模こそは違えど時計塔部分だけでなく屋根の形状も模しているのがよく分かりますね!

まさに日本のカナダ日本のミササガです!

 

個人的似ている度

★★★★☆

 

星4つです!

模してるんだから似てるのは当たり前ですね笑

 

f:id:dwrwr:20190909102644j:image
f:id:dwrwr:20190909102625j:image
f:id:dwrwr:20190909102636j:image

カナダ行ったことないのでぶっちゃけカナダ感はよく分かりませんでしたが日本の公園とは違う欧米感は感じとることができたと思います。

 

そういえばミササガ市市庁舎を調べたときに

f:id:dwrwr:20190909102807j:image

ミササガカリヤ・パークなるものを見つけました!こちらは日本っぽいんでしょうかね笑

 

 

 

 

 

 

ミササガパーク (猿渡公園) 〒448-0816 愛知県刈谷市半城土西町2丁目4 https://goo.gl/maps/F8v2Wd7TVuxDmCyW8

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

『岡崎市』岡崎城周辺をぶらり。

f:id:dwrwr:20190805134742j:image

 

今回は愛知県岡崎市にやって来ました!!

私dwrついに東海地方進出です!

名古屋には行けなかった分、ここ岡崎愛知を満喫してきました!

 

f:id:dwrwr:20190828235052p:image

f:id:dwrwr:20190830192325j:image

 

こちらは中部国際空港セントレア。

赤福の文字が東海地方感を出しています!

福岡空港だとしたら通りもんですよ!

傑作饅頭ですよ!

f:id:dwrwr:20190828234633j:image

 

そして愛知らしいものを空港で探しキョロキョロしていると

f:id:dwrwr:20190828234746j:image

名古屋限定コカコーラを発見!

コーヒーを買おうと自動販売機に行くとありました。コーラの気分ではなかったですが衝動買いしちゃいました!

 

f:id:dwrwr:20190828235222j:image

電車に揺られながら岡崎を目指します。

そして

f:id:dwrwr:20190828235320j:image 

中岡崎駅に到着!

割とこじんまりした駅でした。

 

f:id:dwrwr:20190829214539j:image

岡崎市のゆるキャラオカザえもんが出迎えてくれてます。

それでは歩いていきます。

 

f:id:dwrwr:20190829215025j:image

 

愛知といえば味噌!

八丁味噌は有名ですね!

近くに工場があるとのことなので行ってみます。

f:id:dwrwr:20190829215204j:image
f:id:dwrwr:20190829215155j:image
f:id:dwrwr:20190829215201j:image

 

見学もできるようですが今回は時間もないためパスです💦

直営売店があるのでそこに入りました。

八丁味噌だけでなく八丁味噌を生かしたお菓子や定番の味噌煮込みうどんのお持ち帰りできる物など色々売ってます。

f:id:dwrwr:20190829215608j:image

まあここは無難に八丁味噌を購入しました!

何事も最初は定番をいきたいものです。

 

f:id:dwrwr:20190829215828j:image
f:id:dwrwr:20190829215823j:image

そして次に向かうは岡崎のシンボル岡崎城です!岡崎城といえば徳川家康が生まれた城として有名でして場内も家康リスペクト満載です!

f:id:dwrwr:20190829220817j:image
f:id:dwrwr:20190829220814j:image

神馬がいたり芭蕉の句があったり見所は多いです。

f:id:dwrwr:20190829220909j:image
f:id:dwrwr:20190829220913j:image

馬に乗った武将の像がありました!

家康公かとも思いましたが良く分かりませんでした。

f:id:dwrwr:20190829221103j:image

蜘蛛の巣うぅーー

 

f:id:dwrwr:20190829221224j:image

f:id:dwrwr:20190829221357j:image

そしてこちらは間違いなく家康公の像です!

なるほど威厳を感じます。

f:id:dwrwr:20190829221444j:image
f:id:dwrwr:20190829221440j:image
f:id:dwrwr:20190829221447j:image

城内をブラブラしてると売店を発見。

それにしても家康公結構小さいんですね・・

まあ昔の人は身長も低いですからねー

f:id:dwrwr:20190829221921j:image

売店の中にもオカザえもんが!

いろんなグッズがあるもんです。

 

売店の近くにある三河武士のやかた家康館に向かいますそこの入り口にいくと何と

f:id:dwrwr:20190829222604j:image

戦国武将がいました!

こちらの武将はグレート家康公葵武将隊という人達の1人で多分この人は家康公の家臣榊原康政のはずです!(聞くの忘れました💦)

 

8月の晴れた空の下、半袖とはいえ甲冑っぽいのも着てたのでさぞ暑かろうとつい声を掛けてしまいました。その流れで世間話に!

ちゃんとござるとか言ってて侍口調でした!

 

どちらから来たのかと聞かれたので福岡からです!と言うと「それは遠いところから良く来てくれたでござるな!」みたいな感じでした。

 

 

戦国武将と会話できることなんて早々ありません!そうなると聞くことは1つです!

 

 

 

「この辺に美味しいラーメン屋さんありますか?」

 

 

 

「ラ、ラーメンでござるか??」

ハッキリと動揺がみてとれました。

 

 

 

 

それでも

「うーんそれなら銀界ラーメンが美味しいでござるよ。」

※口調は記憶を頼りなので曖昧です。

 

 

なんと教えてくれました!

そして最後は写真も撮らせてくれました!

ええ人や・・

頑張れグレート家康公葵武将隊!!

 

家康館の中ではエヴァンゲリヲンと日本刀展というのがやってました!

エヴァンゲリオンは正直よく知らないんですが刀匠の方がエヴァンゲリオンのイメージで実際に刀を造った感じでして面白そうなので観てきました!

それにこの特別展は写真OKです!

f:id:dwrwr:20190830182444j:image
f:id:dwrwr:20190830182437j:image
f:id:dwrwr:20190830182433j:image
f:id:dwrwr:20190830182441j:image

f:id:dwrwr:20190830182525j:image
f:id:dwrwr:20190830182531j:image

f:id:dwrwr:20190830182757j:image

独創的な刀が数多くありました!

元ネタが分からんのですがそれでも面白かったです!

 

f:id:dwrwr:20190830183022j:image
f:id:dwrwr:20190830183017j:image

エヴァンゲリヲン展を出ると実際の刀の重さを体験できるコーナーがあったので待ってみると、まあ持てなくはないかなという印象。

でもこれをずっと振り回すのは大変でしょうね。

 

 

f:id:dwrwr:20190830183229j:image
f:id:dwrwr:20190830183226j:image 

火縄銃まで体験できます!

中々ないから面白いですよね!

f:id:dwrwr:20190830183350j:image

 

これは本多忠勝の槍蜻蛉切

3m50cmもあるんですって!

 

f:id:dwrwr:20190830183553j:image
f:id:dwrwr:20190830183558j:image

それ以上に横の槍が長え!!(6m30cm)

 

家康館を出ると

f:id:dwrwr:20190830183758j:image

三方ヶ原の戦いの後の家康公の像がありました。うーん八丁味噌八丁味噌。

やめときましょう💦

 

さて今度は天守閣に向かいます。

f:id:dwrwr:20190830184114j:image
f:id:dwrwr:20190830184118j:image

入るとここにもエヴァンゲリヲン展の一部が!

f:id:dwrwr:20190830184231j:image
f:id:dwrwr:20190830184235j:image

なんかロンギヌスの槍っていう有名なのみたいですね。元々は聖書に出てくるやつですね。後ろの絵が本物感を出してますね!

 

f:id:dwrwr:20190830184559j:image
f:id:dwrwr:20190830184554j:image
f:id:dwrwr:20190830184548j:image
f:id:dwrwr:20190830184602j:image

天守閣から見た景色です。

天気も良くて素晴らしいんですが・・

ネットがなー💦

 

f:id:dwrwr:20190830184724j:image
f:id:dwrwr:20190830184717j:image

とはいえ岡崎城。

良いお城でした!!

 

城を出た後は教えてもらったラーメン屋に向かいます!

岡崎城から汗だくで20分ほど歩いて到着。 

銀界ラーメンさんです!

f:id:dwrwr:20190830185011j:image

中々面白い入り口。

中に入ると一転シャレオツな店内です。

注文はもちろんラーメンです!

 

洒落たバーに来たよう雰囲気で待つこと数分。

f:id:dwrwr:20190830185221j:image

やって来ました!

ラーメンまでオシャレやあ〜

お店で醤油ラーメン食べるのは何年ぶりでしょう笑

 

食べてみると、やはり上品なお味です。

あっさりしているが味はしっかりしています。

そしてチャーシューがまた美味い!

中々の満足でした!

だが私はやはりとんこつ星人

無性にとんこつラーメンが食べたくなりましたとさ。

 

終わり

 

 

 

 

カクキュー 八丁味噌の郷 〒444-0923 愛知県岡崎市八帖町大通 字往還通69 0564-21-1355 https://goo.gl/maps/eUXbMK9zENiiCG7C6

 

岡崎公園 〒444-0052 愛知県岡崎市康生町 561 1 0564-24-2204 https://goo.gl/maps/ceS8xXyZsbrZp3q56

 

 

銀界拉麺 〒444-0046 愛知県岡崎市連尺通3丁目7 https://goo.gl/maps/4NErXsVRJFiYzdnc8

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村